世界遺産の比叡山延暦寺で僧侶が修行僧らに連続暴行、刑事告発は見送りへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



比叡山の僧侶が修行僧らに複数回にわたって暴行していたことが判明しました。詳細は以下から。

世界文化遺産にも登録されている比叡山延暦寺。平安時代初期に最澄によって開かれた天台宗の本山寺院であり、織田信長の比叡山焼き討ちなど日本史を学ぶ上でも避けることのできない重要な寺院です。

この延暦寺の施設、「延暦寺会館」の副館長を務める40歳の男性僧侶が25歳の男性修行僧の顔を殴り、耳の鼓膜を破れる怪我をさせていたことが判明。

事件が起きた4月9日夜には会館内で大規模な法要が営まれており、この際に業務上の用件で呼びに来た修行僧の態度に腹を立て、顔や頭を複数回殴って左耳の鼓膜が破れるけがを負わせたものです。

また暴行はこれだけではなく、翌10日にも別の20代の僧侶を殴って怪我をさせていた他、2月にも30代僧侶の袈裟を破って転倒させていたなど、仏門に入ったものとしてはあるまじき所業です。

延暦寺は「宗教界はもとより各方面のみなさま方、多くの信者の方々に謹んで深く深くおわび申し上げます」とコメントを発表、再発防止のための対策委員会を設置しました。また、暴行した僧侶が修行僧に謝罪し、修行僧側もこれを受け入れたため、厳重注意のみで刑事告発は見送りとなっています。

鼓膜を破った場合は傷害事件なのではないかと思われますが、刑事告発がなかったためか報道各社は「暴行」の表記で一致しているため、当記事も倣って表記します。

本来なら罪を償うか、仏門に入るところからやり直すべき事件と思われますが、厳重注意のみで済まされるというのは「仏の顔も三度まで」ということなのでしょうか?

延暦寺僧侶が暴行 修行僧の鼓膜破る 社会 中日新聞(CHUNICHI Web)

延暦寺の僧侶、修行僧らに暴行 頭部を殴打・袈裟破る:朝日新聞デジタル

延暦寺40歳僧侶が暴力、25歳修行僧の顔殴り鼓膜破る…袈裟破り、別の僧侶の殴打も - 産経WEST


CDブック 比叡山の声明で心を洗う

悟空出版
売り上げランキング: 12,005

天台宗檀信徒勤行経典
比叡山延暦寺
日本佛教普及会
売り上げランキング: 1,206,258

・関連記事
【ブラック寺院】世界遺産の仁和寺で349連勤、元料理長うつ認定で4200万円支払い命令 | BUZZAP!(バザップ!)

世界遺産の二条城で新駐車場建設のために敷地内の樹木130本伐採を計画、京都市民ら「愚行だ」と激怒 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】式年遷宮で資金12億円不足、世界遺産の下鴨神社境内に高級分譲マンション建設へ | BUZZAP!(バザップ!)

京都、鴨川の源流域に「もののけ姫」着想の舞台、役小角ゆかりの志明院を訪れました | BUZZAP!(バザップ!)

「中華そば しば田」の第一号卒業生が京都の左京区に「煮干そば 藍」をオープン | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加