1~2万円の格安スマホ「BLADE V7 Lite」「BLADE E01」レビュー、E01には注意点も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ZTEが2016年夏モデルスマホとして7月中旬に発売する「BLADE V7 Lite」「BLADE E01」のレビューをお届けします。

かたや市場想定価格2万1800円、かたや1万4800円という低価格帯で発売される各モデルですが、なるべくBLADE V7 Liteを選んだ方が良さそうです。詳細は以下から。

◆BLADE V7 Lite(市場想定価格2万1800円)
5インチHD(1280×720)液晶にMT6753P(1.0GHz、クアッドコア)、2GB RAM/16GB ROM、800万画素背面カメラと800万画素前面カメラなどを搭載したモデル。


背面には指紋認証センサーを備え、バッテリー容量は2500mAh。OSのバージョンはAndroid 6.0です。


側面などはこんな感じ。microUSB端子を採用しています。



2万1800円というモデルにもかかわらず、露出やISO、ホワイトバランスなどを自由に設定できる「プロカメラ」機能があるのが特徴。決して単なる廉価モデルにとどまらない出来栄えです。





動画撮影は720p(1280×720)までをサポート。


実際に触ってみたところ。ハイエンドモデルのようにヌルヌルフワフワと動くわけではないものの、特に引っかかる部分もなく、無難なレスポンス。ゲームなどの重い処理をさせるので無ければ、特に問題無く使えるのではないでしょうか。


◆BLADE E01(市場想定価格1万4800円)
5インチHD(1280×720)液晶にMT6753P(1.0GHz、クアッドコア)を搭載した点はBLADE V7 Liteと同じなものの、1GB RAM/8GB ROM、2200mAhバッテリーなどの部分でスペックを落としてあるモデル。OSは手を加えていないAndroid 5.1です。


背面カメラは800万画素、前面カメラは500万画素です。



側面などはこんな感じ。





実際に触ってみたところ。BLADE V7 Liteと同じプロセッサを搭載しているだけに、ざっと触ってみた感じでは特に不自由を感じませんでした。しかしあまり手放しで薦められない部分もあり、その点については後述します。


なお、いずれのモデルもIEEE 802.11 b/g/n対応無線LANおよびBluetooth 4.0をサポート。FDD-LTEの2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/900MHz(B8)/800MHz(B19)に対応するなど、NTTドコモ・ソフトバンク回線での運用を前提としています。


◆あまりオススメできないBLADE E01、買うならBLADE V7 Liteを
市場想定価格わずか1万4800円な上、楽天モバイルのSIMカードとセットないし買い増しすると、1万2800円で購入できるため、とにかくコストを抑えたい層には喜ばれそうなBLADE E01。

しかし同モデルは一般的な格安スマホが2GB以上のRAMを搭載する中、1GBしかRAMを備えていないため、複数のアプリを実行する(ブラウザのタブを複数開くなども含む)と、動作がもっさりしてしまう可能性があります。

さらに本体の記録容量が8GBしかなく、OSの容量分を差し引いた残り数GBしか利用できず、microSDカードに退避できないデータもあることから、複数のアプリをインストールしたり、アプリのキャッシュがたまってしまうと、すぐさま「本体のメモリが足りない」という警告に悩まされるおそれもあるわけです。

なお、同様の問題は楽天モバイルが過去に特別販売した8GBモデルのZenfone 2 Laserでも発生しており、大手価格情報サイト「価格.com」では圧倒的な容量不足を嘆く声が寄せられる事態に。

そのため、余程の事情が無い限りはBLADE V7 Liteを選んだ方が安心して使えると思われます。

・関連記事
Huawei P9/P9 Liteレビュー、格安スマホで抜きん出た性能と本格撮影を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

FREETEL REIがフルボッコ、HUAWEI P9/P9 Liteの性能が一目で分かる解説 | BUZZAP!(バザップ!)

【日本発売決定】Zenfone 3シリーズまとめ、最上位のDeluxeはau回線にもフル対応 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加