今度は自民党衆議院議員がネットのデマを鵜呑みに蓮舫議員にヘイトスピーチして謝罪…なんとあの議員でした

このエントリーをはてなブックマークに追加



驚いたことに、自民党の現役衆議院議員がネットデマを鵜呑みにしていました。しかも先日違法になったばかりのヘイトスピーチを行って謝罪に追い込まれました。詳細は以下から。

昨日は産経ニュースの信じられないまとめサイト化についてお伝えしましたが、今度は自民党の現役衆議院議員である菅原一秀前副財務相がネットに流布されたデマを鵜呑みにした上でヘイトスピーチまで披露してしまいました。

菅原議員は6月17日の東京都知事選をめぐる党会合で、都知事候補として名前の挙っている民進党の蓮舫議員について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言。

これは台湾人の父と日本人の母を持つ蓮舫議員に対して向けられた、ネット上に多数存在するヘイトデマのひとつ。台湾人と日本人の間の子供はどちらの国籍取得も可能な状態であるため「台湾人だった蓮舫氏が日本人に『帰化』する」としている時点で誤りですし、蓮舫議員がそれを自らのブログに書いたというのも当然ながらデマ。

18日早朝に菅原議員は自らのブログに「都連会合の発言について」とした記事をポスト。その中では

ご本人に関してのネット上の記事を引用して、帰化したことが悔しくて泣いたとの内容に触れました。内輪の会とはいえ、本人のブログ等でなく、ネット記事を引用したことは軽率だったと反省し、取材の際に訂正させていただきました。


としてネット上のデマを元に発言したことを明確に認めています。しかし、

>今回のことで蓮舫議員にたいへん不快な思いをさせたとすれば、この部分についてお詫びして撤回させて頂きたいと思います。申し訳ありませんでした。


としており、単に「不快な思いをさせた」ことに対してのみ謝罪していますが、菅原議員は蓮舫議員を「東京オリンピックに反対する帰化人」という出自に関するデマで攻撃しており、これは定義上先日公布されたヘイトスピーチ対策法で違法となったヘイトスピーチに当たります。

なお、同様の事件は実は1983年の第37回衆議院議員総選挙の選挙活動期間中にも発生しています。それは立候補者新井将敬氏のポスターに対して、自民党公認候補者だった石原慎太郎氏の公設秘書が指揮して「1966年に北朝鮮から帰化」という黒いシールを貼って回り、石原慎太郎氏が謝罪に追い込まれた「黒シール事件」。30年以上前の自民党候補が起こした事件と同じ体質が現在まで続いていることに驚かされます。

そしてこの菅原一秀という名前に聞き覚えはないでしょうか?この議員、今年の3月に「保育園落ちた」ブログ問題の国会質疑で「匿名だよ、匿名」とヤジを飛ばした議員。

そして今や「文春砲」「センテンススプリング」として知られる週刊文春に、経済産業副大臣時代の2013年4月27日から5月1日にかけて「政治経済事情視察」として衆院議院運営委員会に請暇願を提出して女性とハワイに旅行してゴルフ三昧していたこと、さらにその女性に対して「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」「子供を産んだら女じゃない」などといった暴言をはじめとしたモラハラを行っていたことをスクープされた人物です。

“保育園ヤジ議員”菅原一秀議員が国会休んで愛人とハワイ旅行 スクープ速報 - 週刊文春WEB

BUZZAP!ではこのスクープ記事の掲載された週刊文春4月7日号が不思議なことに菅原一秀議員の選挙区である東京9区(練馬区の一部)の書店やコンビニのみで販売開始と同時に軒並み売り切れてしまったという怪現象についてお伝えし、大きな反響を得ました。

セクハラ、モラハラに留まらず、ネットデマをあっさり信じてのヘイトスピーチまで悪い噂に事欠かない菅原議員。そのような方を選ぶ都民がいるのが不思議なところ。

蓮舫議員が「(帰化して泣いたというのは)SNSで拡散されているデマだ。国会議員がこのレベルの書き込みを真剣に受け取って発言するとは驚きだ」と一刀両断していますが、産経ニュースが「まとめサイト」レベルなら、菅原議員は「まとめサイトを鵜呑みにするネット民」レベルと言うしかないでしょう。

「蓮舫氏は帰化し泣いた」自民・菅原氏発言、後から訂正:朝日新聞デジタル

菅原・前副財務相:「帰化悔しくて泣いた人」と発言 蓮舫氏側「ネットの捏造」 - 毎日新聞


釣られたら恥ずかしいネットのデマ150

鉄人社 (2015-04-25)
売り上げランキング: 558,409

・関連記事
練馬の書店とコンビニから「週刊文春」が消える怪現象発生中、地元自民党議員の告発記事が影響か | BUZZAP!(バザップ!)

【随時追加】著名人がネット上に垂れ流したデマまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

まとめサイト「産経ニュース」が謝罪文掲載、誤報であることをようやく認める | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】産経新聞が新都知事に関する街頭インタビューでのネットデマを裏も取らず記事化→炎上して記事消し逃亡 | BUZZAP!(バザップ!)

ヘイトスピーチ対策法が成立 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加