病状悪化の大橋巨泉、コラム最終回で「安倍晋三に一泡吹かせてください。参院選挙、野党に投票してください」と最後のお願い

このエントリーをはてなブックマークに追加



がんによる深刻な病状を打ち明けた大橋巨泉氏が参院選で野党への投票を呼びかけました。

10年以上に渡りがんとの闘いを続けているタレントで元国会議員の大橋巨泉氏(82歳)が深刻な体調の悪化を理由に22年に渡って連載を続けた週刊現代のコラム「今週の遺言」(2008年以前は「内遊外歓」)を6月27日発売号で最終回としました。5月下旬からは集中治療室に入っているとのこと。

その中で巨泉氏は4月に3週間ほど意識を失っていたこと、その際に救命措置を受ける事態となったこと、車椅子で外に出てもすぐに高熱を出すことなど、自らの病状について記しており「今のボクにはこれ以上の体力も気力もありません」と記しています。

そうした中でも巨泉氏は「今も恐ろしい事や情けない事、恥知らずな事が連日報道されている」「このままでは死んでも死にきれないので最後の遺言として一つだけ書いておきたい」と述べます。その「遺言」では巨泉氏は厳しく安倍首相を批判し、野党への投票を呼びかけています。以下引用します。

安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせてください。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです。


名実ともに「遺言」であり、「最後のお願い」である巨泉氏のこれらの言葉、参院選を控えた有権者にはどのように届くことになるのでしょうか。

大橋巨泉5月下旬から集中治療室、緊急時の対応考慮 - 芸能 日刊スポーツ

大橋巨泉:集中治療室に1カ月 会話可能もほぼ寝たきり - 毎日新聞


・関連記事
【参院選】比例代表では「候補者個人名」を書く方が「政党名」より断然お得って知ってましたか? | BUZZAP!(バザップ!)

「住民票を現住所に移していない人」も投票できてしまう、不在者投票のやり方全解説 | BUZZAP!(バザップ!)

超簡単便利!期日前投票制度を実際に利用してきました | BUZZAP!(バザップ!)

「改憲」が参院選争点に急浮上、自民党が「9条改定」を明言 | BUZZAP!(バザップ!)

若者が選挙に行かないとどれだけヤバイのかが一目で分かるシンプルなデータ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加