東京ガスへの電力乗り換えが年度目標の40万件を4ヶ月で突破、さらなる上方修正を検討

このエントリーをはてなブックマークに追加



家庭向け電力の乗り換えが急速に進んでいます。詳細は以下から。

東京ガスの発表によると、4月から始まった電力小売り全面自由化に伴い、首都圏で始めた家庭向け電力販売の契約申込件数が7月20日時点で40万1千件となり、2016年度目標であった40万件を4ヶ月足らずで突破しました。

電気とガスのセット割引が好調とのことで、電力販売をさらに伸ばすため目標の上方修正を検討しています。

東京ガス以外の「新電力」とされる新規参入の電力会社への乗り換えは6月30日時点で全国で126万件。6月時点では電気料金や会社の信頼性などから様子見をしている人が6割を超えているという調査も出ており、今後雪崩を打って乗り換えが進む可能性もあります。

電気は選択するものという認識が進んでゆけばさらなる競争が進み、より低価格で安定した電気が供給されることになりそうですが、既存の電力各社にとっては稼働できない原子力発電所がさらなる重荷となってきそうです。

東京ガス、電力契約40万件に 年度目標、早くも突破 - 共同通信 47NEWS

電気の選び方-わが家の電力自由化ガイドブック-
電気新聞
日本電気協会新聞部 (2016-07-01)
売り上げランキング: 59,087

そこが知りたい電力自由化: 自然エネルギーを選べるの?
高橋 真樹
大月書店
売り上げランキング: 11,766

・関連記事
大阪ガスが電力小売りに参入、関西を中心に申し込み開始 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが東京電力と提携、通信と電力のセット販売などを提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

ついに詳細が明かされた「auでんき」発表会まとめ、auスマートバリューとの重畳も | BUZZAP!(バザップ!)

発送電分離を定めた改正電事法が成立、家庭用のガスを完全自由化する関連法も | BUZZAP!(バザップ!)

電力小売全面自由化まであと1年、私達の電気の選択肢はどう広がるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

馳浩文科相、完全にオワコンなもんじゅを「廃炉は現段階でまったくない」「動かすことが前提」と断言 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加