自民党議員、国会審議開始前から「TPP強行採決」宣言→「安倍総理大臣の思いを申し上げたにすぎない」と謝罪してTPP特別委理事を辞任

このエントリーをはてなブックマークに追加



話を総合すると安倍首相がTPPを強行採決したがっているということになりそうです。詳細は以下から。

9月29日の自民党二階派の会合で、衆院TPP特別委員会理事を務める自民党の福井照衆院議員が「この国会ではTPPの委員会で西川先生の思いを、強行採決と言う形で実現するよう頑張らせていただく」と発言しました。

確かに安倍政権はTPPの承認を今国会の最重要課題に位置づけていますが、審議が何ひとつ始まっておらず、具体的な質疑応答もまったく行われていない現段階で早々と強行採決を堂々と宣言するのは極めて異常な事態。生活の党の小沢一郎代表も早々にネット上で批判を浴びせています。


この後福井照議員は「みずからの発言で、今後のTPPの審議が混乱するのは避けたい」として衆院TPP特別委員会理事を辞任する意向を竹下国会対策委員長に伝え、竹下氏もこれを了承。発言については記者団に「この国会でどうしても採決したいという、安倍総理大臣の思いを申し上げたにすぎない。ただ、与野党の筆頭理事による協議も始まっていない状況なので、誤解を招いたことは大変申し訳なく、おわびを申し上げたい」と陳謝しています。

福井議員の発言を総合すると「この国会ではTPPの委員会で西川先生(編集部注:TPP特別委前委員長)の思いを、強行採決と言う形で実現する」ことは「安倍総理大臣の思い」だったという論旨にどうしてもなってしまいます。

2015年には安保関連法案を強行採決した安倍政権だけに、さもありなんというところですが、今国会でTPPがどのように扱われ、本当に強行採決されるのでしょうか?審議を無視し、数の力だけで押し切るのであれば最早それは民主主義のあり方とは言えません。国際的に注目されるトピックである以上、日本がどのようなプロセスで承認に持ち込むのかは世界中が注視していると考えるべきでしょう。

自民理事「TPP、強行採決で実現する」 二階派会合で:朝日新聞デジタル

自民TPP特別委理事 強行採決発言で辞任へ _ NHKニュース


TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 171,841

・関連記事
TPP「聖域」崩壊、重要5項目で無傷の品目がゼロであることを農相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「TPP断固反対と言ったことは1回もございません」→国内外にばっちり言っていました | BUZZAP!(バザップ!)

自民党提出のTPP交渉資料が全てが黒塗りで議論不能状態に、当の甘利元大臣は未だに姿を見せず | BUZZAP!(バザップ!)

秋の臨時国会で改憲論議開始へ、「緊急事態条項の創設」に高村自民党副総裁が言及 | BUZZAP!(バザップ!)

全てのブラック企業が合法化!?与党が参院選後に成立を目指す恐怖の「残業代ゼロ法案」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加