ジェネリックスキル育成プログラム「PROG」のCM、完全なる社畜養成だと物議に

このエントリーをはてなブックマークに追加



社会人に求められる「ジェネリックスキル」とはいったい何なのでしょうか?詳細は以下から。

PROGは、公式ツイッターアカウントの説明によると「河合塾とリアセックが共同開発したジェネリックスキルの成長を支援するアセスメントプログラムです。専攻・専門に関わらず、社会で求められる汎用的な能力・態度・志向=ジェネリックスキルを測定・育成」するものであるとのこと。

一見いいことのように見えますが、公式Webムービーが新社会人に求めているものがあまりにもブラックで酷すぎると物議を醸しています。批判されているのは以下の「上司の愚痴編」。

「上司の愚痴」篇 - YouTube


コメント欄は当然ボロクソ。ツイッターでのプロモ投稿のコメント欄もボロクソです。


部長の営業チームに大きな仕事が来た夜、奮い立つチームを尻目に午後7時に颯爽と帰宅する新人女性社員。部長は「君はなぜ仲間の仕事を手伝わないんだ?」と引き留めようとしますが、新人は「手伝ってと言われてませんから」とぴしゃり。

部長はバーのマスターに「で、ソイツがまた大学はいいとこ出てるんだよ、やんなっちゃうね」と愚痴ります。

時間外労働といえば電通の24歳の女性新入社員が100時間を超える(どう考えても100時間程度ではありませんが)時間外労働と強烈なパワハラによって過労自殺に追い込まれた事件があったばかり。本人のツイッターのつぶやきに残る、上司によって尊厳を傷つけられ、自分の時間すらまともに持てず、追い詰められていく様子に胸の潰れるような思いを覚えた人も少なくありませんでした。

このCMに登場する新人は(この会社が電通ほど苛烈な時間外労働を求めず、上司の押しが弱いという幸運があったため)職場の「空気」に流されることなく、自分の仕事と他人の仕事を明確に切り分け、自分の時間をマネジメントしています。そして上司からの明示的で無い仕事の強要に対してはっきりと返答しています。

批判の多くは上司の無能さについても触れています。手が必要な仕事であればしっかりと仕事を割り振っておくのが上司としての仕事のはずです。しかしこの上司は新人に事前の説明すら行っておらず、その場でも指示出しができていません。

それにも関わらず「自分たちの営業チームが大きな仕事を取ったのだから協力して当然」と自分の頭の中だけで思い込み、仕事を振っていない新人が自分の仕事を終えて帰宅することに愚痴っているのです。

常態化する時間外労働と旧態依然とした日本の会社の空気が大きな問題となっている現代で、このように毅然とした態度を取れる社員こそが必要とされていることは言うまでもありませんが、残念ながらPROGはそう考えていません。

このCMから読み取れるのは、PROGが要請しようとしている社会人は、空気を読み、自分の時間を削り、時間外労働も厭わず会社のために尽くす「社畜」そのものです。それが河合塾とリアセックが目指す理想像だとしたら、余りにも現代社会の孕む問題に無自覚過ぎはしないでしょうか?

ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)
古川 琢也
晋遊舎
売り上げランキング: 64,454

・関連記事
まさに現代日本の奴隷制度、外国人技能実習生に122時間残業で初の過労死認定 | BUZZAP!(バザップ!)

しゃぶしゃぶ温野菜の「ブラックバイト裁判」、被告の運営会社DWE Japan社長がマスコミに店名を出さないよう「お願い」 | BUZZAP!(バザップ!)

残業規制強化で労基法運用見直しへ、上限設定と罰則を検討も「サビ残横行」に不安感 | BUZZAP!(バザップ!)

日本の若者の社畜度が過去最高に、「良心に反する指示でも上司に従う」新入社員が45%まで爆増 | BUZZAP!(バザップ!)

【無料配布】サービス残業撲滅へ、裁判や示談の証拠に使える「残業証拠レコーダー」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加