工人舎ノートやVAIO type Pに憧れた人の心をくすぐりまくる格安・超小型パソコン「GPD WIN」

このエントリーをはてなブックマークに追加



ポケットに入るコンパクトサイズなのに十分使える性能、さらにフルキーボードおよびゲーム用コントローラーまで備えた、夢のようなモバイルマシンが販売されています。

KOJINSHAの超小型モバイルノートやWindows 7ケータイ「F-07C」、VAIO type Pなどに心を躍らせたことがある人は必見です。詳細は以下から。

これが「GPD WIN」。マルチタッチに対応し、反射光を抑えて見やすいフルラミネート加工を施した5.5インチHD(1280×720)インセル型IPS液晶を備えたWindows 10パソコンです。


Surface 3と同じIntelのAtom x7-Z8700(最大2.4GHz)に4GB RAM/64GB eMMCを搭載するなど、ドラクエ10程度であればやすやすと遊べる性能を実現。もちろん動画サイト閲覧なども余裕です。


バッテリー容量は6000mAh。5V/2Aでの急速充電にも対応しています。


天面は15.5cm×9.7cm。iPhone 7 Plusよりも少し大きい程度です。


そんなコンパクトさにもかかわらず、フルキーボードに十字キー、左右のアナログ3Dスティック、ABXYボタン、L1・L2、R1・R2ボタンを搭載。パソコンとして利用できるのはもちろん、本当にこれ一台でMMORPGなどをプレイできるわけです。


オムロンやアルプス社の部品を使い、ボタンの表面はプリントが剥がれづらいシルクスクリーン加工を採用。細やかな気遣いが心憎くすら感じます。



手に持るとこんな感じになります。


USB Type-C、HDMI D端子、microSDカードスロット、USB端子、イヤホンジャックを採用。このコンパクトボディにそぐわないほど充実したインターフェースです。


技適マークの問題があるものの、IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LANにBluetooth 4.1まで搭載しています。


GPD WINさえあれば、もう重いカバンは必要ありません。


なお、気になるGPD WINの本体価格は、3万9971円。つい先日まで4万円を超えていたことや同じプロセッサを備えたSurface 3の本体価格が6万4584円であること、ここまで作り込まれていることなどを考えると、なかなか意欲的な価格ではないでしょうか。

GPD WIN GamePad Tablet PC-358.27 Online Shopping| GearBest.com

・関連記事
最新Core M搭載でも格安、筆圧感知も魅力の高性能タブレット「Cube Mix Plus」 | BUZZAP!(バザップ!)

【特報】Snapdragon 820に4GB RAMのハイエンドスマホ「Lenovo ZUK Z2」が1万円台に | BUZZAP!(バザップ!)

Chromebookよりも安いアンダー2万円ノート「Jumper Ezbook 2」に新バージョン、速攻でセール価格に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加