長過ぎた?「日本のこころを大切にする党」が「日本のこころ」に改名

このエントリーをはてなブックマークに追加



長過ぎたのでしょうか?それとも党名が受け入れられなかったのでしょうか?詳細は以下から。

日本のこころを大切にする党は2月7日、党名を「日本のこころ」に変更し、総務省に届け出ました。

日本のこころを大切にする党は元々日本維新の会が2014年に分裂した際、共同代表の片割れである石原慎太郎を支持するグループによって「次世代の党」として結党されたもの。

「次世代」と言いながら若さを感じない議員構成と極右的主張丸出しの政党であったことから「爺世代の党」などと揶揄され、衆院選で議席数を19から2へと激減させ、統一地方選でもボロ負けしたことから、2015年12月21日に「国政選挙でも地方選挙でも次世代の党名が受け入れられなかった厳しい現実がある。党名を一新して新しい気持ちで臨むしかない」として現在の「日本のこころを大切にする党」へと改名しました。

それから1年あまり、「日本のこころを大切にする党」は今度は「日本のこころ」への改名という決断を下し撒いた。今度も党名が受け入れられていないと感じているのか、それとも単に長すぎるから短くしたのか、現時点では明確な理由は判明していません。

受け入れられていないのは党名ではなく主義主張なのではないか、というところに気付けなければ、このままジリ貧で消滅していく可能性もありそうです。

日本のこころを大切にする党といえば、党名宣伝のジングルがのんきで愉快であると人気になっていましたが、改名後のジングルがどうなるのか非常に気になるところです。


「日本のこころ」に党名変更:朝日新聞デジタル

岡潔―日本のこころ (人間の記録 (54))
岡 潔
日本図書センター
売り上げランキング: 59,906

・関連記事
日本のこころをたいせつにする党の鈴木まりこ参議院東京都第一支部長、あまりにあからさまな虚偽サイトのヘイトデマを大拡散 | BUZZAP!(バザップ!)

【どうしてこうなった】日本のこころを大切にする党の党名宣伝用ジングルが愉快すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

次世代の党が「日本のこころを大切にする党」に改名、「選挙で党名が受け入れられなかった」という謎の理由で | BUZZAP!(バザップ!)

次世代の党の杉田水脈元衆議院議員「生産性の無いLGBTへの支援策は不要」と差別発言 | BUZZAP!(バザップ!)

田母神俊雄元航空幕僚長、公職選挙法違反容疑で逮捕 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加