子ども食堂の必要性を訴える講演会、脅迫で開催中止に追い込まれる

このエントリーをはてなブックマークに追加



深刻な子どもの貧困への対策として注目される子ども食堂。その必要性を訴える講演会が脅迫によって開催中止に追い込まれました。詳細は以下から。

江東区社会福祉協議会が6月27日に開催を予定していた「地域福祉セミナー なぜ今こども食堂が必要なのか ~こども食堂を通じた支え合いのまちづくり~」が脅迫の電話やメールによって中止に追い込まれました。

このセミナーは、現在貧困と孤独に悩む子どもを支援する場となっている「こども食堂」の必要性や普及を訴えるため、同協議会と豊洲こども食堂が企画したもの。

協議会には約20件の電話やメールが届き、その中には「講演会に乱入する恐れがあります」「つぶすぞ」という脅迫が含まれており、協議会は警視庁深川署に相談したものの、「子どもも来場するため、参加者の安全を優先させた」として中止を決定しました。

この講演会に対しては近年排外主義を批判してきた香山リカ氏が講演を行う予定だったことから、差別主義団体在特会の前会長であり、東京都知事選にも出馬した日本第一党の桜井誠(本名:高田誠)党首が6月15日に以下のようにツイート。


講演の中止が決まった後のツイート。「当然批判は出来ませんよね?」「因果は巡る…」など、発言から若干の自己陶酔が垣間見えますが、「貧困に苦しむ子ども達を救うための講演会が潰れたことをいい年した大人が喜ぶ」という、かなりアレな状況です。


香山リカさんの講演中止 「乱入する」妨害予告で | 2017/6/22 - 共同通信 47NEWS

香山リカ氏の講演中止 東京・江東区社協、妨害予告受け:朝日新聞デジタル

子ども食堂をつくろう!  ── 人がつながる地域の居場所づくり

明石書店 (2016-08-25)
売り上げランキング: 29,187

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)
安田 浩一
文藝春秋
売り上げランキング: 85,289

・関連記事
それは国の仕事では?農林水産省、子ども食堂に「タダ乗り」で食育を画策 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相から子供たちへの「応援」ポエムに「それは政府の仕事だろ」の声 | BUZZAP!(バザップ!)

結婚と出産・子育てへの最も高いハードル、いずれもやはり「経済的理由」だったと判明 | BUZZAP!(バザップ!)

「〇〇人は殺せ」「ゴキブリ」「〇〇人は祖国へ帰れ」法務省がヘイトスピーチの典型例を提示 | BUZZAP!(バザップ!)

ヘイトスピーチ対策法、いったいどんな内容? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加