「北朝鮮脅威」の真っ只中に臨時国会の冒頭で衆院解散の見通し、森友・加計・南スーダンPKO日報問題追求から逃走か

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by keyaki

北朝鮮の脅威はかつてないレベルに達しているはずですが、政治的空白を作ってもよいのでしょうか。詳細は以下から。

安倍首相が公明党の山口代表に対して9月28日招集予定の臨時国会の会期中に衆議院の解散・総選挙に踏み切る可能性を伝えていたことが各メディアで報じられています。

アベノミクスの不発に加え、森友学園問題、加計学園問題、スーダンPKO日報問題などで大きく落ち込んでいた内閣支持率が北朝鮮のミサイル発射に対する強硬姿勢などで回復傾向にあることなどから、解散・総選挙という選択肢に傾いていることが伺えます。

しかし、野党が日本国憲法第53条に基づいて要求した臨時国会の開催を自民党の竹下国対委員長は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」などとして拒否し続けてきました。

◆森友・加計・南スーダンPKO日報問題への説明は?
3ヶ月経ってようやく臨時国会を開催した途端に解散・総選挙ということになれば、これは森友学園問題、加計学園問題、南スーダンPKO日報問題などにおける追求からの逃げである批判されても致し方ありません。


安倍首相は通常国会閉会直後に「国民の皆様から信頼が得られるよう、冷静に、一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならない。その決意をこの国会の閉会に当たって新たにしております」と自ら記者会見で述べており、この言葉とも矛盾が生じてしまいます。


◆北朝鮮脅威の真っ只中で政治的空白?
そもそも安倍政権は北朝鮮のミサイル発射をこれまでにない脅威として国民に発信し続けていますが、9月末に解散・総選挙に踏み切るということは北朝鮮の脅威の真っ最中に政治的空白を生じさせるということ。

Photo by Sarah

本当に北朝鮮のミサイル発射が大きな脅威であるならば、内閣支持率を横目で見ながらの解散・総選挙などしている場合ではないはず。安倍首相は今年4月にも北朝鮮の太陽節の当日に「桜を見る会」を強行開催していましたが、いったいどう考えているのでしょうか?

臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し | NHKニュース

(Photo by keyaki, Sarah


文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 14,545

・関連記事
日本政府、北朝鮮のミサイルを事前察知していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

「獣医学部新設より公務員獣医師の待遇改善」国家戦略特区の八田座長、加計学園問題の本質を2015年の段階で認識していた | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園獣医学部の擁護派が国家戦略特区申請コンサルティング会社で荒稼ぎ、諮問会議メンバーも兼ねる最悪の事態に | BUZZAP!(バザップ!)

信頼できる?安倍首相の「加計学園獣医学部申請知ったのは今年の1月20日」発言を丁寧に検証してみた | BUZZAP!(バザップ!)

北朝鮮の「太陽節」当日に安倍夫妻は「桜を見る会」を強行開催、岸田外相は帰省、GWに稲田防衛相は外遊という危機意識の欠如 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加