「宇予くん」に続く日本青年会議所(JC)のネット工作「改憲推進マンガ」が完全にデタラメ、ブルゾンちえみのパクリも

このエントリーをはてなブックマークに追加



あれから2年半、自民党憲法改正推進本部が作成した改憲推進マンガと同レベルの完全なるデタラメでした。詳細は以下から。

◆「宇予くん」産みの親による改憲推進マンガが爆誕
2015年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効して主権を回復した記念すべきこの日に合わせて自民党憲法改正推進本部が安倍首相の肝いりで制作し、憲法改正の意義を若者らに分かりやすく説明するためのマンガ冊子「ほのぼの一家の 憲法改正ってなあに?」が発表されました。


この改憲推進マンガがいかにデタラメだらけのふざけた代物であるかについてはBUZZAP!でも詳細にこき下ろしていますが、この度自民党とも関係が深く、改憲派である公益社団法人日本青年会議所(JC)の「2018年度憲法改正推進委員会」なる委員会が改憲推進マンガを発表しています。

おや?どこかで聞いた組織だぞ…と思った方は大正解。そう、昨夜からBUZZAP!で報じて大きな反響となっている、差別や誹謗中傷ツイート満載のネット工作用ツイッターアカウント「宇予くん」の産みの親である黒川明氏が委員長を努める委員会の作った改憲推進マンガなのです。

2018年度 公益社団法人日本青年会議所 国家戦略グループ 憲法改正推進委員会魚拓


連載形式のためまだ第1話しか公開されていませんが、この時点で既にデタラメ満載のまったくお話にならない内容と言うしかありません。

◆「ニッポンサイコープロジェクト」というパンチライン
まずこのマンガを読み解く前に、このマンガが公開されている日本青年会議所の運営するサイトの名前が「ニッポンサイコープロジェクト」という「日本スゴイ!」系最上級のネーミングで、URLも「http://nippon-saiko.jp」という愛国ポルノヤル気マンマンの鼻息の荒さである事は確認しておきましょう。


そしてこの改憲推進マンガは「2月26日から毎月26日公開 全5話を予定」とされており、なぜか1936年に陸軍青年将校らがおこしたクーデター未遂事件である2.26事件の当日という記念すべき日からスタートしている事も指摘しておきます。

◆「改憲推進マンガ」を徹底検証してみた
かなり長くなりますが、ツッコミどころを漏らさず指摘してみます。本編全体はこちらのページ魚拓)から閲覧できます。

このマンガ2018年1月1日にウーマンラッシュアワーの村本大輔の憲法9条についての大炎上した発言から唐突に始まり、唐突にブルゾンちえみによく似たふくよかな女性(編集部注:以下「ちえ似」と仮称します)が「憲法のこと知ってる?実はよくわからない人も多いんじゃない?」と問いかけます。

村本大輔の登場は実際の出来事の引用なのでセーフだと言えますが、ひと目でブルゾンちえみを連想させるキャラクターにここまで明確な政治的発言をさせるにあたり、JCが何らかの許諾を取っているのかは非常に気になるところです。


軽く怯む30代サラリーマンと20代OLに対してちえ似がいきなりする質問は「現在の憲法は条文が変わったことはありますか?」というもの。憲法をよくわからない人に対していきなりするような質問ではありません。

これに対する回答は「条文自体は変わってないけど実は条文の解釈で実体が変わっている」として「見た目と中身が全然違う男みたいなもの」であると決めつけてみせます。ですが、ここで例示されている「憲法9条で戦力は保持しないとあるけど自衛隊の存在はアリと解釈」したのは他ならぬ自民党政権です。


なお自衛隊法ができて陸海空の各自衛隊が成立した1954年の時点から、憲法9条第2項は「自衛のための必要最小限度の実力を保持することを禁止する趣旨のものではない」とする政府見解は一貫しており、「実体」が変化したという事実はどこにもありません。

サラリーマン男性がここでまた唐突にメガネをキラリとさせながら「いや、自衛隊があるのに憲法で戦力を保持しないと明記されているのはおかしい。矛盾はなくすべきだ」と主張して見せますが、既に説明したように矛盾はありません。

この辺りの憲法を巡る歴史は非常に重要な問題のはずですが、ちえ似は「そうね、いろんな意見があるよね」から「現在の自民党政権は憲法を変えようとしているの」と話の腰をポッキリと折って憲法改正の流れを説明し始めます。

この時点でもはやマンガのプロットとして崩壊し過ぎて痛ましいレベル。なおこの説明の中で出てくる憲法審査会は、2015年に強行採決された集団的自衛権行使を認める安保関連法案に対して参考人の憲法学者全員が「違憲」と明言したことで有名。

その後すぐに自民党の佐藤勉国対委員長(当時)が「もめ事の原因を作る」として憲法審査会の凍結を要請し、わずか2日後に船田元憲法改正推進本部長(当時)が「しばらく憲法審査会は、お休みをする予定だ」として尻すぼみに終わっています。

上記の話に戻ると「条文自体は変わってないけど実は条文の解釈で実体が変わっている」事の例として真っ先にあげられるべきものは、安倍政権が「戦争法案」として全国的な反対運動の巻き起こった安保関連法制において、戦後日本の政府見解を根底から覆して集団的自衛権行使を認めた「解釈改憲」です。

そしてこのマンガの唯一評価できるのが次の場面。サラリーマン男性の「国民投票では条文ごとに改正の賛否を問われるんだよね?」という疑問に対してちえ似は「そうとも限らないわ」「条文ごとではなく改正案全体の賛否を1人1票だけ投票の可能性もあるの」と答えます。


安倍政権は安保関連法制はひとまとめのパッケージとして強行採決しましたし、今の国会でも働き方改革関連法案も抱き合わせでの強行採決を狙っています。であればちえ似の指摘するように、改憲も恐ろしい自民党の改憲草案丸ごとの賛否を1人1票で問われる危険性があります。

この日本に住む全ての人の生活の根幹に関わる憲法改正が、あまりにも大雑把なくくりでの国民投票によって行われるという危険な可能性があることへの言及はGJと言ってもよいでしょう。

ですが、この後の場面はページの都合なのか極めて雑になります。突然ぷるぷると震えだしたOLが唐突に「あーもぅ!彼氏とうまくいかなくて辛いし憲法なんてどうでもいい!」と絶叫。

このような場面で感情を露わにしてトンチンカンな事を言い出すのが女性キャラという辺りの紋切り型にはため息も出ません。ちえ似に「ダメ国民!」と一喝されて「男の見た目(条文)と中身(解釈)が違った時いつまでもいつまでも我慢し続けますか?」と質問されます。

これにちえ似は「新しい男(憲法)作りたくない?」と水を向け、OLは「そうね!そうよね!」と簡単に納得してしまいますが、バカキャラ設定にも程があります。「新しい男(憲法)」とやらの「見た目(条文)と中身(解釈)」とやらが一致する保証がどこにあるというのでしょうか?


繰り返しになりますが、9条を念頭に置いて「条文と解釈に矛盾がある」とする立場は歴代の自民党政権は取ってきておらず、あえてそこに「解釈改憲」で矛盾を作り出したのは安倍政権です。

そして男と違って憲法には人格があるわけではありませんので、新しくすべきは憲法ではなくそれを運用している政権ということになってしまいますし、そんな政権の作ろうとする新しい憲法の「見た目(条文)と中身(解釈)」が一致すると考えるのはあまりにもお人好し過ぎるでしょう。

ちえ似はダメ押しのようにラストで「憲法は他の法律と一緒!必要なら新しい憲法に変えたらいい!他の国でも憲法はこんなに変わっているのよ」と畳みかけていますが、ここで制作者サイドが完全に憲法について何ひとつ理解していないことを露呈してしまっています。

憲法は法律の上位法であり、日本の法体系の最も高いところに位置する最高法規であることは憲法を論じる上で基本のキです。この最高法規である憲法が国家権力すらも支配するという立場が立憲主義であり、日本もこの立憲主義の立場を取っている事は今更指摘するまでもありません。

元AKB48の内山奈月さんのこのシンプルな指摘を理解できないのであれば、その人物は憲法を語るだけの勉強ができていないことになります。


また、ドイツが60回近くも改憲しているということは自民党憲法改正推進本部の改憲推進マンガでも語られていましたが、どちらでも永久条項と呼ばれる絶対に変えられない条項が存在していることへの説明が省かれて単純比較されており、完全なミスリードと言うしかありません。

◆さーて、次回の改憲推進マンガは!?
ということで、これだけ短いマンガの中にここまで多くのツッコミどころがねじ込まれていることに驚きを禁じ得ませんが、それも「宇予くん」産みの親がトップに立って改憲ゴリ押しのために作られたと考えれば頷けるもの。

なお、JCの政策集憲法改正推進委員会の項目を見ると、3月26日に公開予定の第2話は「映画・SF好きの層」をターゲットとした「今の憲法では国民を守れない!?緊急事態条項について」という内容とのこと。

第1話では「お笑いが好きな層」がターゲットとされており、ブルゾンちえみ似のキャラクターを登場させるというあまりに安直な手法がとられたことを考えると

日本国憲法「これってもしかして…」
新憲法「私たち…」
日本国憲法・新憲法「「入れ替わってる~~~~~!?」」


という超展開になりそうな気もしますが、いかがでしょうか?

憲法主義:条文には書かれていない本質
内山 奈月 南野 森
PHP研究所
売り上げランキング: 41,778

・関連記事
安倍首相の指示で作られた「改憲推進マンガ」がデタラメだらけであることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

もはや保守にあらず、日本青年会議所(JC)の憲法改正ネット工作用アカウント「宇予くん」の内部告発があまりにも悲しい | BUZZAP!(バザップ!)

日本青年会議所(JC)のネット工作完全確定、「宇予くん」のデザイン発注者は憲法改正推進委員会の委員長でした | BUZZAP!(バザップ!)

ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!)

日本青年会議所(JC)が憲法改正に向けて正真正銘本物のネット工作、マスコットキャラ「宇予くん」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加