日本青年会議所(JC)が「宇予くん」を使ったネット工作を謝罪、憲法改正推進委員会トップの関与に触れず「個人の見解」と切り捨ても

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本青年会議所(JC)憲法改正推進委員会が工作用ツイッターアカウント「宇予くん」を使って、憲法改正に反対するメディアや団体どころか、一般人の実名すらあげつらってルール無用の誹謗中傷を浴びせていたことを先日からお伝えしていましたが、ついに謝罪が行われました。詳細は以下から。

日本青年会議所の謝罪文は以下。全文抜粋しておきます。

お詫び | 公益社団法人日本青年会議所本会


この度、「宇予くん」と称するキャラクターがツイッター上で不適切発言を繰り返しておりました。かかるキャラクターは、元々は当会が憲法改正論議をより充実させ、憲法改正への契機とすべく、国民レベルでの議論をツイッター上で巻き起こす目的で企画致しました。企画段階での投稿内容は、憲法改正に関する論点や歴史、愛国心など保守的なことを面白くつぶやき、拡散をさせるというものでした。しかし、実際に担当者から投稿されたのは、全て担当者の個人的見解である、関係ない機関・団体その他への誹謗中傷や品性を欠いた内容ばかりであり、当会の理念や運動の方向性とは著しく反するものです。憲法改正論議は、国民レベルでの自由且つ健全な議論の下に行われるべきであり、他者を誹謗中傷することから前向きな議論やいい結論など生まれるはずがありません。

 同じく、関連のHP等で掲載された「憲法漫画」第1話登場のキャラクター等において、一部不適切な掲載がありました。この作品はあくまでフィクションであり、実在する人物及びその思想等とは、一切関係がありません。但し、誤解を生じかねない内容が含まれていたため不適切であると判断し、掲載は直ちに削除をさせていただきました。当会としましては、かかる事態を重く受け止め、皆様に混乱と誤解、そして何より不快な思いをさせたことを深くお詫び申し上げるとともに、下記のとおり、再発防止に向けたコンプライアンスチェックの強化を徹底します。末筆になりますが、今後とも当会の理念と運動へのご理解とご協力を賜りたく、深くお願い申し上げます。

1 当会のコンプライアンス審査において、完成した成果物自体を入念に審査します。
2 当会及び関連HPやツイッターの投稿において、当会の理念や運動の方向性に違反した内容が掲載されていないかコンプライアンス担当で巡回審査を行います。


今後は入念なコンプライアンス審査が行われるということですが、宇予くんのイラストを発注したとされる憲法改正推進委員会の委員長、黒川明氏がどこまで関与していたのかなどは明かされていないのが現状。

「実際に担当者から投稿されたのは、全て担当者の個人的見解」という表現によって切り捨てが行われたと考えることもできるわけですが、今後追加で何らかの見解が明かされることはあるのでしょうか。

・関連記事
ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!)

「宇予くん」に続く日本青年会議所(JC)のネット工作「改憲推進マンガ」が完全にデタラメ、ブルゾンちえみのパクリも | BUZZAP!(バザップ!)

もはや保守にあらず、日本青年会議所(JC)の憲法改正ネット工作用アカウント「宇予くん」の内部告発があまりにも悲しい | BUZZAP!(バザップ!)

日本青年会議所(JC)のネット工作完全確定、「宇予くん」のデザイン発注者は憲法改正推進委員会の委員長でした | BUZZAP!(バザップ!)

中傷・差別なんでもありのネット工作が発覚した日本青年会議所(JC)と包括提携している吉本興業主力タレントの発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!)

吉本興業、なんと日本青年会議所(JC)と包括提携していた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加