LSDは脳を「調和」させ、心の病を治癒させる

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドラッグ扱いされてきた多くの物質が、心の病を治療するブレイクスルーである事が分かってきています。詳細は以下から。

ケタミン、MDMA、マジックマッシュルームなど、これまでドラッグとして取り締りの対象となってきた物質を真剣に研究した結果、うつ病やPTSDなどの心の病を治療する非常に効果的な方法である事が徐々に分かってきています。

そんな中で幻覚作用を持つドラッグ(サイケデリクス)の筆頭として20世紀半ばのヒッピームーブメントを作り上げた物質、LSDにも同様の極めて画期的な効果があることが研究の結果判明しています。

バルセロナのポンペウ・ファブラ大学のCenter for Brain and Cognitionが主導し、ジャーナル「Scientific Reports」に掲載された研究によると、LSDを用いる事で「通常は連動しない複数の脳の部位が調和して働く」現象が起こります。

研究チームが「レパートリー拡張」と呼ぶこの現象は、LSDのようなサイケデリクスが脳のある種の活動パターンの発展を促進する事を示唆しています。研究チームはこうしたパターンが心の病を引き起こす神経細胞の接続障害を埋め合わせる可能性があると考えています。


研究チームのSelen Atasoyさんによると

我々はfMRIデータに、神経活動を新しい方法で観測する調和的解読という新しい分析手法を適用している。この方法では「コネクトーム・ハーモニクス」と私たちが呼ぶ脳内の調和波の組み合わせを用いている。


とのこと。研究チームは12人の被験者の脳をスキャンして調査を実施。彼らは音楽を聴いたた後にLSDかプラシーボを投与されています。これは音楽がLSDによる効果を増幅させるという先行研究からの手法であるとのこと。

こうした中で調和波を調べたところ、LSDによって脳内の通常では連動しないような部位が調和していることを突き止めました。

Atasoyさんはこの現象を「ジャズの即興演奏のような事が起きている」とします。それによると「ジャズミュージシャンが即興演奏で音符を自発的に、しかもでたらめでない形で演奏するように、脳も多くの調和波を自発的に、そして構造化した形で発しているのです」といういこと。


多くの心の病が脳の神経細胞ネットワークの異常な接続に起因することから、こうした通常では見られない調和が病の治癒に結びつく可能性があるとのこと。

実験でLSDの効果が薄れるにつれてそうした調和は徐々に消えていきましたが、完全に消えない変化が生じていることから、脳に新たな回路が恒久的に作り上げているのではないかと指摘しています。

まだまだ効果の全貌を掴みきれていないLSDですが、半世紀前にひとつの文化を形作ったこの物質はどのようなポテンシャルを持ち、治療のための薬品と開発されていくのかは大きな注目を浴びそうです。

LSD treatments can actually 'harmonise' the brain, study shows

LSD produces a new type of 'harmonic' order in the brain, according to neuroimaging study

(Visual by Spike-Bloom


知覚の扉 (平凡社ライブラリー)
オルダス ハクスリー
平凡社
売り上げランキング: 175,039

ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本 (mind books)
ラム・ダス ラマ・ファウンデーション
平河出版社
売り上げランキング: 135,260

・関連記事
LSDは実は精神の健康にとって有益かもしれません | BUZZAP!(バザップ!)

違法薬物のケタミンに「即効性の抗うつ剤」としての絶大な効果が示される | BUZZAP!(バザップ!)

「MDMAはPTSDの画期的な治療薬」アメリカ食品医薬品局が臨床試験を認める | BUZZAP!(バザップ!)

違法薬物のMDMAが「精神療法のための医薬品」として2021年にも合法化か | BUZZAP!(バザップ!)

マジックマッシュルームは既存の抗うつ剤「SSRI」特有の副作用なしでうつ病を寛解させる | BUZZAP!(バザップ!)

マジックマッシュルームに重篤なうつ病を和らげる効果が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

サイケデリックな幻覚剤を服用すると人間は「環境に優しくなる」ことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加