BPO「ニュース女子」は人種差別と人権侵害と認定、DHCテレビジョンは番組継続の意向

このエントリーをはてなブックマークに追加



ヘイト企業はそれでも番組を続ける意向です。どのテレビ局がこの番組を引き受けるのでしょうか?詳細は以下から。

◆デマ番組「ニュース女子」の人種差別と人権侵害が認定される
デマと誹謗中傷まみれのTOKYO MX「ニュース女子」沖縄基地問題特集を放送倫理・番組向上機構(BPO)が「重大な放送倫理違反」と認定したのが2017年12月のこと。


BUZZAP!でもこのデマと誹謗中傷にまみれた番組が日本の報道を以下に毀損したかについては詳しく報じましたが、委員会は以下の6点を問題としてTOKYO MXの考査が適正に行われたとは言えないと指摘していました。

(1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった
(2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった
(3)「日当」という表現の裏付けの確認をしなかった
(4)「基地の外の」とのスーパーを放置した
(5)侮蔑的表現のチェックを怠った
(6)完パケでの考査を行わなかった


詳細については東京メトロポリタンテレビジョン『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見 (全文)というpdfから閲覧することができますが、一読すればこの番組が報道とは到底言えないレベルのデマと捏造のオンパレードである事が明確に分かります。

そしてこの度、BPOの放送人権委員会は問題となっている沖縄基地問題特集でヘイトスピーチ反対団体「のりこえねっと」の辛淑玉共同代表の名誉を毀損する人権侵害があったと認め、MXに再発防止に努力を重ねるよう勧告しました。


番組では沖縄の米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事に反対する運動を取り上げており、参加者を「テロリストみたい」などと揶揄した挙句に「黒幕の正体は?」と字幕で表示。BPOはのりこえねっとや辛さんの名を挙げてのヘイトスピーチがあったと明言しています。

「沖縄の基地反対運動特集に対する申立て」の全文はこちら(pdf)から読むことが可能です。

◆TOKYO MXが放送終了を決めるも、DHCテレビジョンは番組制作を継続へ
TOKYO MXは既に今年3月末で「ニュース女子」の放送終了を既に明らかにしていましたが、この番組を制作していた制作会社のDHCテレビジョンはインターネット媒体や衛星放送、地方局での放送を続けていく意向を3月5日に発表していました。


デマだらけで「重大な放送倫理違反」と指摘され、ヘイトスピーチに人権侵害まで認定された報道の風上にも置けないガラクタをいったいこの後どの面を下げて作っていくつもりなのかは不明です。

◆DHCを「ヘイト企業」と呼ばざるを得ない理由
記事内でDHCをヘイト企業と呼んでいるわけですが、当然ながらそれには理由があります。この番組だけの問題であれば、プロデューサーの問題の可能性もあるため企業そのものの体質とは言えませんが、DHCテレビジョンの公式サイトのすべての出演者を見れば、お馴染みの自称保守界隈の面子がずらりと並んでいることが一目瞭然です。


五十音順であるにも関わらず、のっけから青山繁晴、阿比留瑠比、有本香というラインナップに驚かされますが、ケント・ギルバート、上念司、高橋洋一、田母神俊雄、百田尚樹、渡辺庄一など、ダブル役満でも済まない並びです。これでもDHCテレビジョンの体質であってDHC全体をヘイトと呼ぶのは…と思われる方もいるかもしれません。

ですが、DHCの創業者である吉田嘉明会長は、DHC公式サイトの会社概要のページにメッセージ(pdf)を載せているのですが、「人でも物でも三種類あって、それは本物・偽物・似非ものの三つである」というエピソードの後半に突然在日外国人の話をねじ込みます。少し長くなりますが当該部分を引用します。

本物、偽物、似非ものを語るとき在日の問題は避けて通れません。この場合の在日は広義の意味の在日です。いわゆる三、四代前までに先祖が日本にやってきた帰化人のことです。

そういう意味では、いま日本に驚くほどの数の在日が住んでいます。同じ在日でも日本人になりきって日本のために頑張っている人は何の問題もありません。立派な人たちです。問題なのは日本人として帰化しているのに日本の悪口ばっかり言っていたり、徒党を組んで在日集団を作ろうとしている輩です。いわゆる、似非日本人、なんちゃって日本人です。政界(特に民主党)、マスコミ(特に朝日新聞、NHK、TBS)、法曹界(裁判官、弁護士、特に東大出身)、官僚(ほとんど東大出身)、芸能界、スポーツ界には特に多いようです。芸能界やスポーツ界は在日だらけになっていてもさして問題ではありません。影響力はほとんどないからです。問題は政界、官僚、マスコミ、法曹界です。国民の生活に深刻な影響を与えます。私どもの会社も大企業の一員として多岐にわたる活動から法廷闘争になるときが多々ありますが、裁判官が在日、被告側も在日の時は、提訴したこちら側が 100%の敗訴になります。裁判を始める前から結果がわかっているのです。似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。

会長メッセージより引用)


帰化していればそれは在日外国人ではなくれっきとした日本人なのですが、DHC会長は3,4世代前にまでルーツを遡って「在日」を炙り出そうとしていることが分かります。

そしていわゆる「在日認定」という、自称保守界隈の底辺レベルで行われている行為を民主党、朝日新聞、NHK、TBSなどと特定企業の実名を出してやってしまっています。法廷闘争の下りなどは司法に対する直球の侮辱でしかなく、まさに絶句するレベルです。

そして最後の「似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう」については法務省が「典型的なヘイトスピーチ」の典型例のひとつとして挙げた「地域社会からの排除を扇動する言動」そのものであり、これは明確にヘイトスピーチです。

創業者が堂々と公式サイトにこうしたメッセージを掲載している以上、「ニュース女子」で発生した人権侵害や人種差別は単に番組のプロデューサーの問題でも制作会社DHCテレビジョンの問題でもなく、DHC本体がヘイト企業であると指摘せざるを得ません。

また、おなじページに掲載されたスラップ訴訟云々に関してという文章でもなぜか末尾に謎の朝日新聞批判からの似非日本人批判が行われています。

朝日新聞は何十年にもわたって嘘を書き続け、世界に向かって日本及び日本人を貶めたことをお忘れでしょうか。共同通信も最近では朝日に劣らず反日メディアなのではと危惧され始めています。どこの国の人かわからないような似非日本人が跳梁跋扈している世の中、そして嘘、悪口の言いたい放題が許されている世の中には私は断固反対します。嘘つきは信用できません。

スラップ訴訟云々に関してより引用)


「反日メディア」という自称保守界隈の底辺レベルが好んで使う表現が飛び出してくることに慄然としますが、「どこの国の人かわからないような似非日本人が跳梁跋扈している」という認識は差別主義団体在特会のかつての主張と極めて酷似していることは広く知られるべきでしょう。

BPO「ニュース女子」人権侵害 辛淑玉さんへの名誉毀損、認定 - 共同通信

「ポスト真実」にどう向き合うか (「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2017)
八巻和彦 望月衣塑子 清水 潔 仲屋 淳 安田菜津記 阿部光希 高江洲洋子 栗原俊雄 手島隆志 野上裕之 菅野 完 小川海緒 土生修一 深田政彦 秋山耿太郎 豊 秀一
成文堂
売り上げランキング: 383,365

・関連記事
デマと誹謗中傷まみれのTOKYO MX「ニュース女子」沖縄基地問題特集にBPOが「重大な放送倫理違反」 | BUZZAP!(バザップ!)

「〇〇人は殺せ」「ゴキブリ」「〇〇人は祖国へ帰れ」法務省がヘイトスピーチの典型例を提示 | BUZZAP!(バザップ!)

ヘイトスピーチ対策法、いったいどんな内容? | BUZZAP!(バザップ!)

スパコン「暁光」のPEZY Computingの齊藤元章社長らが4億円超の助成金詐欺で逮捕、自称保守界隈との関係も | BUZZAP!(バザップ!)

サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった | BUZZAP!(バザップ!)

netgeekやアノニマスポストが「泉放送制作のせいで民放が偏向報道」デマ記事をこっそり削除、自称保守界隈が爆釣だったことも明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「歴史問題は忘れろ、だが日本から受けた恩は永遠に残せ」、自称保守勢力と政府が進める「#歴史戦(笑)」の基本方針が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】まとめサイト産経新聞「日本を貶める日本人をあぶりだせ」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加