【?】自民党「佐川長官はトカゲのアタマだけど一般人になったから証人喚問は難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加



自分が何を言っているのか理解できているのでしょうか?詳細は以下から。

自民党の森山裕国会対策委員長が国会内での記者会見の席で佐川宣寿国税庁長官が辞職の申し入れをしたことに関して極めて不可解な発言を行っています。

佐川宣寿国税庁長官が辞職の申し入れをされた。極めて残念なことだった。職を辞されるということは非常に重いこと。トカゲの尻尾ではなく、国税庁長官はアタマだと思う。(野党が求める佐川氏の国会招致については)一般人になられたわけで、難しくなったと申し上げた方が分かりやすいのではないか。

「佐川氏は一般人になった。招致は難しい」自民・森山氏:朝日新聞デジタルより引用)


◆佐川長官は「トカゲのアタマ」たり得ない
まず第一に、佐川長官は森友学園問題に関して国会で虚偽答弁を行っていますので、その事に関しては非常に重い責任があります。しかしそれは森友学園問題の究明の中で(もしくはその究明を妨害するために)起こしたことであり、森友学園問題の根幹である国有地値引き問題そのものとはまた性質が違います。

つまり、森友学園問題そのものに当時関わっていなかった佐川長官が「トカゲのアタマ」という事はあり得ません。森友学園が土地取得時に財務省理財局長だった迫田英典前国税庁長官を「トカゲのアタマ」と生け贄にするのであればまだ「部下に全ての責任を負わせて切り捨てる」という文脈が成り立ちますが、いくら無理筋にしても程があります。

もちろん財務省理財局長の迫田氏が全て自らの判断で籠池氏をして「神風が吹いた」と言わしめるほどの「特殊」な判断を下したと考える事にも大きな無理があります。その辺りのタイムラインと経緯については、2015年9月3~5日の安倍首相と昭恵夫人、迫田氏、籠池氏らの動きをBUZZAP!でまとめましたのでご一読ください。

◆「一般人は国会招致が難しい」という大嘘
戦後最大の疑獄事件として知られるロッキード事件では当たり前のように多くの「一般人」の関係者が証人喚問されています。自民党の国対委員長という立場の人物がその歴史すら知らないのであれば、これは「シャコタン島」を超える極めて恥ずかしい無知ということになります。

なお「一般人の招致は難しい」という理屈はちょうど去年のこの時期にも使われました。その相手は森友学園の籠池理事長(当時)で、しかもこの時点では偽証罪の適用のある証人喚問ではなく「参考人招致」に対しての話です。

自民党の竹下亘国会対策委員長(当時)は2017年3月8日の政府・与党連絡会議で「民間人の招致は慎重であるべきだ。(野党に)難しいと申し上げた」として籠池理事長の参考人招致に応じない構えを見せていました。

しかし結果はご存じの通り。安倍首相が森友学園に100万円寄付したという証言が為された途端に「総理を侮辱した」として証人喚問に踏み切り、あの籠池劇場が全国に放送されたのです。

ロッキード事件まで遡るまでもなく同じ森友学園問題で一般人である籠池氏を証人喚問しておきながら、直前まで国税庁長官という官僚のトップクラスだった佐川氏を証人喚問できないという理屈は全く成り立ちません。

しかも自民党の国対委員長が自ら「トカゲのアタマ」と名指ししているのですから、むしろ率先して証人喚問してこの疑惑の真相究明に努めなければならないはずのところ。

発言の内容が相互に矛盾して意味が通らなくなっていますが、大丈夫でしょうか?

加計学園問題「総理の意向」文書全文
ゴマブックス株式会社 (2017-06-05)
売り上げランキング: 2,451

・関連記事
「適材適所」と安倍首相が太鼓判を押した佐川国税庁長官、なぜか確定申告期間中に辞任へ | BUZZAP!(バザップ!)

自民党が態度一転で籠池理事長を証人喚問に、その理由が「総理を侮辱した」という異常 | BUZZAP!(バザップ!)

公人なのになぜ証人喚問じゃないの?迫田国税庁長官らの「参考人招致」に自民・民進が合意 | BUZZAP!(バザップ!)

森友学園と政府が直接交渉を持ったあの日、安倍首相は国会をサボり大阪に飛んでいました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加