菅官房長官、安倍首相の森友公文書改ざん問題に関する虚偽答弁を大曝露してしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加



うっかり口が滑ってしまったのでしょうか?この問題では致命傷です。詳細は以下から。

菅義偉官房長官が3月15日午前の会見で、改ざん前の文書が存在する可能性について3月5日に国土交通省から首相官邸に報告があったことを認めました。

国交省関係者によると、同省航空局内で保管していた文書と財務省が国会に開示した改ざん後の文書に差異があると3月5日に杉田和博官房副長官に電話で報告し、保管していた文書のコピーは財務省に渡していました。

これについては石井啓一国交相も3月13日の記者会見で「5日に財務省に対して、公開されているものと内容が異なる部分があると伝え、コピーを渡した」と明かした上で「決裁時の文書が書き換えられて(編集部注:改ざんされて)いたことは大変遺憾だ」と述べています。

菅氏は杉田氏から翌6日に報告を受け、6日の時点で安倍首相も承知していたと明言しました。

一方財務省は3月8日に「現在、近畿財務局にあるコピーはこれが全て」として国会に改ざん後の文書を開示していますが、この時点で財務省は国交省の文書の存在を知っていながらも隠蔽していたことになります。


黙っていたのは財務省だけではありません。政府は国会で「調査中」として12日まで説明を避け続け、3月14日に安倍首相は参院予算委員会で、改ざんについて「11日に報告を受けた」と答弁していますが、この嘘を菅官房長官が曝露してしまった形です。

また、麻生財務相兼副総理も改ざんの事実を知ったのは3月11日であると述べており、こちらも大嘘であることが確定。もちろんこの国難と呼ぶべき公文書改ざん問題で1週間近く財務省のトップがこの話を知らずにいたのであればそちらも大問題です。


菅官房長官は官邸が改ざんの事実を知りながら隠蔽していたことに対して「よく聞いてください。『可能性』です。(5日の時点では)事実関係が確認できなかったんです」と述べていますが、これだけ大問題になっていながら国民に対してその可能性すら伏せたまま「調査中」と逃げ続けたことは極めて大きな問題です。

なお3月14日の参院予算委員会では自民党の西田昌司議員が、財務省が麻生財務相に全てを報告したのが3月11日だとしたことに対して「何を考えているんだ!(すぐに)国会や政府に報告していれば、野党が予算委に出てこないような異常事態にならなかった」「財務相にも与党にも報告がなかった。官僚が判断すべきではない。これが一番の問題点だ」などと激昂してみせていましたが、これも茶番劇だと判明。

官邸に3月6日に報告が上がっていたにも関わらず、副総理である麻生財務相は知らなかったという設定はいくらなんでもお話になりません。実際には政府に報告したにもかかわらず、政府の方針によって「野党が予算委に出てこないような異常事態」が発生したわけです。

嘘を隠すために無限に嘘を吐き続ける中でのつじつま合わせがほころびだらけになっているわけですが、この間の3月7日には近畿財務局の職員が自殺しており、決して笑い事ではありません。

佐川前国税庁長官はもちろん、迫田元国税庁長官、安倍昭恵首相夫人、秘書の谷査恵子さんらの証人喚問を行い、全ての真実を明るみに出すことが必要です。

背信・森友文書:改ざん疑い 国交省報告 官邸、伏せた事前把握「確定できなかった」 - 毎日新聞

改ざんの可能性、事前把握認める 菅氏「首相も承知」:朝日新聞デジタル


加計学園問題「総理の意向」文書全文
ゴマブックス株式会社 (2017-06-05)
売り上げランキング: 1,602

・関連記事
自民党「昭恵を呼んだらきりがなくなるから国会招致なんかしねーよ」 | BUZZAP!(バザップ!)

改ざん前決済文書から安倍昭恵夫人の「いい土地ですから、前に進めてください」発言も削除→関与が確定 | BUZZAP!(バザップ!)

【日本崩壊】会計検査院という「最後の砦」までもが2種類の文書に気付いていながらも隠蔽していた | BUZZAP!(バザップ!)

【?】自民党「佐川長官はトカゲのアタマだけど一般人になったから証人喚問は難しい」 | BUZZAP!(バザップ!)

「適材適所」と安倍首相が太鼓判を押した佐川国税庁長官、なぜか確定申告期間中に辞任へ | BUZZAP!(バザップ!)

自民党が態度一転で籠池理事長を証人喚問に、その理由が「総理を侮辱した」という異常 | BUZZAP!(バザップ!)

公人なのになぜ証人喚問じゃないの?迫田国税庁長官らの「参考人招致」に自民・民進が合意 | BUZZAP!(バザップ!)

森友学園と政府が直接交渉を持ったあの日、安倍首相は国会をサボり大阪に飛んでいました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加