防衛省統合幕僚監部の幹部自衛官が民進党議員を「国民の敵」と罵倒、背景には深刻なまでの「自衛隊のネトウヨ化」か

このエントリーをはてなブックマークに追加



「そう言う人達も守るのが、自衛隊」 だったのではないのでしょうか?詳細は以下から。

◆自衛官が民進党議員を罵倒
民進党の小西洋之参院議員が4月17日の参院外交防衛委員会で「16日夜に議員会館近くで現職の自衛官を名乗る者から『おまえは国民の敵だ』と繰り返し罵声を浴びた」と明らかにしたことが話題となっています。

現場で対応した警視庁からも「防衛省統合幕僚監部の現職職員と名乗った」との説明があったとのことで、小野寺五典防衛相も「16日夜に(事務方から)報告を受けた。事実関係を確認して厳正に対処したい」と述べていましたが、防衛省は17日になって罵声を浴びせたのは同省統合幕僚監部の30代の幹部自衛官と明らかにしました。


◆これの何が問題なのか?
一部ネット民はこのニュースに「いったい何が悪いのか?」「自衛官だって国民だから表現の自由がある」などと反論を試みていますが、全て無理筋です。去年の都議選の際に稲田前防衛相が自民党公認候補への応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」として大炎上した事を覚えているでしょうか?

まず憲法第15条2項「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定しており、政治的中立性が求められる事が明記されています。また、自衛隊員は自衛隊法第61条によって、選挙権の行使を除く政治的行為が制限されています。

つまり、自衛隊は与党支持者であろうと野党支持者であろうと関係なく全体の奉仕者たらなくてはなりません。野党議員であっても正当な選挙で選ばれた国民の代表のひとりですから、その議員に向かって「おまえは国民の敵だ」との罵倒は絶対にあってはならないこと。

この罵倒を許容するのは、自衛隊が日本人の誰が国民の味方で誰が国民の敵かを選ぶことを認めてしまうという事に直結します。武器を持ち、使用する訓練を受けた組織が特定の政治家を敵とみなすのは戦前の2.26事件に直結する発想であり、シビリアンコントロールからは最も遠くに位置する考え方です。

当然ながら自衛隊が助けなくてもいい人などはひとりたりとも存在しませんし、それを認めてしまえば自衛隊はもはや自衛隊ではなく、特定の政治勢力の私兵ということになってしまいます。


ネット上のコピペのひとつに、広島の平和集会にゲストとして呼ばれた自衛隊員に「サヨク」の市民が「憲法違反だから自衛隊は無くすべきだと思いますが、どう思いますか?」と質問すると、自衛官が「そう言う人達も守るのが、自衛隊です」と答えたというものがあります。

これはいわゆる狭量な「サヨク」を揶揄して自衛隊の素晴らしさを讃える「感動のエピソード」なわけですが、この自衛官はその「自衛隊のあるべき美しい姿」すら完全にぶち壊してしまったことになります。

◆自衛官の右傾化問題
さすがにこれはあり得ないと思いたいところかもしれませんが、防衛省が罵声を浴びせたのが同省統合幕僚監部の30代の幹部自衛官と明らかにしたとおり、本物の自衛官でした。

ですが極限まで右傾化した自衛官としては極右政党を渡り歩き、遂には公職選挙法違反容疑で逮捕された田母神俊雄元航空幕僚長という前例が存在しています。

また、VICE JAPANは先日「自衛隊の危機 01―なぜ、ネトウヨの浸透を許しているのかー」という特集記事で古事記アーティストを名乗る吉木誉絵が海上自衛隊・幹部学校の客員研究員に就任した事を報じ、以下のように自衛隊の現状に対する防衛省OBの危惧を紹介しています。

私が危惧しているのは、いわゆる(自衛隊内部の)旧来の保守グループではない、中堅若手の〈新たな保守グループ〉が台頭しつつあり、海自きっての知米派の武居さんが、その精神的支柱に祭り上げられているのではないかということです。

自衛隊の危機 01―なぜ、ネトウヨの浸透を許しているのかーより引用)


先日の首相秘書官によるヤジや自衛隊の日報隠しに続き、単なる保守や右傾化では済まない「あり得ないこと」が連日発生している日本。いったいどこまでこの近代国家としての枠組みは破壊されることになってしまうのでしょうか。

幹部自衛官、民進小西議員に罵声 防衛相「厳正に対処」 - 共同通信

ドキュメント自衛隊と東日本大震災
瀧野 隆浩
ポプラ社
売り上げランキング: 413,255

・関連記事
憲法・自衛隊法・公職選挙法違反の数え役満、元弁護士・稲田防衛相の都議選応援演説はどれだけアウトなのか | BUZZAP!(バザップ!)

銃剣道連盟の都道府県代表は自民党議員と自衛隊OBだらけでした、小池都知事に稲田防衛相、作新学院の船田元議員も | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相は「我が軍」発言を撤回せず、菅官房長官も「自衛隊も軍隊のひとつ」と擁護 | BUZZAP!(バザップ!)

シビリアン・コントロール崩壊か、昨年12月に自衛隊の統合幕僚長が米軍陸軍参謀長に「安保法制の整備は夏までには終了」と説明 | BUZZAP!(バザップ!)

田母神俊雄元航空幕僚長、公職選挙法違反容疑で逮捕 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加