【追記】野党叩きでおなじみ「500円(@_500yen)」、貧困を自己責任と徹底的に叩くも自らは安いパソコンすら買えず資金を募る

このエントリーをはてなブックマークに追加



安倍政権に批判的な存在であれば、野党だろうとメディアだろうと徹底的に叩く。もちろん貧困に苦しむ人々については、自己責任の名の下に「自堕落な人生設計が問題なのでは?」などと一刀両断。

そんな言動で知られるツイッターアカウント「500円(@_500yen)」はリーズナブルな価格帯のパソコンすら買えない状況にあることが明らかになりました。あまりにやるせない一連の経緯を含む詳細は以下から。

◆「500円(@_500yen)」とは?
まずは500円の解説。面倒なのでざっくり言ってしまうと、先日個人運営でない可能性が高いことをお伝えした「DAPPI(@take_off_dress)」と並ぶ、自称保守界隈で存在感を発揮していたツイッターアカウント。「#500円デマ」というハッシュタグが2年前から運用されている時点で、投稿内容はお察し下さい。


安倍政権に批判的な存在を晒し上げて叩くところもDAPPIと大差ありませんが、ここであえて取り上げておきたいのが「この人物(500円)が貧困に苦しむ人々を徹底的に叩いてきた」ということ。

それでは彼の言動を見ていきましょう。生活保護で暮らす母子家庭の母親の体型について「栄養状態を御覧くださいwww同情できねえwww」などと述べていますが、貧しい家庭ほど安くお腹がいっぱいになる炭水化物メインの食事になりがち(=太りやすい)ことすら知らないのでしょうか。


ファストファッションや安価なパソコン、格安スマホなどが登場して久しい昨今。500円によるとパソコンや携帯電話を持ち、間食できれば貧困ではないそうです。


母子家庭が生まれる背景には死別やDVも含め、本人の力ではどうにもならないことを含めたさまざまな事情がある中、「自堕落な人生設計が問題なのでは?」という、あまりに心ない一言も。あの落語家といい、どうしてここまで他人への共感力を欠くことができるのでしょうか。


各方面で話題になったパソコンを買えない貧困女子高生については実名付きでこのようにコメント。後述するため「パソコンも5万円出せば買えるよ」という内容、覚えておいてください。


もちろん現政権の政策については高く評価し、「相対的な貧困も改善しました」と断言しています。きっと500円もたわわに実ったアベノミクスの果実とやらの飽食に明け暮れ、さぞかし驕奢な生活を送れているのでしょう。


◆ミドルレンジパソコンすら買えない500円
野党やメディアを叩く傍ら、貧困に苦しむ人々を口汚く罵倒してきた500円。しかしなぜか2017年11月17日にツイートが停止していました。

まとめブログ「保守速報」による名誉毀損裁判の地裁判決が出された翌日だったため、「ついに訴えられでもしたのか」という憶測が一部で飛び交っていました。

しかし先日500円の中の人のメインアカウント「パンドラちゃん(@bio_jackrose)」が先日、その理由を明かしました。

パンドラちゃんのプロフィール。500円は実況用のアカウントであると記されています。


なんとそれは「パソコンがないため更新できない」というもの。ええっ……!?


てっきりワークステーション並みのスペックを実現した超ハイエンドパソコンが壊れてしまったという話かと思いきや、IntelのCore i5搭載パソコンすら買い替えられないという話でした。


詳しくない人に向けて説明しておくと、IntelのCore i5はミドルレンジに向けた普及価格帯CPU。大手価格情報サイト「価格.com」では、i5搭載デスクトップが5万円台で販売されています。


つまり500円は自らがツイートした5万円のパソコンすら自費で買えない境遇にもかかわらず、貧困に苦しむ人々を徹底的に叩き、現政権の経済政策を称えていたわけです。


ちなみにパンドラちゃん(@bio_jackrose)のツイートの傾向を見てみると平日~休日問わず昼~深夜までツイートしており、100%パソコンからの投稿。ほぼ完全シフト制のDAPPIと違って投稿時間はかなりバラバラです。


500円(@_500yen)のツイートの傾向も同じくパソコンからのみ。一日中パソコンに張り付き、安倍政権に批判的な存在や貧困に苦しむ人々をあげつらっていたことが分かります。


今まで貧困に苦しむ人々に投げかけてきた厳しい言葉を、そのまま自分に当てはめる覚悟はあるのか」という気がしてならない一連の言動とこの結末。貧困に苦しむ人々に少しでも理解を示す選択肢はなかったのでしょうか。

なお、500円の中の人ことパンドラちゃんはパソコンを買うための募金を受け付ける予定。環境が整い次第「貧困叩き」を再開するのであれば、それはあまりにも辛い光景です。


◆「DAPPI=組織による運営アカウント」の証明に一役買ってしまった500円
「広告収入を得られないツイッターでどれだけ活動しても、普及価格帯のパソコンすら満足に買えない」ということを証明する形となってしまった、500円の中の人のツイート。

図らずも平日の8~21時台(コアタイムは9~19時台)、サンデーモーニングやサンデージャポンが放送されている日曜朝9時前後に稼働する完全シフト制でパソコンからの更新を続けられているDAPPIが、個人運営でなく資金やマンリソースのある組織によるものであることの証明に一役買っています。


◆「募金=大量懲戒請求事件の示談金」の可能性
(2018年5月4日追記)読者から「募金は佐々木亮弁護士の大量懲戒請求事件の示談金が目的ではないか」という指摘がありました。

これはかつての姿と全く異なり、在特会やはすみとしこの書籍を出版するようになった出版社・青林堂で起きたパワハラ問題の被害者を弁護していたブラック企業被害対策弁護団代表・佐々木弁護士に対し、自称保守界隈が懲戒請求を行うよう、呼びかけたことを受けたもの。

弁護士資格が失われかねないものであるため、本来慎重に行われるべき懲戒請求。しかし東京弁護士会には実に1000を超える言いがかりに近い懲戒請求が届いており、通常の業務に著しく支障をきたすものであったため、佐々木弁護士は請求者を提訴することを決意しました。

提訴にあたって佐々木弁護士は「一定の猶予期間の間に和解を申し出た請求者に対しては、虚偽の懲戒請求による一般的な損害賠償額よりも大幅に少ない和解金(示談金)で解決を図る」という案を提示。500円の中の人ことパンドラちゃんも懲戒請求を送った1人で、募金は示談金の原資ではないか……と指摘されています。

保守速報の判決が出た翌日に更新が停止し、大量懲戒請求事件について佐々木弁護士が経緯をまとめた当日(4/28)に募金を募っていることを鑑みると、決してありえないとも言えない話。

なお、提訴のためには印紙代や郵券代など、400万円近い資金が必要ですが、佐々木弁護士のもとにはすでに300万円を超えるカンパが集まっています。

・関連記事
【追記】デマ・曲解で野党を叩く「DAPPI(@take_off_dress)」は会社組織が運営か、平日8~21時の完全シフト制に | BUZZAP!(バザップ!)

野党を叩き嫌韓を煽るブログ記事やYouTube動画、1本数十円のクラウドソーシングで大量生産されていた | BUZZAP!(バザップ!)

ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!)

【提案】一部の政治家や自称文化人、マスコミ関係者は喋る前に「 #加計学園の利害関係者だけど 」を付けてもらえませんか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加