加計学園問題の愛媛県新文書に関し、加計学園と安倍首相が深すぎる墓穴を掘ってしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加



底が見えないほどの嘘に嘘が積み重ねられています。詳細は以下から。

愛媛県中村知事が提出した公文書に安倍首相と加計孝太郎理事長が2015年2月25日に面会し、獣医学部新設構想に対して新しい獣医大学の考えはいいねと発言したことが記されていた事が大きな波紋を呼んでいますが、これに対する反論が嘘に嘘の屋上屋を重ねる惨憺たるものとなっています。

◆無いはずの官邸の入管記録を「調べた」と明言してしまう
安倍首相は22日午前に記者団に対して「指摘の日に理事長と会ったことはない。念のため官邸の記録を調べたが、確認できなかった」と発言しています。

安倍政権はこれまで、2015年4月2日に愛媛県今治市の職員2人が「獣医師養成系大学の設置に関する協議」のために首相官邸を訪問した事について、山本幸三地方創生担当相や萩生田光一官房副長官が「官邸訪問者の記録が保存されておらず、確認できない」としてきました。

つまり安倍首相は破棄されているはずの入館記録を「調べた」と発言しており、まさに語るに落ちるという事態に。ないはずの入館記録を調べることはできませんし、仮に残っていたのだとしたら2017年6月時点から1年以上国会で嘘を吐き続けたことになります。

なお、この件に関しては2018年3月20日の参院予算委員会で菅義偉官房長官が森ゆうこ議員の質問に以下のように回答しています。

国務大臣(菅義偉君)まず、二十七年四月二日に官邸を訪問したところについては、訪問者の記録が保存されておらず確認できていなかった、これは萩生田副長官が前に答弁をいたしております。

また、入館記録も残っておりません。(発言する者あり)いや、これも、これも何回も答弁しているじゃないですか。官邸の訪問予約届について、訪問予定者の入邸確認後……(発言する者あり)ちょっと説明しているんですから。度々説明しています。外部からの入邸者数は一日当たりおおむね三百名から四百名である、これを全て保存すれば個人情報を含んだ膨大な量の文書を適切に管理する必要が生じることもあり、公文書管理法や関係規則等に基づき遅滞なく廃棄する取扱いとしているところである、こういうことをかつて何回も答弁をいたしております。


ということで、訪問者の記録は単に入管記録のみならず「これを全て保存すれば個人情報を含んだ膨大な量の文書を適切に管理する必要が生じることもあり、公文書管理法や関係規則等に基づき遅滞なく廃棄する取扱いとしている」と公式に回答しています。

つまり、菅官房長官の言い分を信じるのであれば2015年4月2日より1ヶ月以上前の加計理事長の記録が残っている訳がなくなってしまい、ここに嘘が確定しました。

「面会していない」が嘘なのか「入管記録は遅滞なく破棄した」が嘘なのか、どちらを選ぶことになるのでしょうか?

◆「首相動静」には全訪問者が記されていない安倍首相自ら明言
なお、一部ネット民の間では当日の首相動静を引っ張り出し、そこに加計理事長との面談の記録がないことから愛知県の公文書が改ざんされたフェイクだという意味不明な主張を行う者まで出てきています。

財務省があり得ない公文書改ざんを行ったことは全国民が知るところですが、もちろん中村知事が文書は、当時の担当職員が学園側から聞き取った内容を正直に書いている。脚色したり、うそをついたりする必要はないと明言するように、愛媛県側にはこの公文書を改ざんする理由は何もありません。

そして、首相動静については安倍首相本人が「笑っていいとも」に出演した際にタモリとの会話(6:40~)の中で以下のように証言しています。

あれは実際にはですね、例えば役所の人たちでもあれに乗るのは局長以上なんですよ。それより若い人たちもいっぱい来てるんですが名前でないですから。秘書官とか官邸のスタッフでも名前の出る人と、ある程度の一定以上しか出ないもんですから、もっともっとたくさんの方がですね。

安倍首相、タモリを無形文化財に認定か? いいとも生出演で


また、2018年5月14日にも国会で加計学園の問題について江田憲司議員の質問に首相動静に名前が出ていないことを「よくあることですから」と発言しています。


ということで当の安倍首相本人によって完全否定されているため、この問題については枝野幸男立憲民主党党首の官房長官時代のエピソードをもうひとつ記載するのみで終わりにします。


◆実際に「面会否定」で一番困るのは誰なのか?
安倍首相加計学園の両者はこの愛媛県の公文書に対し、以下のように2015年2月25日に面会をした事実を否定するコメントを出しています。

一部報道で伝えられているような、理事長が2015年2月に総理とお会いしたことはございません。今治市の国家戦略特区申請にかかる手続き及び、本学園の獣医学部開設設置認可手続きが適正に行われ、その結果、昨年11月14日に設置が認可され、今年4月3日に晴れて入学式を迎えることができました。

愛媛県新文書 “3年前 加計氏が安倍首相に獣医学部構想説明” _ NHKニュースより引用)


それが何を意味するのでしょうか。当該文書を見てみると、項目の2番目に「2 加計学園からの報告等は、次のとおり。」とあるように、この文書は加計学園関係者と愛媛県の職員との打ち合わせの記録なのです。

つまり、もし加計学園がこの日の安倍首相との面会を否定するのであれば、加計学園は2015年3月3日に愛媛県に対して嘘の報告をしていたということになります。

またこの文書には同年3月4日には加計学園が今治市に対してもほぼ同内容の報告を行ったことが記されており、加計学園は獣医学部の新設に向けて協力し合っていた愛媛県と今治市の双方に嘘をついていたということを意味します。

中村知事はこの公文書を「国権の最高機関の国会から、与野党合意のうえ、関連文書を出してほしいと要請があったので提出した」わけですから、加計学園がその内容を嘘だと指摘することは味方だったはずの存在を後ろから撃つことに他なりません。

BUZZAP!では昨年、千葉県銚子市が加計学園の千葉科学大学のために払った補助金のせいで「第2の夕張」級の借金地獄になっている事をお伝えしましたが、万年定員割れで補助金頼みの加計学園が地元自治体に喧嘩を売って何が起きるのかは中学生レベルで分かりそうな気がしますが…?

悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞
森 功
文藝春秋
売り上げランキング: 2,666

・関連記事
千葉県銚子市、加計学園のために払った補助金のせいで「第2の夕張」級の借金地獄に | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園・岡山理科大学の獣医学部認可は結局何が問題なのか、その本質を改めてまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「たまたま総理の友人だった」はずの加計学園と安倍政権の繋がりを網羅してみたらこの上ない濃密さでした | BUZZAP!(バザップ!)

どんどん広がる加計学園の輪、維新の片山虎之助代表も名誉博士号や寄付を受けていた | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園問題で前川氏の証人喚問を拒否していた竹下自民国対委員長、やっぱり利害関係者でした | BUZZAP!(バザップ!)

政府の駆けつけ擁護で有名な高橋洋一氏、加計学園獣医学部の認可関係者でした | BUZZAP!(バザップ!)

本当に獣医学部設置は妥当?加計学園系列大学(偏差値30台)の薬剤師国家試験合格実績がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園の獣医学部新設はどれほど馬鹿げているのか、系列大学の偏差値や四国の実態から考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加