森友加計の公文書公開で窮地の首相、謎反論や新たな予防線で対抗するも「膿はあなた自身です」と一蹴される

このエントリーをはてなブックマークに追加



なりふり構わぬ逃げの一手ですが、既に総崩れの状態になっています。詳細は以下から。

5月28日の参院予算委員会に出席して森友学園問題について集中砲火を浴びた安倍首相。防戦一方どころかほうほうの体で支離滅裂な答弁を繰り返すことになりました。いったいどんなものだったか見てみましょう。

◆加計学園の「面会捏造」について
まず安倍首相は2015年2月25日に加計孝太郎理事長と面会したことを改めて否定し、「加計氏と獣医学部新設について話したことはない」と強調しました。

これは加計学園側の「自らの学園の担当者が、安倍首相と加計孝太郎理事長が2015年2月25日の面会及び、獣医学部新設構想に対する安倍首相の『新しい獣医大学の考えはいいね』という発言を捏造した上で愛媛県と今治市に対して嘘の報告を行った」という主張に沿ったものになっています。

これは極めて重大な問題で、加計学園は安倍首相との面会という事実と首相の言葉を自らの学園の獣医学部の新設が有利になるような形の嘘に仕立て上げ、協力体制にある愛媛県と今治市に虚偽報告を行ったということ。

自らの利益のために安倍首相をダシにした嘘を吐くというこの上なく悪質な詐欺行為を行っており、勝手に名前と言葉を使われた安倍首相としては烈火の如く怒り狂ってもおかしくない話ですが「怒るとか怒らないでなく、県の文書だからコメントする立場にない」という謎の理屈でうやむやにしようとしています。

県の文書であろうと国の文書であろうと、民間企業である私学が獣医学部の新設という目的のために国や地方自治体を騙した訳ですから、お咎めなしで済ませてよい話ではありません。しかし安倍首相と加計学園が2015年2月25日の面会をこのような無理筋な話を積み重ねてでも認められないのには大きな理由があります。

それは加計理事長が獣医学部新設を申請していたということを安倍首相が知ったのが2017年1月20日という2017年7月24日の衆院予算委員会での答弁が存在しているため。

この答弁では安倍首相が第二次安倍政権になって以降、ゴルフや食事で加計理事長と14回会っており、おごったりおごられたりしていたとも答弁していることから、2015年2月25日に面会をして「新しい獣医大学の考えはいいね」と発言していたとなれば、贈収賄の罪に問われる可能性もあるということになります。

この質問を繰り返した立憲民主党の長妻昭議員に対して安倍首相は「私が食事をごちそうしてもらいたいから(獣医学部新設の)国家戦略特区を特別にやるなんて、考えられないですよ」とキレて見せていましたが、そういう問題ではありません。

長妻議員が「(加計氏の)利害関係を柳瀬唯夫・元首相秘書官が認識したときに、代金の問題は軽い話ではない」と指摘するように、「飯を奢ってもらいたかった」などという話に矮小化できるものではない事は火を見るよりも明らかです。

◆公文書を「作られたストーリー」呼ばわり
また、加計学園問題に関し、立憲民主党の福山哲郎議員が2017年1月20日以前の愛媛県の新文書、前川前文科省事務次官の発言、さらには文科省の公文書などをパネルにして提示。

しかし安倍首相はこの公式の文書や発言を並べられながら「これはいま委員が作られたストーリーなんだろう」という衝撃発言を行います。

目の前のパネルにそれぞれの記述の根拠が提示してあるにもかかわらず、それを野党議員の作り話扱いしてしまったのです。

当然安倍首相のこの「憶測」は無根拠な悪口に過ぎず、福山議員の示した公文書や国会答弁での発言の信憑性と比べれば「月とすっぽん」にすらなりません。

◆森友学園問題「私も妻も一切関わっていない」のゴールポストを大移動
安倍首相はまた、森友学園問題について「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」という発言について、「不正はしていない。政治の世界において大きな問題になってきた贈収賄では全くない。そういう文脈の中において、私は『一切関わっていない』ということを申し上げている」と後出しジャンケンでゴールポストを大幅に移動させようとしました。

ですがこれは完全に「後付け」でしかありません。問題の発言が行われた2017年2月17日の衆院予算委員会で民進党(当時)の福島伸享議員に対して以下のように答弁しています。少し長くなりますが当該部分を引用します。

この事実については、事実というのはうちの妻が名誉校長になっているということについては承知をしておりますし、妻から森友学園の先生の教育に対する熱意はすばらしいという話を聞いております。

 ただ、誤解を与えるような質問の構成なんですが、私や妻がこの認可あるいは国有地払い下げに、もちろん事務所も含めて、一切かかわっていないということは明確にさせていただきたいと思います。もしかかわっていたのであれば、これはもう私は総理大臣をやめるということでありますから、それははっきりと申し上げたい、このように思います。

(中略)

いずれにいたしましても、繰り返して申し上げますが、私も妻も一切、この認可にもあるいは国有地の払い下げにも関係ないわけでありまして、なぜそれが当初の値段より安くなっているかということは、これは理財局に聞いて、もう少し詳細に詰めていただきたいと思いますし、認可においては、大阪府ですか、小学校、中学校ですから大阪市になるのかな。(福島委員「府です」と呼ぶ)ああ、府ですか、に確かめていただければいいことであって、私に聞かれてもこれは全くわからないわけでありますし、繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさに私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい。全く関係ないということは申し上げておきたいと思いますし、そもそも、何かそういうことが動いているかのようなことを前提にお話をされると、この小学校に通う子供たちもいるんですから、こういうことはやはり慎重にちゃんとやっていただきたい、このように思います。


どこからどう見ても「不正はしていない」かどうかという文脈も「贈収賄」に関係するかどうかという文脈も存在していません。

安倍首相は「一切かかわっていないということは明確にさせていただきたい」「私も妻も一切、この認可にもあるいは国有地の払い下げにも関係ない」「全く関係ないということは申し上げておきたい」と明言しています。

この時点で福島議員は国有地払い下げに関する不当な値下げの問題を質問しており、本人が「私は、総理がかかわっていると言っているわけじゃありません」と言うように、安倍首相の関与を問い詰めるものではありません。

しかし「余りむきになって反論すればするほど怪しいから、冷静に御答弁をぜひお願いしたい」と言われてしまうほどにむきになった安倍首相は「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」発言を行ってしまい、時系列的にはこの後から安倍首相の関与を消去する形で財務省の公文書改ざんが行われていくことになります。

BUZZAP!でも繰り返し指摘してきたように、この問題は不正の有無や贈収賄の話に既に収まっておらず、繰り返される国会での虚偽答弁財務省という中央省庁で発生した前代未聞の公文書改ざん及び破棄の問題にまで発展しています。

不正行為も贈収賄も極めて大きな問題ですが、話をそこだけに収められる状況ではとっくになくなっていることを指摘しないわけにはいきません。

◆「膿はあなた自身です」
挙句の果てには山本太郎議員にイラク戦争に関して「大量破壊兵器が無いと証明しなかったフセインが悪いという考えは今も変わらないのか」と問われて「今も変わらない」と答え、「総理のロジックならば森友・加計問題に留まらず、これまで噴出した数々の疑惑を証明するのは当然総理ご自身がやらなければならないと言うことになりますよ」とやり込められます。

その後関係者らの証人喚問を求めた山本議員に対して半ばグロッキー状態で「国会でお決めになる事であります」と答え、「あまりにもあり得ないお答え、やる気なしですね。膿はあなた自身です」と一刀両断されてしまいました。

安倍総理「ウミはあなた自身です!ありがとうございます!」山本太郎:5_28 参院・予算委 - YouTube


文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 6,345

・関連記事
加計学園獣医学部の認可関係者・高橋洋一氏、学園の虚偽報告に憤る愛媛県知事を「身勝手で非常識」と罵倒 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「朝鮮有事の際はアメリカの作戦の金銭的負担を喜んで引き受ける」ことをトランプ大統領と約束していた | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園問題の愛媛県新文書に関し、加計学園と安倍首相が深すぎる墓穴を掘ってしまう | BUZZAP!(バザップ!)

呆れ果てる「『セクハラ罪』という犯罪は存在しない」閣議決定が馬鹿馬鹿しい本当の理由 | BUZZAP!(バザップ!)

働き方改革さらに改悪へ、維新が中小企業(全企業の99.7%)の残業時間上限規制を骨抜きにする「配慮」を求める | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加