黒塗りを外せる財務省の森友文書(交渉記録)、ウェブアーカイブからダウンロードできるようになってしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加



1年以上存在しないと回答していたにもかかわらず、結局あることが発覚した財務省と森友学園の交渉記録。

先日、財務省が黒塗りの中身を見える状態で公開してしまったことが報じられていましたが、なんと現在進行形で公開されていることが明らかになりました。詳細は以下から。

アメリカ議会図書館やスミソニアン博物館などの他機関と恊働し、ウェブ上の資料を保存している「インターネットアーカイブ」によると、資料が公開された5月23日時点でのPDFファイルが掲載されているようです(それぞれの画像をクリックすると全体を閲覧できます)。

◆パート1


◆パート2


◆パート3


◆パート4


実際に黒塗りが外せたかどうかについては編集部で検証していませんが、稲田朋美氏の夫が代表を務める法律事務所が交渉の場に同席していたことが明かされるなど、すでにウェブ上ではお祭り状態に。

稲田朋美氏らの従来の答弁を覆し、森友学園問題に関係があったことを証明する内容となっていますが、それでも逃げ続けるのでしょうか。

・関連記事
【追記あり】痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……公文書改ざんで再燃の森友問題、大手まとめブログは全力で朝日新聞と野党を叩いていました | BUZZAP!(バザップ!)

【提案】一部の政治家や自称文化人、マスコミ関係者は喋る前に「 #加計学園の利害関係者だけど 」を付けてもらえませんか? | BUZZAP!(バザップ!)

需給バランス崩壊で「ワーキングプア獣医師」爆増へ、加計学園問題の本質をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加