ついに元在特会・桜井誠公式も閉鎖、17万本近い差別動画がYouTubeから消える

このエントリーをはてなブックマークに追加



京都地検によって幹部が名誉毀損罪(刑事事件)で起訴されるレベルのヘイトスピーチを行っている「在特会」生みの親、桜井誠のYouTube公式チャンネルが差別的な内容を含むとして閉鎖させられました。

「明治天皇の玄孫(やしゃご)」という血筋を売り物にするタレントの竹田恒泰氏も、同様の理由で公式チャンネル閉鎖に追い込まれ、「ヘイトエンペラー」と揶揄されたことは記憶に新しいですが、浄化の流れはさらに広まっているようです。詳細は以下から。

◆元在特会・桜井誠の「日本第一党」公式チャンネルも削除
閉鎖された桜井誠のYouTube公式チャンネル。「YouTubeのコミュニティガイドラインに違反していたため、このチャンネルを停止しました」とはっきり表示されています。

日本第一党チャンネル - YouTube


自らのチャンネル閉鎖を受け、桜井誠は自らの差別発言を一切省みないどころか、左翼思想の持ち主による通報(※実際はなんJ民です)と断じた上で「彼らの動画を是非皆さんで通報しましょう」と反撃を呼びかけています。

時事徒然 ~ 西村斉京都府本部長 vs 京都弁護士会 ~ ほか | Doronpaの独り言


ちなみに今回の動画削除ラッシュは、差別表現を含む動画に自社の広告が表示されることを嫌った大手企業の広告出稿取り下げ騒動を受け、YouTubeが差別表現に対して厳しい姿勢で臨むよう大きく方針転換したことによるもの。

しかしあくまで規約違反かどうかを判断するのはYouTubeで、通報があれば削除されるわけではありません。

削除に不満を訴える人々は「第三者であるYouTubeから見て差別的と判断されたため、規約違反として削除された」と理解しておくべきです。

◆削除された動画は11万本以上、絶大な効果を上げた「春のBAN祭り」
差別的な内容を含む動画が削除されまくっている背景として、有志による差別的・憎悪を煽る動画を通報する動きがあったのは以前お伝えした通り。

5月31日午前中時点で78チャンネル、11万6093本におよぶ差別的な内容を含む動画群がYouTubeから削除されただけでなく、50チャンネル、5万3378本の動画が自主削除・動画非公開に。実に17万本近い動画が見えなくなる絶大な効果を上げています。

凍結されたチャンネル一覧や、通報方法をまとめたサイト。法務省が提示したヘイトスピーチの典型例に当てはまるような動画を見つけた際は、通報してみるといいかもしれません。


◆削除ラッシュを「言論弾圧」と批判するのは恥の上塗り
一連の流れについて「言論弾圧ではないか」「韓国や中国を批判することも許されないのか」という意見があります。

しかし削除された動画の中に含まれていた表現は、まとめブログ・保守速報が名誉毀損で敗訴した際に問題視されたものと同じで、汚い言葉で差別感情を吐き捨てただけのもの。

「保守速報」裁判の地裁判決と、「まとめサイト」の今後 - 荻上式BLOG


動画をチェックしてYouTubeに報告する有志のメンタルを削りまくる、言論・批判というにはあまりに幼稚な内容のため、「差別動画を楽しみたくて仕方がない幼稚な人」でない限り、これらの意見に同調するのは避けた方が賢明です。

稀代の名将・アダルトマン将軍を生み出したほか、一連の流れを取り上げたBuzzap!編集部に共産党のメールアドレスを騙る人物から「閉鎖しろ」というメールが送られてくるなど、さまざまな形でほうぼうに影響を与えているYouTubeの削除ラッシュ。

もともと差別動画で埋め尽くされていたこと自体が異常なわけですが、大量削除をきっかけに異文化理解を深め、多様性を認めるような動画などが人々の目に留まりやすくなれば、そのぶん世の中は平和になるかもしれません。

・関連記事
「アダルトマン将軍」爆誕、差別動画削除を本国YouTubeに抗議した自称・普通の日本人が世界に恥を晒してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

差別動画撲滅の強い味方、一括報告や優先審査も利用できる「YouTube公認報告者プログラム」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

差別動画で荒稼ぎしていたタレント・竹田恒泰氏らのYouTube公式チャンネル相次いで閉鎖、数万本規模で動画が削除される | BUZZAP!(バザップ!)

野党を叩き嫌韓を煽るブログ記事やYouTube動画、1本数十円のクラウドソーシングで大量生産されていた | BUZZAP!(バザップ!)

YouTubeで「日本」「韓国」「中国」を検索すると、日本の病理が見えてくる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加