データ改ざん・捏造で揺れる日立化成の不正蓄電池、複数の原発で使われていたことが判明も「問題ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加



徹頭徹尾「日本しぐさ」で貫かれています。詳細は以下から。

昨年は神戸製鋼や三菱マテリアル、日産にSUBARUなど日本の誇る大企業でのデータ改ざんが多数明るみに出ましたが、その流れは止まりそうにありません。

日立化成は6月29日に三重県の名張事業所で生産している産業用蓄電池の一部で、品質データの不正があったことを発表しました。

取引先と約束した検査をしておらず、取引先に出す書類には嘘の数字を書き込んでいたということです。不正は現時点で判明しているだけで、少なくとも2011年4月から今月までに製造された約6万台に及んでおり、約500社に出荷されました。

なお、この不正があった蓄電池は「非常用電源向け蓄電池」で国内の複数の原発でも使われているものの、丸山寿社長は「製品の性能や安全性に問題はない」とだけ説明し、どの原発で使われているかは明らかにしませんでした。

検査をせずに出荷されたはずの蓄電池に問題ないと言い切れる根拠は不明。福島第一原発の全電源喪失によるメルトダウンという厄災を経た現代日本において、「原発の非常用電源のための蓄電池」に品質データ不正が判明しながら「問題ない」で済ませる姿勢には批判が集まりそうです。



なお、経団連が相次ぐ品質不正を受けて2017年12月に会員企業に不正の有無を調査するよう求めており、日立化成も内部調査をしていましたが、今回の不正が暴かれることはありませんでした。

今回の発覚も新任の事業所長が部下の品質保証部長からデータ改ざんの報告を受けて本社に報告して発覚したもの。この品質保証部長は前任の所長にも報告したものの握り潰されたのか報告は上がっていませんでした。

誰の指示かは判明していないものの、かなりの長期間に及んで不正が行われていたことから、歴代の所長や品質保証部長が認識していたことは間違いなさそうです。

不正が長く続いて報告も握り潰され、ようやく判明した不正品が「原発の非常用電源のための蓄電池」に使われていても「問題ない」を押し通す。いかにも現代日本らしい象徴的な事件と言えそうです。

福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)
NHKスペシャル『メルトダウン』取材班
講談社
売り上げランキング: 128,670

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)
門田 隆将
KADOKAWA (2016-10-25)
売り上げランキング: 6,242

・関連記事
福島第二原発がようやく廃炉の方針、福島県内の全ての原発が廃炉に | BUZZAP!(バザップ!)

環境省「原発の汚染土、行き場がないからもう農地の造成にも再利用しちゃえ!」 | BUZZAP!(バザップ!)

クズの極み、日本企業が外国人技能実習生に福島第一原発敷地内で奴隷労働を強いていた | BUZZAP!(バザップ!)

【1.5兆円】イギリスへの原発輸出が損失を出したら日本国民の税金で全額債務保証することが決定 | BUZZAP!(バザップ!)

「再稼働しても採算が取れないから」伊方原発2号機を廃炉へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加