「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話す杉田水脈議員の動画をごらん下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加



「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動の原点となる動画が発掘されました。

杉田水脈議員自らが示すLGBTへの考え方を動画でごらん下さい。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが2015年7月5日に公開された動画「【日いづる国より】杉田水脈、LGBT支援論者の狙いは何?」の要約。中山恭子、すぎやまこういちが杉田水脈にインタビューする形となっています。


以下書き起こし。先日炎上した「LGBTは生産性がなく支援不要」という意見は、2015年の時点で明確化されていました。

杉田「はっきり申し上げます。生産性がない同性愛の人達に皆さんの税金を使って支援をする。どこにそういう大義名分があるんですか?っていう」


杉田「テレビの討論番組から電話が掛かってきまして、『LGBTの知識を学校教育で教えるべきかどうか』という事に対しての意見をくださいという風に言われまして、(中山恭子、すぎやまこういちの笑い声が入る)私は『当然そんなものは必要ありません』」


極めつけがこちら。「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」という話を、笑いながら話しています。「普通に正常に恋愛出来る子ども」という表現といい、LGBTへの純粋な悪意しかそこにはありません。

杉田「はい。と言ったら、なんて言われたかというとですね、『同性愛の子どもは、普通に正常に恋愛出来る子どもに比べて自殺率が6倍高いんだ』と。『それでも貴方は必要ないっと言うんですか!』みたいな事を言われまして(中山恭子、すぎやまこういちの笑い声が入る)」


「悪意のある編集だ!」と言いたい人はオリジナルの動画で確認を。11:45あたりに問題のシーンがあります。

・関連記事
同性愛嫌悪と知能の低さが関連していることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民党・杉田水脈議員の本質 | BUZZAP!(バザップ!)

「LGBTは社会を乱す」渋谷で反同性愛デモ発生、自民党も同性婚に懸念を表明し、二丁目のゲイバーは摘発強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞がさっそく渋谷区の同性パートナー条例を攻撃開始、反同性愛デモの写真を紙面に | BUZZAP!(バザップ!)

同性パートナー条例案に絡み「反同性婚」のチラシが渋谷区でポスティングされる、統一教会との関連指摘も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加