海外メディア「東京オリンピックは暑過ぎて危険」日本メディア「暑さは日本に有利!」

このエントリーをはてなブックマークに追加



これがオリンピックホスト国の発想なのでしょうか?詳細は以下から。

先日から危険な猛暑が続き、多くの死者も出ている日本列島。そんな中で2年後の7月24日から東京オリンピックが開催される事について、選手や観客の健康についての懸念が広がっています。

◆半世紀前ですら危険だった日本の夏
アメリカ合衆国のウォールストリートジャーナル紙は猛烈な暑さで選手と観客の体調への不安が高まっている。夏の開催についての疑問が再燃したと指摘しており、イギリスのガーディアン紙も選手と観客双方にとって危険な状況になるとの懸念が改めて高まっているとし、特にマラソンはランナーにとって非常に危険になる可能性があると述べています。


実際に1964年に開催された東京オリンピックは暑さを避けるために10月に開催されており、開会式の行われた10月10日(現在は10月第2月曜日)が体育の日として国民の休日になっています。

半世紀前の日本ですらオリンピックを開催するには暑すぎるとして時期をずらしたのですが、その時よりも東京の夏は確実に暑くなっていることが示されています。

◆日本メディア「日本に有利!」
そんな中で日本メディアは東京オリンピックの中止や開催時期の変更を議論することもなく、そうした危険な猛暑が「日本に有利!」という論調を展開しています。

先日既にスポーツライターの酒井政人さんによる猛暑が続くと有力選手が出場辞退し、日本に有利な状況」という言葉を取り上げて「日本人のメダル獲得も?」などとした報道がネット上では炎上していましたが、これだけではありません。

FNNは元マラソン選手の増田明美さんの日本は、この蒸し暑さに慣れているというのがあるため、アドバンテージになるのではないかという言葉を紹介しています。

◆「人命第一」の大前提が置き去りに
こうした報道の最大の問題は、人命や健康を最優先に考えていないことにあります。日大アメフト部の危険タックル問題を引き合いに出すまでもなく、スポーツは人命第一が絶対的な優先順位とならなくてはなりません。

熱中症で人が倒れ、気象庁が「日中の運動を控えること」を推奨するような猛暑の中で過酷な競技を行うこと自体に警鐘を鳴らすべきですが、人間の命や健康への懸念が置き去りにされています。

そうした中での「有力選手が出場辞退し、日本に有利」という論調は世界各国から選手や観客を「お・も・て・な・し」するはずのホスト国の発想とは言えません。

また五輪後のマラソン大会への出場のために五輪を辞退するかもしれない外国人選手を「名誉より報酬?」などとも報じていますが、「猛暑で各国の有力選手が辞退してメダルゲット!」という棚ぼた狙いのどの辺りが名誉を重んじているの事になるのかは謎が残るところです。

◆日本人選手は出場する前提
さらなる問題は、日本メディアは日本人選手がどんな猛暑であろうとも出場する前提で話しているということ。

日本人は我慢強く、日本の夏の蒸し暑さにも慣れているといった論調ですが、どの国の人であろうと熱中症には罹りますし、今年も60人以上の日本人が既に熱中症で亡くなっています。


つまり日本メディアは、そうした生命の危険のある競技に日本人選手は名誉のために根性で出場しろと背中を押していることになります。

それでメダルが取れれば万々歳、途中で倒れて悔し涙を流す絵が取れればそれでもよしという事かもしれませんが、選手の命や健康への関心は低いようです。

◆観客やボランティアも当然危険
もちろん出場する選手だけでなく1日8時間働くとされているボランティアや世界各国からの観客にも同様の暑さの危険は及びます。むしろ厳しいトレーニングを積み重ね、チームのバックアップを受ける選手よりも危険は大きいと言えるかもしれません。

日本の湿度の高い猛暑は特に海外からの観客らにとっては人生で経験のないものの可能性も十分にあります。どのように対策すればいいのか、どうなったら危険なのかという基準を知らないままに観戦していて熱中症に罹る可能性は少なくありません。

ボランティアも現状では猛暑の下で長時間働かなくてはならない事になっており、炎天下で動き回ることは体力を急激に消耗させ、熱中症になる危険が高いことは今更指摘する必要もないでしょう。


そうした際にどれだけの医療機関が対応でき、搬送から治療までを滞りなく行う事ができるのか、日本語や英語を介しない観客にもしっかり説明ができるのかなど、致命的な危険のタネはそこら中に転がっています。

多くの日本人が既に薄々感づいているとおり、これは残念ながら小池都知事らの提案する首に濡れタオル打ち水作戦といった「竹槍でB29を落とす」ような対策でどうにかなるレベルの話ではありません。

選手、ボランティア、観客、誰が日本の猛暑で倒れてもオリンピックホスト国が「自己責任」で済ませることはできません。開催時期の変更を含めた責任ある対応を取れないのであれば、今からでも東京オリンピックは中止にするしかないのではないでしょうか?

オリンピック経済幻想論 ~2020年東京五輪で日本が失うもの~
アンドリュー・ジンバリスト
ブックマン社
売り上げランキング: 196,319

・関連記事
冷暖房見送りでオリンピックは灼熱地獄確定!?新国立競技場の総工費抑制で | BUZZAP!(バザップ!)

「テロやり放題」「金払って経済回せ」東京オリンピックのボランティア募集要項最終案が公開され、やっぱり大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

「やりがいPRを」東京五輪のブラックボランティア炎上を受けて有識者会合が見事な追加燃料を投下 | BUZZAP!(バザップ!)

【ブラックボランティア】東京五輪ボランティアは語学・競技知識習得、宿代、交通費など、「ユニフォーム以外全部自腹」に | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪組織委員会「選手村の交流施設作るから木材無償提供しろよ、終わったらレガシーとして使わせてやるから」 | BUZZAP!(バザップ!)

小池百合子候補、1.8兆円にも及ぶ東京オリンピックの費用問題に「個人資産の協力をお願いする」との方針 | BUZZAP!(バザップ!)

【東京五輪贈賄疑惑】買収があったとブラジル司法当局が結論 | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪費用が当初予想をはるかに超える3兆円に、森喜朗会長とスポーツ界は見直しに大反発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加