LGBTを踏みにじり、ほとぼりが冷めるのを待つ杉田水脈議員の「いいね」をごらん下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加



「LGBTは生産性がないので支援は不要」とブチ上げ、同性愛の子どもの自殺率が"普通に正常に恋愛出来る子ども"と比べて高いという話を笑顔で語っていた杉田水脈議員。

周囲との違いに悩まされながら生きてきたLGBTの人生を踏みにじった彼女が今何を考えているのかが可視化されていました。詳細は以下から。

それではさっそくほとぼりが冷めるのを待つ杉田水脈議員が賛意を示しているツイートを見ていきましょう。

杉田 水脈(@miosugita)さん | Twitterがいいねしたツイート


まず諸悪の根源はLGBTを政治問題の槍玉に挙げて「生産性がない」と踏みにじった自分自身ではなく「弱者の味方」「マイノリティの味方」を公言して政治利用する連中だそうです。


「殺害予告はテロである」とのこと。確かに殺害予告は犯罪で、正当化できるものではありません。しかしその動機は一体どこにあったのか、何が駆り立てたのかは検証されるべきではないでしょうか。


「LGBT問題程度」「つまらぬ揚げ足取り」ですか……


『LGBTを「生産性がない」と認めないことも多様性』という論調に賛意を示す杉田議員。他人を否定する理屈を多様性として認めてしまえば、その時点で多様性は実現できなくなるため、完全な詭弁です。同時にLGBTに関する自分の主張は認められるべきと考えていることが分かります。


炎上した途端、「他党の議員が記事を切り取って」と責任をなすり付け、大臣クラスをはじめとした自民党の先輩議員が「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけてくれたと自己弁護に終始していた杉田議員。



賛意を示したツイートを見る限り、彼女は一切反省するどころか「自分は間違っていない」という思いを日に日に強くしていると考えざるを得ません。

・関連記事
「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑う杉田水脈議員が中東デビュー、あのアルジャジーラが拡散 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民党・杉田水脈議員の本質 | BUZZAP!(バザップ!)

「時間と予算を費やす必要はあるのか」とまで言われた同性パートナーシップ制度の予算を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

同性愛嫌悪と知能の低さが関連していることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞がさっそく渋谷区の同性パートナー条例を攻撃開始、反同性愛デモの写真を紙面に | BUZZAP!(バザップ!)

「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話す杉田水脈議員の動画をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加