LGBT叩きで窮地の杉田水脈議員に強い味方登場、「生産性とは子どもを産めるかどうか」と援護射撃し見事火に油を注ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加



「生産性のないLGBTに支援は不要」と言い放ち、「同性愛の子どもは、"普通に正常に恋愛出来る子ども"に比べて自殺率が6倍高い」と笑いながら話していた自民・杉田水脈議員。

「LGBT叩き」と捉えられても文句を言えない一連の言動に、議員辞職を求めるデモまで起きている中、杉田議員に強い味方が現れました。詳細は以下から。

◆杉田議員に強力な味方参戦、誰もが分かっていることをドヤ顔で主張
これが杉田議員を援護すべく参戦した杉並区議、小林ゆみさんのツイート。

杉田議員の寄稿文について『言葉だけ切り取らずに文脈を見ると、あの「生産性」は「子供を産めるかどうか」という意味だとわかります』と述べた上で、「言葉を文脈から切り取り、感情的になり過ぎてはいけませんね」と呼びかけています。


ちなみに問題となった杉田議員の寄稿文はこんな感じ。「子どもを産めないから生産性がない」と言い切ったことが最初から問題視されているはずですが、小林氏は何を言っているのでしょうか……?

例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のために税金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。

彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。

「(仕事などでの)そういった意味での生産性はとても高い」などと述べていますが、LGBTは異性愛者と何も変わらない、ただの人間です。人間を生産性うんぬんで語ること自体が間違っていると、なぜ理解できないのでしょうか。


「日本の少子化問題を解決したい」「膨れ上がる財政規模を懸念」が「行き過ぎたLGBT支援」につながる理屈も意味不明。1975年には兆候が見えていた少子化問題を40年以上放置し、氷河期世代を見捨てて少子化に拍車をかけたのは自民党です。

「LGBTの方々を、奇妙な活動に利用してほしくない」としていますが、そもそもLGBTを「生産性がない」「支援は政治家の人気取り」などとあげつらい、政治利用したのは杉田議員です。


◆3年前に「同性愛は個人的趣味」とブチ上げた人でした
ちなみにこの杉並区議・小林氏は3年前、同性パートナーシップ制度についてトランスジェンダーを除く性的少数者を「個人的趣味」と断言して炎上した人物。

そのため、ここで整理をしておきたいのですが、レズ・ゲイ・バイは性的指向であるのに対し、トランスジェンダーは性的自認であり、医師の認定が必要である明らかな障害であると言えます。トランスジェンダーの方は法律的に保護する必要があり、世間的な目からの誤解を解かねばなりませんので、彼らの人権のために区が啓蒙活動をするのは問題ないと考えます。また、トランスジェンダーの方は、障害であると認められているからこそ、性別を変更できるなどの法的な救済策が定められています。
それに対し、レズ・ゲイ・バイは性的指向であり、現時点では障害であるかどうかが医学的にはっきりしていません。そもそも地方自治体が現段階で、性的指向、すなわち個人的趣味の分野にまで多くの時間と予算を費やすことは、本当に必要なのでしょうか。その前提に基づき、幾つか質問をしていきます。

「個人的趣味に時間と予算を費やす必要はあるのか」という、あまりの言い草にBuzzap!編集部では調査を実施。

渋谷区の同性パートナーシップ制度導入に必要な予算は中学校の部活強化事業(410万円)や高齢者の口腔機能維持向上事業(600万円)などを大きく下回る190万円でした。


渋谷区が抱える推定1万1000人(人口の5%換算)のLGBTカップルの老後や相続、手術の同意書にサインする権利などの法律問題をわずかなコストでクリアできる同性パートナーシップ制度。コストパフォーマンスはかなりのものです。

◆議員なのに勉強が全く足りないほうが問題ではないか
そもそも異性愛者のカップルと同じ権利を認めるだけで、特に何らかの優遇を施すものでもない同性パートナーシップ制度導入に多額の税金が必要になることはまずありません。

区会議員であれば実態やコスト感を理解できるにもかかわらず、小林氏は何も学ぶことなく「年々膨れ上がる財政規模」を盾に自らが「個人的趣味」と断じた性的少数者を攻撃しています。議員報酬の財源にはLGBTが収めた税金も含まれるはずなのですが。

自らの意見を補強するために小林氏がリツイートしたのがこちら。「歌舞伎なんてトランスジェンダーの文化そのもの」だそうです。


◆安易な炎上商法に利用されるLGBT
ちなみに小林氏は1週間ほど前に以下のようなツイートを投稿して話題に。

「どれだけ一部の人達に批判されても」など、最初から煽ることを前提とした内容で、炎上商法で知名度を上げて区会議員からのステップアップを目指す、上昇志向の強い人物のようです。


おそらく彼女が本当の意味でLGBTを理解することはこれからもなく、今後も炎上商法の種として政治利用するとみられます。

・関連記事
LGBTを踏みにじり、ほとぼりが冷めるのを待つ杉田水脈議員の「いいね」をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

「時間と予算を費やす必要はあるのか」とまで言われた同性パートナーシップ制度の予算を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑う杉田水脈議員が中東デビュー、あのアルジャジーラが拡散 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民・杉田水脈議員の本質 | BUZZAP!(バザップ!)

「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話す杉田水脈議員の動画をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加