自称プラントハンターによる「星の王子さま バオバブの苗木」、大炎上により販売中止に

このエントリーをはてなブックマークに追加



遅すぎる決断ですが、販売中止です。詳細は以下から。

2018年8月9日に開園したGinza Sony Parkが8月11日、同園内の店舗「アヲ GINZA TOKYO」で限定販売されていた「星の王子さま」とタイアップバオバブの苗木の販売を中止しました。

ソニーはこのバオバブ苗木の販売について「オンライン及びお電話にて様々なご意見を頂きました」とし、「『星の王子さま』の長年のファンの皆様の心情を考慮させて頂き、「アヲ GINZA TOKYO」と協議を行いました結果、当該商品の販売を終了して頂くことになりました」公式サイトで経緯を公表しています。


この「星の王子さま バオバブの苗木」についてはBUZZAP!でも先日詳細に報じましたが、2017年末に神戸で阪神淡路大震災への鎮魂というお題目で樹齢150年のあすなろの木を引き抜いてギネス記録を狙うという世界一のクリスマスツリーProjectを大炎上させたプラントハンターを自称するそら植物園代表の西畠清順さんが仕掛けた新しい商品。


世界一のクリスマスツリーProjectでの植物に対する西畠清順さんの姿勢に怒りを覚えた人にとってはこの商品化は看過できるものではない上、あの有名な挿絵に西畠清順さんが星の王子様と差し向かいで描かれるという「改変」や、このタイアップ商品だけのオリジナルストーリーの掲載など、「星の王子さま」ファンにとっても到底許せるものではありませんでした。



また、ネット上では多くの「星の王子さま」読者が指摘しているように、第二次世界大戦中に発表された同作中でバオバブは「星を壊す」ファシズムの象徴として描かれています。

作者のサン=テグジュペリはパイロットとしても知られていますが、自由フランス空軍に志願し1944年にコルシカ島での偵察飛行の際にドイツ軍に撃墜されて最期を迎えた反ファシストの闘士でした。

そのサン=テグジュペリの「星の王子さま」とのタイアップ商品としてバオバブ苗木を販売するという行為は完全な作品の冒涜と言わざるを得ません。しかもそれだけではなく、商品パッケージの裏面では当の星の王子さまが西畠清順さんにバオバブの水やりをさせられているのです。


いったい何を考えていたらここまで世界的な名作の寓意を徹底的に足蹴にし、無残に踏みつけて侮辱の限りを尽くせるのでしょうか?残念ながら西畠清順さんは「星の王子さま」をまったく読めていないか、この作品が育み、多くの人が愛してきた世界を尊重する気が一切ないと言うしかありません。

本件では西畠清順さんに加えて限定販売を決めたGinza Sony Parkに対しても#銀座ソニーパークださいというハッシュタグで批判が寄せられていましたが、結局わずか2日で販売中止という事態に追い込まれました。

せっかく鳴り物入りで開園したものの、Ginza Sony Parkは最初の1歩の時点で「文学作品の扱いに対するセンスも品位も良識も持ち合わせていない」という取り返しの付かない泥を自らの顔に塗りたくってしまったことになります。

星の王子さま―オリジナル版
サン=テグジュペリ
岩波書店
売り上げランキング: 772

・関連記事
「世界一のクリスマスツリー」で炎上の自称プラントハンター、今度は「星の王子さま」ファンにケンカを売ってしまう | BUZZAP!(バザップ!)

「世間には謝らない、嫌な人は見なければいい」世界一のクリスマスツリーProjectがさらなる燃料投下 | BUZZAP!(バザップ!)

大炎上の「世界一のクリスマスツリーProject」の中止を求める署名活動が始まる | BUZZAP!(バザップ!)

神戸市の樹齢150年のあすなろを使った「世界一のクリスマスツリーProject」が醜悪すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

「自業自得の透析患者は殺せ」の長谷川豊を日本維新の会が次期衆院選で擁立へ、ブログでは南京大虐殺否定論も | BUZZAP!(バザップ!)

キングコング西野の絵本Web無料公開と「お金の奴隷解放宣言。」は、どこがまずいのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加