台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた藤井実彦とは何者なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



嫌韓+自称保守界隈+幸福の科学という数え役満案件でした。詳細は以下から。

◆台湾で日本人が従軍慰安婦像に蹴り
産経新聞社の夕刊フジのWeb版であるZakzakが報じるところに寄ると、日本の複数の保守系民間団体で作る「慰安婦の真実国民運動」(加瀬英明代表)が9月6日、台湾南西部の台南市で、台湾初の「慰安婦像」を設置を主導した中国国民党台南市支部に、像の即時撤去を求めるとともに、碑文の内容を問う文書を手渡しました。

Zakzakは同運動幹事の藤井実彦(みつひこ)の緊急寄稿として、親日的な台湾に、慰安婦像が設置された背景として、『自由』と『民主主義』『人権』『法の支配』という理念を共有する日本と米国、台湾の連携を阻止する、中国側のプロパガンダ工作の可能性が指摘されているなどという無根拠な陰謀論も掲載しています。

そして、この藤井実彦が台南市の慰安婦像に蹴りを入れたことが判明。監視カメラによる動画も確認されました。動画には蹴りを入れる藤井実彦を撮影する、カメラを構えた男性の姿も映り込んでいます。


慰安婦像の設置を主導した謝龍介市議は9月9日の時点でFacebookに厳正な抗議声明を発表し、日本台湾交流協会に出向いて協会と藤井氏に謝罪を求めると同時に、謝長廷駐日台湾代表に対し、日本の首相に厳正な抗議を伝えるよう求めることを表明するなど、既に国際問題化してしまいました。

さらに9月10日付けで中華民国内政部移民省が藤井実彦の台湾への渡航を制限する決定を行うなど、台湾政府も公的な問題として処理を始めています。

友好な関係にある日台関係にひびを入れる愚挙と言わざるを得ない今回の行動ですが、いったいこの藤井実彦という人物は何者なのでしょうか?繋がりを探ってみます。

◆嫌韓漫画で国際漫画祭から追い出された「論破プロジェクト」代表
藤井実彦は2013年にフランスのアングレーム国際漫画際で従軍慰安婦を巡る稚拙な嫌韓漫画を展示しようと企てて強制撤去されたことで知られる論破プロジェクトの代表です。

論破プロジェクトは目的を「All Japanで、正しい日本の歴史を世界に伝えるプロジェクト。日本をおとしめる自虐史観や、嘘と誤解に満ちた歴史観を払拭することが目的です!」とする、いわゆる「歴史戦」に連なる自称保守界隈のプロジェクト。

論破プロジェクトのホームに直リンクされたテキサスナイトにはしっかり藤井実彦の台湾訪問の記事がアップされています。


◆幸福の科学との深すぎる関係
週刊新潮は2014年2月6日発売号でこの「論破プロジェクト」の藤井実彦代表が幸福の科学の信者であることを報じています。また、これに加えて2014年2月4日には幸福実現党の矢内筆勝総務会長が自らのBlogで幸福実現党が「論破プロジェクト」を後援していた魚拓)ことを公式に認めています。

なお、幸福の科学の機関誌The Liverty Webには論破プロジェクト関連の記事が多数掲載されており、藤井実彦にインタビューも行われています。

なお、論破プロジェクトと密接な関係にあるテキサス親父日本事務局長であるShun Ferguson(藤木俊一の複垢のひとつ)というFacebookアカウントでは

論破プロジェクトの藤井代表から私へ幸福実現党への入党や幸福の科学への勧誘も一切ありませんし、私も以前にその話はしております。


という記述もあり、藤井実彦が幸福の科学の信者であることは間違いなさそうです。

魚拓

◆難民侮蔑漫画家はすみとしこの「原作者」
藤井実彦はシリア難民を侮辱するイラストで世界的に批判を浴びた差別主義漫画家、はすみとしことも浅からぬ関係があります。

「論破プロジェクト」の起こしたプロジェクトの中に「4コマ漫画「テキサス親父とゆかいな仲間達」「華麗なるプロパガンダの世界」スタート」なる項目があるのですが、その中の華麗なるプロパガンダの世界」(閲覧注意)には作:藤井実彦、画:はすみとしことクレジットされています。

魚拓

繰り返しになりますが、上記の閲覧注意の嫌韓漫画の内容を考えた張本人が藤井実彦だということになります。なお、はすみとしこも2018年8月11日のツイートで「藤井実彦氏が幸福の科学信者」と明言している事を付け加えておきます。

魚拓

◆自称保守界隈との濃密な連携
論破プロジェクトの嫌韓漫画が排除された後、Zakzakは慰安婦漫画の出展拒否された藤井実彦氏、『韓国とは今後も戦う』とする記事を掲載しましたが、その帰国報告会で当時日本維新の会の「歴史問題検証プロジェクト・チーム」の座長だった中山成彬氏が講演し日本人はしたたかであるべきだ。日本人の誇りを取り戻すことが一番大事だと訴えています。

なお、中山成彬氏は現在極右泡沫政党となった希望の党に所属しています。

これに加え、「安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしてるのではないか」という財務省への陰謀論丸出しの質問で有名になった自民・和田政宗議員とも共著で村山談話20年目の真実なる書籍を執筆。


ニコニコ動画には「『第2回和田政宗参議院議員の「もっと、」①』藤井実彦 AJER2016.12.7(7)」と題される2人の対談動画もアップされています。



なお、和田議員は「ニュース女子」での沖縄へのヘイトデマがBPOに人種差別と人権侵害と認定されたDHCテレビの運営する極右ネット番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」にも繰り返し出演しています。

これ以外にも藤井実彦が幹事を勤める慰安婦の真実国民運動の公式サイトを見ると、「新しい歴史教科書をつくる会」「史実を世界に発信する会」「テキサス親父日本事務局」といった歴史戦関連の直リンクが張られており、自称保守界隈との濃厚な繋がりが一目瞭然です。

◆LGBT差別の杉田水脈とも繋がり
もちろん自称保守界隈の歴史戦関連ということで、「LGBTは生産性がなく支援不要」発言でこちらも世界的に有名になった自民・杉田水脈議員とも繋がりがあります。杉田議員の2017年6月のツイートにはテキサス親父日本事務局長の藤木俊一も含めたスリーショット写真があり、杉田議員が藤井実彦をサポートしたことを明言。


こちらがその際のスピーチです。


この「慰安婦の真実国民運動」国連派遣団の帰国報告記者会見の案内にも

会見者:
団長 岡野俊昭(国民運動幹事長・元銚子市長)
杉田水脈(前衆議院議員)
藤木俊一(同幹事・テキサス親父日本事務局事務局長)
藤井実彦(同幹事・論破プロジェクト代表)
桂和子(同監事・正しい歴史を伝える会代)


とあります。

◆藤井実彦は逃亡
今回の問題発生を受けて、藤井実彦ツイッターアカウント(@Mitsuhikof)には日本、台湾などから大量の批判が殺到、藤井実彦はアカウントを削除し、逃亡を計っています。

また、Facebook上で「ストレッチをしていた」という苦しすぎる声明文を出しましたが、即刻台湾のネットニュースなどに取り上げられて再炎上し、既にこちらも削除して逃亡。Facebookアカウント自体もほとんどの投稿が閲覧できない状態になっています。

この件に関し、はすみとしこはこの騒動に画像が加工されたものだとエクストリーム擁護。


テキサス親父日本事務局長であるShun Ferguson Fujiki(藤木俊一の複垢のひとつ)もフォトショップでの加工だと擁護しています。



「動画を出せば完全にバレるので、動画を出せないでいます」ということですが、上述の動画をここでもう一度見てみましょう。


なお、「実際に足が従軍慰安婦像に触れていたかどうか分からないからセーフ」などという見苦しい言い訳が一切通用することがないことは改めて指摘するまでもないでしょう。

「歴史戦」に挑む日本の自称保守界隈の歴史修正主義者には、サンフランシスコの慰安婦像設置に関し、カンポス委員が彼らに述べた言葉を再掲するしかありません。いったい日本の国益を損ねているのは誰でしょうか?


海を渡る「慰安婦」問題――右派の「歴史戦」を問う
山口 智美 能川 元一 テッサ・モーリス‐スズキ 小山 エミ
岩波書店
売り上げランキング: 171,025

・関連記事
産経と幸福の科学が目論んだ自称保守系イベントでのスティーブン・バノンの招聘に踊らされた人々 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】幸福の科学、教団を描いた学生のドキュメンタリー映画「ゆきゆきて地球神軍」に訴訟をちらつかせて上映中止を要求 | BUZZAP!(バザップ!)

サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった | BUZZAP!(バザップ!)

自民・和田正宗議員「財務省は増税派だから安倍政権を貶めるために変な答弁してるのでは?」と陰謀論→増税は安倍政権の既定路線でした | BUZZAP!(バザップ!)

難民侮辱イラストに対し、元写真を撮影した写真家が「衝撃と深い悲しみ」「恥知らずな誤表現」と糾弾、幸福の科学との関連も | BUZZAP!(バザップ!)

「歴史問題は忘れろ、だが日本から受けた恩は永遠に残せ」、自称保守勢力と政府が進める「#歴史戦(笑)」の基本方針が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加