自称保守界隈による従軍慰安婦像への狼藉、今回だけではありませんでした

このエントリーをはてなブックマークに追加



数年前から同様の事例が発生していました。詳細は以下から。

◆台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた事件の後先
日本の複数の保守系民間団体で作る「慰安婦の真実国民運動」の幹事、藤井実彦(みつひこ)が台湾の台南市に設置された従軍慰安婦像に蹴りを入れたことが国際問題となりました。

この経緯についてはBUZZAP!では先日の記事の中で詳報しましたが、この藤井実彦は嫌韓マンガの原作者+自称保守界隈+幸福の科学である上に「LGBTは生産性がない」発言でおなじみとなった自民・杉田水脈議員とも懇意という差別と歴史修正主義のフルコンボと言っても過言ではない人物でした。

この騒動を受け、幸福の科学は公式サイトでさっそく関係を否定。

同団体(編集部注:「慰安婦の真実国民運動」を指す)と幸福の科学および幸福実現党との間に何らの繋がりはありません。また、今般の同団体の台湾での行動についても、一切無関係です。

「慰安婦の真実国民運動」と幸福の科学は一切無関係です _ 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイトより引用)(魚拓


ただしよく読むと分かりますが、あくまで「慰安婦の真実国民運動」及び今回の騒動に幸福の科学は関係ないとしているだけで、藤井実彦が幸福の科学信者ではないとは一言も言っていないことが分かります。

そして当の「慰安婦の真実国民運動」は代表の加瀬英明の名前でFacebookページ上で謝罪。藤井実彦の幹事からの辞任を伝えています。


ただし、この中で藤井実彦が「蹴っていないし、蹴る意図もない。自らの尊厳と名誉のために画像や動画の検証を個人的に行いたい」と主張していることも明らかにされています。

検証も何も明確に蹴りを入れているのですが、どんな言い訳をひねり出して中国側のプロパガンダ工作の可能性ということにするつもりなのか、ある意味見物です。


せっかくなので従軍慰安婦像の前で藤井実彦にカメラを構えていた男性に話を聞いてみるとよいと思われますが、都合の悪い事でもあるのでしょうか?

◆藤井実彦と一体化している「テキサス親父」
藤井実彦は2013年にフランスのアングレーム国際漫画際で従軍慰安婦を巡る稚拙な嫌韓漫画を展示しようと企てて強制撤去されたことで知られる「論破プロジェクト」の代表であり、この論破プロジェクトと密接な関係にあるのが「テキサス親父」なるプロジェクトです。

テキサス親父とは日本の自称保守界隈のみが賞賛する極右差別主義者のアメリカ人、トニー・マラーノの事を指します。


この人物は以前はYouTubeを中心に活動していましたが、シーシェパード関連の話題で日本を擁護したことから日本の自称保守界隈が飛びつき、テキサス親父日本事務局なる組織が動画の翻訳字幕の制作やイベント等のプロデュースを行うようになりました。

現在は著作も出版され、産経新聞社の夕刊フジのWeb版であるZakzakでは痛快!テキサス親父なるコーナーで連載も持っています。YouTubeでの動画配信も継続されていましたが、今年春から行われている差別動画削除運動では所有チャンネルのひとつが永久凍結されました。

論破プロジェクトにはそのものずばりのテキサス親父という項目があり、本人の動画が掲載(アカウント凍結済み)されており、4コマ漫画テキサス親父とゆかいな仲間達」(閲覧注意)では藤井実彦が原作者を努めています。

また、論破プロジェクトのホームに直リンクされたテキサスナイトにも藤井実彦の台湾訪問の記事がアップされているように、完全に一体化していると言ってもいいレベルの密着度です。


◆以前も「歴史戦」界隈は従軍慰安婦像に狼藉を働いていた
問題となったのは、このトニー・マラーノが2013年12月にグレンデール市の慰安婦像を訪れ、従軍慰安婦像に紙袋を被せて笑いながら写真を撮り、慰安婦はブサイクだったから、紙袋でもかぶせていたに違いないなどと語っていたこと。韓国のニュースに当時の写真などが残っています。



なおこの紙袋事件については、トニー・マラーノが紙袋を被せられ、日章旗と旭日旗を持たされたミニチュアの従軍慰安婦像を手に笑う杉田水脈とのツーショットも撮影されています。


杉田議員といえば、2017年6月のツイートで国連人権理事会で従軍慰安婦問題を否定するスピーチを行った藤井実彦とテキサス親父日本事務局長の藤木俊一とのスリーショット写真が掲載されたことは前記事でも指摘したとおり。


現在もなぜか凍結されていない「Tony Marano>」名義のチャンネルには、これとは別の慰安婦像に対して同様の行為を行った事が分かる2017年の動画も残っています(敢えてリンクはしません)。


そこでは狼藉を加えた写真がスタッフロール時に嬉々として表示されています。




上述した論破プロジェクトで藤井実彦が原作者を努めた4コマ漫画テキサス親父とゆかいな仲間達」(閲覧注意)ではこれらの行為を大罪としたコマも。


上記漫画の原作者だった藤井実彦の台湾での従軍慰安婦像への蹴りがストレッチでも中国側のフォトショ加工による「陰謀」でもなく、「これまで何度もやっていたイタズラ」だったことがよく分かります。

◆「慰安婦の真実国民運動」の説明責任
ご理解いただけましたでしょうか?繰り返しになりますが、今回の台湾で従軍慰安婦像に蹴りを入れた問題は、どう取り繕おうと藤井実彦という個人がたまたまやらかしてしまったという話ではありません。

従軍慰安婦問題を否定して「歴史戦」を標榜する自称保守界隈の歴史修正主義者らにとって、従軍慰安婦像を侮辱して狼藉を加え、支持者らに誇示することは日常茶飯事でした。その中で大きな役割を担っていたのが論破プロジェクトであり「テキサス親父」だったということになります。

「慰安婦の真実国民運動」の公式サイトには「テキサス親父日本事務局」への直リンクもあり、同運動の「声明」の欄にある国連人権理事会 UPR 対日審査(2017 年 11 月 14 日) に関する国連人権高等弁務官宛て公開書簡(邦訳)」(魚拓では

われわれは、NGO「国際キャリア支援協会」の名の下に、ジュネーヴの国連人権理事会の定例会合において、すでに 7 回(※1)にわたり、1996 年の慰安婦に関する「クマラスワーミ報告」の取り下げを要求して参りました。


と「慰安婦の真実国民運動 代表 加瀬英明」名義で書簡を送っており、その7回の取り下げ要求のスピーチを行った人物は以下の通り。

(※1)
第 31 回(2016 年 3 月)の藤木俊一
第 32 回(2016 年 6 月)の杉田水脈 みお (現・衆議院議員)
第 33 回 (2016 年 9 月)の藤岡信勝教授
第 34 回(2017 年 3 月)のトニー・マラーノ
第 35 回(2017 年 6 月) の山下英次教授 および 藤井実彦[みつひこ]
第 36 回(2017 年 9 月)の藤木俊一


今回の藤井実彦に加え、杉田水脈、テキサス親父日本事務局長の藤木俊一、テキサス親父本人であるトニー・マラーノらがスピーチを行っています。

つまり、「慰安婦の真実国民運動」は今回こそ台湾の件での炎上で謝罪に追い込まれましたが、これまで何年にも渡って従軍慰安婦像を侮辱した人物らを用いて国連で従軍慰安婦問題を否定する要求を行ってきたということ。

当然知らなかったで済まされる問題ではなく、どういうつもりであのような侮辱行為を容認し、その後も彼らを重用していたのか明確に説明する責任があります。

前回に続き、サンフランシスコの慰安婦像設置に関してカンポス委員が日本の歴史修正主義者らに述べた言葉を再掲するしかありません。


歴史/修正主義 (思考のフロンティア)
高橋 哲哉
岩波書店
売り上げランキング: 374,854

・関連記事
台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた藤井実彦とは何者なのか | BUZZAP!(バザップ!)

サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった | BUZZAP!(バザップ!)

産経と幸福の科学が目論んだ自称保守系イベントでのスティーブン・バノンの招聘に踊らされた人々 | BUZZAP!(バザップ!)

「2017衆院選ヘイト政治家データベース」公開、トップは杉田水脈で安倍首相は4位に | BUZZAP!(バザップ!)

難民侮辱イラストに対し、元写真を撮影した写真家が「衝撃と深い悲しみ」「恥知らずな誤表現」と糾弾、幸福の科学との関連も | BUZZAP!(バザップ!)

「歴史問題は忘れろ、だが日本から受けた恩は永遠に残せ」、自称保守勢力と政府が進める「#歴史戦(笑)」の基本方針が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加