まさかの謝罪一切なし、新潮社社長が「新潮45」のLGBT差別記事にコメント発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



謝罪をするつもりは一切ないようです。詳細は以下から。

◆「新潮45」の想像を絶する杉田水脈擁護特集
自民党の杉田水脈衆院議員がLGBTのカップルは「生産性がない」などと新潮社の「新潮45」に寄稿して国際的な問題となったことは以前からBUZZAP!でもお伝えしたとおり。

しかし「新潮45」は10月号でさらに火に油を注ぐべく、自称保守界隈の論者による擁護企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した特集を掲載

その中でも「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の結成人であり、「約束の日 安倍晋三試論」でデビューした文芸評論家の小川榮太郎の「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」という寄稿文の醜悪さは想像を絶します。

小川榮太郎はセクシャルマイノリティの「性的指向」を敢えて「性的嗜好」とするなど極めて悪質な論の展開を行っている上に「充分ふざけた概念」と言い放ち、痴漢という犯罪と同列に並べて見せた上に痴漢行為の擁護までしてみせます。以下一部引用しますが、閲覧注意レベルですので心してご覧下さい。

LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ。ふざけるなという奴がいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからである。

満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深ろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。

彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。

当然ながら杉田水脈の寄稿文に勝るとも劣らない炎上となり、同社の文芸書編集部が創業者の言葉を引用したツイートを行い、「新潮45」への批判的なツイートを多数リツイートするなど社内でも「反乱」が起っていました。


しかし新潮社は「『新潮45』の記事については、社内でもさまざまな意見が存在している」と認めながらも「言論の自由を最大限に尊重するという立場から、各部署、社員の個人の意見表明に関して言論統制のようなことは従来より一切行っていない」というのらりくらりとしたコメントを出すのみで炎上が続いていました。

◆「社長コメント」発表、まさかの謝罪なし
そしてようやく9月21日になって新潮社は佐藤隆信代表取締役社長の名前で以下のようなコメントを発表しました。魚拓)。

「新潮45」2018年10月号特別企画について

弊社は出版に携わるものとして、言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを十分に認識し、尊重してまいりました。

 しかし、今回の「新潮45」の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」のある部分に関しては、それらを鑑みても、あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。

 差別やマイノリティの問題は文学でも大きなテーマです。文芸出版社である新潮社122年の歴史はそれらとともに育まれてきたといっても過言ではありません。

 弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です。

 株式会社 新潮社

 代表取締役社長 佐藤隆信

「新潮45」2018年10月号特別企画について _ News Headlines _ 新潮社より引用)

「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」としながらも、そのような差別表現を行った雑誌を販売したこと、それによって当事者が受けた苦痛に対する謝罪はありません。

そして杉田議員の寄稿文、今回の企画とLGBTの人生を踏みにじるような出版物を連続で刊行していながら「弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」と言い張るのはあまりにも厚顔。

もちろん今回の差別表現を行った経緯の検証や説明、反省の弁、具体的な再発防止策もありません。

毎日新聞が「社長コメントと評しているように、あまりに中身がスカスカで単に「コメントを出しましたという証拠づくり」でしかなく、一流出版社の社長が出したとはにわかには信じられません。

声明を出したことを伝える新潮社出版部文芸のツイートのリプライにも批判的な意見が続々と寄せられるなど、炎上にさらにガソリンをぶちまける結果となってしまいました。


なお小川榮太郎は以下のようなツイートをするのみで、当然ながら謝罪する気配は一切ありません。



LGBTを読みとく: クィア・スタディーズ入門 (ちくま新書1242)
森山 至貴
筑摩書房
売り上げランキング: 4,133

そうだったのかLGBT
そうだったのかLGBT
posted with amazlet at 18.09.21
一般社団法人LGBT理解増進会
エピック (2018-06-13)
売り上げランキング: 206,195

・関連記事
「倒錯的で異常」など類を見ないLGBT叩きに舵を切った「新潮45」、販売部数激減で休刊の危機が背景に | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「杉田水脈議員(51)は若いから『LGBTは生産性がなく支援不要』発言は不処分」 | BUZZAP!(バザップ!)

「LGBTは性的嗜好、支援不要」の杉田水脈議員を指導した自民党がまとめた「党の考え方」がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

杉田水脈議員のLGBT叩きが海外のゲーム業界やスクエニに飛び火、「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」を一緒に笑ったすぎやまこういちが問題に | BUZZAP!(バザップ!)

「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話す杉田水脈議員の動画をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民・杉田水脈議員の本質 | BUZZAP!(バザップ!)

「2017衆院選ヘイト政治家データベース」公開、トップは杉田水脈で安倍首相は4位に | BUZZAP!(バザップ!)

次世代の党の杉田水脈元衆議院議員「生産性の無いLGBTへの支援策は不要」と差別発言 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加