大阪市、慰安婦像設置を巡る「歴史戦」の末にサンフランシスコと姉妹都市解消へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



台湾での蛮行に続き、慰安婦像を巡って半世紀以上の姉妹都市関係が潰えることになります。詳細は以下から。

◆大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市関係が解消へ
アメリカ合衆国のサンフランシスコ市に対し、姉妹都市関係にある大阪市の吉村洋文市長が慰安婦像の市有化を撤回するよう書簡で求めていた問題で、大阪市は10月2日にも、半世紀以上続く両市の関係の解消を通知する事になりました。

これはサンフランシスコ市の民間団体が2017年9月に市内に設置した慰安婦像の碑文に「性奴隷にされた何十万人の女性」と書かれていることを吉村市長が「日本政府の見解と違う」と激怒したのです。

同年11月に慰安婦像がサンフランシスコ市に寄贈されることが全会一致で決まり、大阪市は市有化を撤回しない限り姉妹都市関係を解消すると圧力を掛けていました。


安倍首相も我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾と述べ、エドウィン・リー市長(当時)に対し拒否権を行使して像を受け入れないよう政府として申し入れましたがサンフランシスコ市はこの要求を拒絶し、リー市長も決議案に署名しました。

その後のリー市長の急死を受け、吉村市長は2018年7月末に新市長宛てに市有化撤回を求める「最後通知」の書簡を送付。9月末までの回答を要求していましたがこちらも無視されたため、正式に関係解消を伝える書簡を発送することになりました。

◆原因は慰安婦像に絡む自称保守界隈の「歴史戦」
大阪市長のみならず安倍首相までもが市有化撤回を申し入れたにも関わらず、サンフランシスコ市長も市議会もけんもほろろな態度を貫いたのには極めて大きな、そして醜悪極まりない「原因」があります。

以前BUZZAP!ではこの問題を詳しく報じていますが、ターニングポイントは2015年にまで遡ります。慰安婦碑の設置が議題とされたサンフランシスコ市議会監理委員会の公共安全と近隣サービス委員会がこの年の9月17日に開催されました。

この委員会で証言を行ったのはトランプ大統領のアジア歴訪の際に韓国での夕食会に出席した元従軍慰安婦のイ・ヨンス(李容洙)さん。

カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤去訴訟の原告の1人であり、在米日本人らによるNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の目良浩一代表は、わざわざ委員会を訪れて歴史修正主義全開の演説を行ったのみならず、このイ・ヨンスさんが「嘘吐き」で「単なる売春婦」と個人攻撃を行ったのです。以下に目良浩一代表本人によるブログポストを引用します。

私は、そこで言われている慰安婦説が、史実に沿わないことを説いた。第一に、20万人説が、虚偽であること、第二に、強制連行があったとすることが真実でないこと、更に彼らが性奴隷であったことが真実でないと述べた。更に、具体例をあげますとして、「本日ここで証言されたイ・ヨンスさんは、サンフランシスコ州立大学の人類学教授、C.サラ・ソー氏の2008年の『慰安婦』と称する図書によりますと、ある日の早朝に友だちと共に家をこっそり出て、慰安婦の斡旋員のところへ行き、」と述べた時に議長のマー氏が制止した。

マー氏: イさんは、そんなことは言っていない。君は、彼女が嘘つきだというのか。

目良: 最後まで言わしてください。
マー氏: 彼女はそんなことは言っていない。

目良: 私は、彼女が言ったことを繰り返すことはしません。この本に書いてあることを述べているのです。この本を読んでください。続けます。

「そこで赤いドレスと革靴をもらって大いに喜んだ」とあります。これがこの本に書いてあることです。

_サンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告! _ 歴史の真実を求める世界連合会より引用)


こちらがイ・ヨンスさんの演説と、それに続いて行われた日本の自称・保守界隈による演説です。字幕から日本語の自動翻訳を選択することができます。

_Backlash_ Japan Abe's Denialist Supporters Attack Korean Ex-Comfort Woman Grandma Yongsoo Lee - YouTube


日本人の自称保守界隈のこうした歴史修正主義と個人攻撃に対してカンポス委員は「恥を知れ」と批判。大きな拍手が湧き起こりました。




カンポス委員の発言部分の動画はこちら。


委員の演説の全文はT.Katsumi氏のツイッターモーメントにまとめられています。そして委員の演説は最後に、慰安婦像の必要性が歴史修正主義者らの存在によって裏付けられたことを明確に指し示しています。

◆台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた藤井実彦らとの繋がり
慰安婦像を巡っては、つい先日自称保守界隈による団体 「慰安婦の真実国民運動」の幹事である藤井実彦が台湾の台南市の慰安婦像に蹴りを入れた事件が大きな批判を浴び、BUZZAP!でも詳しく報じています。


もちろん慰安婦問題を巡る「歴史戦」を繰り広げる彼らが無関係なわけもなく、「慰安婦の真実国民運動」代表の加瀬英明は「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」日本法人の会長も努めています。

この加瀬英明は日本会議代表委員・東京都本部会長であり、今上天皇の生前退位に対して「畏れ多くも、陛下はご存在事態が尊いというお役目を理解されていないのではないか」と意見して物議を醸した人物でもあります。

実質的にも「慰安婦の真実国民運動」の公式サイトの「講演会・集会」には目良浩一が代表を務める「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のイベントが告知されています。


同様に、歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のサイトのリンクには、自称保守界隈の「新しい歴史教科書をつくる会」や「なでしこアクション」と並んで「慰安婦の真実国民運動」の名前があります。


藤井実彦は幸福の科学の機関誌The Liverty Webのインタビューの中で

カリフォルニア州グレンデール市で慰安婦像撤去の裁判を戦っている「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」主催の共同記者会見や、ワシントンDCの国立公文書館での歴史資料の調査、「ニューヨーク正論の会」主催の集会などに参加し、ネットワークを広げることができました。

NYで初の保守系団体シンポ 論破プロジェクト藤井代表「テキサス・ナイト」開催レポート _ ザ・リバティwebより引用)

と述べているように、両者が「歴史戦」を通じて極めて近い立ち位置にあることが分かります。

◆もちろんあの杉田水脈とも繋がり
ここまで来れば想像に難くありませんが、「LGBTは生産性がなく支援不要」発言でこちらも世界的に有名になり、上記の藤井実彦をサポートしたことも明言している自民・杉田水脈議員とも繋がりがあります。


杉田議員は「慰安婦の真実国民運動」国連派遣団の帰国報告記者会見でも会見者を努めているように、LGBT差別だけでなく歴史修正主義にも首までどっぷりと浸かっていることはしっかり押さえておく必要があります。

杉田議員は目良浩一の著書「アメリカに正義はあるのか」の出版記念講演会に出席、懇談会では挨拶もしています。

5月15日の午後3時から参議院議員会館会議室において、GAHT 主催で代表目良浩一の『アメリカに正義はあるのか:グレンデール「慰安婦像」撤去裁判からの報告』の出版記念講演会が開催された。会には70名以上の支援者が集まり盛況であった。講演は原田義昭先生、杉田水脈先生からのお褒めの言葉をいただくことから始まり、松川るい先生からは祝辞をいただき、佐藤正久先生と山谷えり子先生からは秘書の方々の参加をいただいた。

(中略)

午後6時からの、目良代表主催の懇談会では、原田義昭先生、山田宏先生、中山恭子先生、杉田水脈先生がそれぞれ挨拶をなされ、和やかな雰囲気で、会合が終了した。

『アメリカに正義はあるのか』出版記念行事 [H30.5.15] _ 歴史の真実を求める世界連合会より引用)

ここに杉田議員だけでなく、自民党から本日環境相への起用が発表された原田義昭議員、松川るい議員、山田宏議員、そして佐藤正久議員と山谷えり子議員の秘書が参加し、希望の党からは中山恭子議員が参加していたということも重要です。

◆姉妹都市解消は「歴史戦」の結果であり、吉村市長も同じ穴の狢
ご覧頂いたように、今回のサンフランシスコ市と大阪市の姉妹都市関係の解消の後ろにあるのは、台湾で日本の恥をさらした自称保守界隈のお仲間による歴史修正主義に基づいた「歴史戦」による極めて醜悪な活動です。

そして、重要なのはこの「歴史戦」にあろうことか大阪市の吉村市長が乗っかり、姉妹都市関係の解消にまで突き進んでしまったという現実です。

従軍慰安婦問題を巡る「歴史戦」で、自称保守界隈は慰安婦はブサイクだったから、紙袋でもかぶせていたに違いないなどとしてグレンデール市の従軍慰安婦像に紙袋を被せて笑いながら写真を撮るなど、台南市の事例に限らず極めて醜悪な狼藉を働き続けています。




上記の目良浩一による元慰安婦への「嘘吐き」で「単なる売春婦」という個人攻撃はその中でも最も恥知らずな事例のひとつであり、大阪市という世界的な人気を誇るようになった巨大な観光都市の首長がこうした歴史修正主義運動に連なっているという事実は、今後の大阪市にとっても極めて大きなマイナス要因となり得るでしょう。

海を渡る「慰安婦」問題――右派の「歴史戦」を問う
山口 智美 能川 元一 テッサ・モーリス‐スズキ 小山 エミ
岩波書店
売り上げランキング: 171,025

・関連記事
サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった | BUZZAP!(バザップ!)

台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた藤井実彦とは何者なのか | BUZZAP!(バザップ!)

自称保守界隈による従軍慰安婦像への狼藉、今回だけではありませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

「歴史問題は忘れろ、だが日本から受けた恩は永遠に残せ」、自称保守勢力と政府が進める「#歴史戦(笑)」の基本方針が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

産経と幸福の科学が目論んだ自称保守系イベントでのスティーブン・バノンの招聘に踊らされた人々 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加