技能実習生並みの待遇で日系4世の若者を使い捨てる新在留制度、案の定申請ゼロ

このエントリーをはてなブックマークに追加



むべなるかなといったところです。詳細は以下から。

政府が海外に住む日系4世が日本で就労できるようにする新たな在留制度を2018年7月から開始したところ、世界最大の日系人コミュニティを擁するブラジルからの申請者が9月末時点でゼロだそうです。

新たな在留制度は18~30歳の日系4世以降の若者を対象として設立されたもの。この制度には年齢や家族帯同に制限がある上、試験にパスするなど一定の日本語能力が求められており、申請が通っても滞在は最長5年間に限定されます。

つまり、申請の際に求められるハードルが高い上、せっかく日本に来て仕事を得ても5年で放り出されることが確定した仕組みで、外国人技能実習制度のような「使い捨て」を前提とした制度設計となっています。


一方で日系2世と3世は1990年施行の改正入管法で定住資格が認められており、「定住者」などの在留資格で日本で自由に働くことも可能なため、今回の新制度は魅力ある選択肢とはお世辞にも言えません。

実質的な外国人奴隷制度で、海外から人身売買とも非難される外国人技能実習制度」を今なお進める日本。

ブラジルの日系人団体は新在留制度について「同胞である日系人を期間限定の単純労働者として扱っている」という、極めてごもっともな指摘をしており、法務省の「年間4000人程度の受け入れ」という想定は脆くも崩れ去りそうです。

なお、外国人にとどまらず、日本人も「定額働かせホーダイ」こと高度プロフェッショナル制度や、「一生派遣」を認める派遣法改正などで労働環境は厳しくなる一方。

人手不足の解消には少子高齢化への対策も欠かせませんが、初めて出生数が100万人を割り込んだ2016年以来、少子化は急加速しているのが現状です。

・関連記事
外国人技能実習生に対する違法行為が前年度から5.5%増えて7割超え、4年連続で過去最多更新 | BUZZAP!(バザップ!)

国連特別報告者「福一の除染作業員の安全対策を」、なぜか日本政府は反発 | BUZZAP!(バザップ!)

在NY日本総領事館、慰安婦問題の相談窓口を杉田水脈と繋がる極右団体「ひまわりJAPAN」に業務委託してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

外国人奴隷の大幅拡充を安倍首相が表明、ただし移民としては受け入れずポイ捨て方針 | BUZZAP!(バザップ!)

無説明で除染させて危険手当ピンハネや有給希望で強制帰国、奴隷売買と化した外国人技能実習制度が日本の将来を確実に暗くする | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加