「鼻クソの刑を執行」タレントの竹田恒泰氏がサンフランシスコの慰安婦像への狼藉をツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加



自称保守界隈による従軍慰安婦像への狼藉が止まりません。詳細は以下から。

◆従軍慰安婦像に「鼻クソの刑を執行」
極右団体幹部による台湾の従軍慰安婦像への蹴りに続き、こんどは有名タレントが「鼻クソの刑」を執行してしまいました。

この刑を執行したのは「明治天皇の玄孫(やしゃご)」 ネタで知られる、自称憲法学者でタレントの竹田恒泰さん。

竹田さんはサンフランシスコ市の慰安婦像を訪れて「こんなところに、こんなもん建ておって」とツイート、従軍慰安婦らの受けた凶行について「ありもしないもの」と歴史修正主義全開の発言を披露。

魚拓

そのツイートの10分後に「鼻クソの刑を執行」とツイート。

魚拓

これだけでは憤懣が収まらなかったのか、20分後にはさらに歴史修正主義発言を重ねた挙句朝日新聞をなぜか「在日朝日新聞」と呼び、併せて日本政府の怠慢も批判。

魚拓

その10分後には「握りっ屁の刑を執行」と、さらなる刑の執行をツイートしています。いろいろ垂れ流しているうちにすっかり興奮してしまったのでしょうか?

魚拓

残念ながら竹田さんは証拠画像や動画をアップしていないため、実際に鼻クソをなすりつけ、握りっ屁を放ったのかを確認する術はありません。どちらかというと支持者向けのアピールとしての側面が強いようで、上記ツイートには喝采のコメントがずらりと並んでいます。

竹田さんはこれまでにも夫婦別姓問題でトンデモツイートを連発したり、アイドル刺傷事件の犯人が「日本国籍ではないと思われる」と「国籍透視」を行ったり、ヘイトスピーチまみれのYouTubeアカウントを閉鎖されるなど、人品骨柄のよろしからぬ行動が度々物議を醸してきています。

◆従軍慰安婦像への狼藉はこれまでも繰り返されてきた
なお従軍慰安婦像への狼藉については、上述の台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた極右団体「慰安婦の真実国民運動」幹部の藤井実彦が大きな話題となりましたがそれだけではありません。


2013年12月に日本では「テキサス親父」の愛称で人気のアメリカ人極右差別主義者がグレンデール市の慰安婦像を訪れ、従軍慰安婦像に紙袋を被せて笑いながら写真を撮り、「慰安婦はブサイクだったから、紙袋でもかぶせていたに違いない」などと語っていたことが問題になっています。


今回の竹田さんの「鼻クソの刑」もこうした自称保守界隈による狼藉の一環と言えるでしょう。問題は、皇室との関係を仄めかす有名タレントで日本オリンピック委員会委員長の息子による「執行」だったこと。

このような人物が差別まみれの内輪向けチキンレースを海外で行い、ツイッターという世界に開いた公共の場で披露することが国際的にどのような結果を招くのか、しっかり考えていただきたいところですが…?

海を渡る「慰安婦」問題――右派の「歴史戦」を問う
山口 智美 能川 元一 テッサ・モーリス‐スズキ 小山 エミ
岩波書店
売り上げランキング: 171,025

・関連記事
差別動画で荒稼ぎしていたタレント・竹田恒泰氏らのYouTube公式チャンネル相次いで閉鎖、数万本規模で動画が削除される | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏、アイドル刺傷事件の犯人を「日本国籍ではないと思われる」と「国籍透視」、またもや無知をさらけ出す | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏が夫婦別姓問題でトンデモツイート連発、無知を積極的にさらけ出す | BUZZAP!(バザップ!)

在NY日本総領事館、慰安婦問題の相談窓口を杉田水脈と繋がる極右団体「ひまわりJAPAN」に業務委託してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

大阪市、慰安婦像設置を巡る「歴史戦」の末にサンフランシスコと姉妹都市解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

自称保守界隈による従軍慰安婦像への狼藉、今回だけではありませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた藤井実彦とは何者なのか | BUZZAP!(バザップ!)

サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加