ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が10州目の合法化、全米の1/5に達する

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Bob Doran

ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が合法化となりました。詳細は以下から。

アメリカ合衆国の中間選挙と同時に行われた投票で、五大湖を面してカナダと接し、あのデトロイトを擁する米国中西部のミシガン州でレクリエーション目的の大麻が合法化されました。

レクリエーション目的の大麻の合法化は10州目ですが中西部では初となり、これで全米50州のうち、1/5で大麻が合法になります。

今回の合法化では21歳以上の大人に少量の大麻の所持、栽培と使用が認められます。この法改正の効果は公認されてから10日以内に発効するため、今月中にも実質的に解禁されることになっています。

また、大麻栽培や加工、販売のライセンスに関係する法整備は来年に掛けて実施される見込みです。

今回の法改正に尽力したMarijuana Policy ProjectのエグゼクティブディレクターのSteve Hawkinsさんは「大麻合法化への強力なサポートは沿岸部だけでなく中西部に、そして全米にも広がっている。レクリエーション目的の大麻は全米の1/5の州で、医療大麻に至っては3/5の州で合法化されている。連邦法も改正されるべき時だ」と述べています。

(Photo by Bob Doran

マリファナ合衆国: アメリカの合法化政策を通して学ぶ、大麻との上手なつきあいかた
エンセオーグ・プレス (2014-04-02)
売り上げランキング: 37,640

マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015
町山 智浩
文藝春秋
売り上げランキング: 54,704

・関連記事
バーモント州でレクリエーション目的の大麻が合法化、初の州議会による法改正 | BUZZAP!(バザップ!)

レクリエーション用大麻がカナダで合法化、世界で2番目でG7では初 | BUZZAP!(バザップ!)

カリフォルニア州で「大麻の楽園」建設へ、大麻関連企業が過疎の町を丸ごと買収 | BUZZAP!(バザップ!)

大麻完全合法化から3年を経たコロラド州の大麻産業、既に全米第1位のクラフトビール産業よりも巨大化 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフト社はなぜ大麻ビジネスへの参入を決めたのか? | BUZZAP!(バザップ!)

【レビュー】ナショナルジオグラフィック紙が特集「マリファナ 秘められた力」を掲載、「ダメ・ゼッタイ」の誤解を払拭する画期的な内容に | BUZZAP!(バザップ!)

大麻OKの映画館から大麻配達サービスまで、米国で合法大麻の定着進む | BUZZAP!(バザップ!)

大麻が脳の老化を逆転させ、認知機能の低下を防ぐ事が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

米の医療大麻のシェアが拡大、165億円規模の医療費削減に | BUZZAP!(バザップ!)

大麻完全合法化から1年、コロラド州で起こったこと、起こらなかったことについて | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加