ドレスに料理に超高密度バルーン、異分野のアーティストたちが全力投球した「Inspired by INFOBAR」の実物をじっくりチェック #INFOBAR_Inspire

このエントリーをはてなブックマークに追加



「INFOBAR xv」の発売を記念して、INFOBARファンのアーティスト3人がそれぞれの分野でINFOBARモチーフのアートを手がけた「Inspired by INFOBAR」。

本日行われた発表会でお披露目されたアイテムを、じっくりチェックしてみました。詳細は以下から。

◆ドレス
まずは小野原誠氏がデザインしたNISHIKIGOIモチーフのドレス。アシンメトリーなデザイン、キーの部分に立体感を持たせてあるなどしただけでなく、ヒールや番傘などのアイテムもトータルでコーディネートされています。



◆料理
編集部が度肝を抜かされたのは、クレイジーキッチンによるNASUKONをモチーフにした食べ物たち。



こちらのキューブは大根をカットしたもの。青く染め上げてあります。


実際に茄子を使ってみたアートも。


ケーキまで……!


食べ物に青を使う習慣は日本にはあまりありませんが、上品な青があしらわれているため、なかなか悪くありません。


それにしても不思議な食空間です。


インスタ映え間違いなしのワッフルも。


◆お風呂
なかなかとんでもないのが、神宮エミさんによるバルーンアートでできたお風呂。CHERRY BERRYをモチーフにしてあります。



どうしても1枚だと色が薄くなってしまうことから、これらのバルーンはすべて二重構造。


いずれの作品にも言えることですが、気の遠くなるような細かい作業です……


もちろんシャワー部分もバルーンに。蛇口まで再現してあります。


これらの作品を使って撮影されたポスターはこんな感じ。


◆バルーンアートは「VINYL MUSEUM」でも展示中
また、神宮さんによるバルーンアートは11月29日から12月12日の期間、来場者が展示物の写真をSNSで投稿を行う共感型フォトジェニック・アート展「VINYL MUSEUM(ビニール ミュージアム)」でも展示中。


INFOBARをモチーフにしたバルーンアートで壁面が飾られています。



「INFOBARデザインの電話機」なども。



隣には実写映画のピカチュウをモチーフにした全体がフサフサ真っ黄色の部屋も。VINYL MUSEUMではこのようなSNS映えする展示がたくさん行われています。




◆全国4ヶ所で展示も
ちなみにINFOBARモチーフのバルーンアートは、「au SHINJUKU(2018年12月17日~12月24日)」を皮切りに、2019年1月以降「au NAGOYA」「au ABENO」「au SENDAI」でも展示予定。


バルーンの寿命は2週間ほどしかなく、店舗ごとに展示できるスペースにも差があることから、今回展示されているアートをそのまま移設することはできず、神宮さんが今後1店舗ずつ回って設営していくとのこと。かなりの気合の入りようです。


◆おまけ
ちなみに「Inspired by INFOBAR」の会場では、info.barコンセプトモデルやINFOBAR、INFOBAR 2の展示も。もはやレジェンドと化しつつあります。



・関連記事
INFOBAR xv発売を記念したアート群「Inspired by INFOBAR」公開、ユーザー参加型イベントも #INFOBAR_Inspire | BUZZAP!(バザップ!)

色選びを迷う人に届けたい「INFOBAR xv」追加レビュー、キーバックライトで雰囲気激変&隠しコマンドでクレジット表示も | BUZZAP!(バザップ!)

INFOBAR xv発売記念の「新・ケータイ INFOBAR 展」を一足先にチェックしてきた記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

15周年で原点回帰したau「INFOBAR xv」速攻レビュー、末永く使えるデザインプロダクトに | BUZZAP!(バザップ!)

au design projectの原点となったデザインケータイ「INFOBAR」レビュー、「INFOBAR 2」も | BUZZAP!(バザップ!)

「INFOBAR xv」製品版を一足先に開封レビュー、11月29日発売がついに決定 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加