「 #日本国紀 」第5刷でこっそり大幅修正、「法的措置」「多額の賠償」と脅していたコピペや誤りの指摘は事実でした

このエントリーをはてなブックマークに追加



「男系」を父親が天皇と勘違いする、十七条憲法は民主主義、2018年が「平成最後の年」といった根本的な間違いにとどまらず、Wikipediaや新聞のコラムから意訳部分まで含めたコピペが発覚するなどした百田尚樹の日本国紀。

引用元すら明記しないなど、大学生のレポート以下のずさんな執筆および編集体制に批判が寄せられていましたが、こっそり修正を図っていたことが明らかになりました。詳細は以下から。

◆文献や資料を元に検証されてきた「日本国紀」の誤りやコピペ
まず確認しておきたいのが「日本国紀の誤りやコピペは極めて正しい方法で検証されてきた」という点。

例えば日本国紀の検証で中心的な役割を果たしてきた「論壇net」というページでは、コピペ元となった文献を明示・引用した上で、日本国紀とどれだけ一致しているのかを分かりやすく解説しています。

【日本コピペ紀】百田尚樹『日本国紀』に、一頁近い新聞記事からのコピペ編集が発見される【仁徳天皇】。 | 論壇net


情報を提供した有志たちの活躍もあって、どんどん検証ページの厚みや精度が増していく論壇net。まさに「集合知」を体現しつつあります。

なお、フェイクニュース大手「netgeek」は「酷いいちゃもんがつけられていた」「政治思想が気に入らないからだろうか、とにかく百田尚樹氏を目の敵にして本の揚げ足を取りまくっている」などと一蹴

ソースを明示した学術的検証を反証なしで否定できてしまうことに、フェイクニュース問題の根深さを感じざるを得ませんが、そのような理屈で今後の集団訴訟も乗り切るつもりなのかに注目が集まります。

◆日本国紀、まさかの無告知大幅修正
そして今回新たに発覚したのが、日本国紀が第5刷以降でコピペや誤りがあった場所を大幅に修正していたこと。

【速報】『日本国紀』、無断転載箇所を第5刷にて大幅改竄 | 論壇net


新聞記事からのコピペを指摘されていた個所は、さも自分で書いたかのような体だったのが「真木嘉裕氏の物語風の意訳を参考に要約して紹介しよう」と改変されています。


有志による検証・指摘が事実だったことの現れとなる日本国紀の修正。当然のことながら今までの1~4刷は著作権法に抵触する「引用元の表記なしの無断転載」のままであるため、出版元の幻冬舎は出版業界のルールに則った対応が求められます。


◆百田先生、編集の有本香さんの発言を改めてごらん下さい
上記の通り、極めて不適切な形でのコピペがあったことが確定した日本国紀。

それでは改めて、作者の百田尚樹氏および編集を担当した有本香さんが日本国紀の問題点を検証してきた人たちにどのような態度で臨んできたかを振り返ってみましょう。

・作者の百田尚樹氏
「怪しげなサイト」「異様な粘着と憎悪」と論壇netを攻撃した上で、無断参照・引用は「500ページ中の1ページにも満たない」と、言い切った百田氏。


「名誉毀損と悪質な営業妨害に当たるとなれば、多額の賠償問題が発生します」「開示請求する予定です」などと、法的措置をちらつかせることで論壇netに圧力をかけていました。



なお、百田氏は自作「殉愛」をめぐる裁判で相次ぎ敗訴。虚偽の記載があった旨が裁判所に認定され、多額の賠償が求められています。

・編集の有本香さん
続いては日本国紀の編集を担当した有本香さん。

百田氏のツイートを引用した上で「一部匿名アカウントによる、事実無根の本書に関する風説の流布は看過できないこととして版元と対応を検討中」などと、やはり論壇netへの法的措置をちらつかせていました。検証内容が事実無根でなかったことが判明した今、どのように考えているのでしょうか。



「事実と解離(編集部注:原文ママ、正しくは乖離)したこと」を流布している人物につながる情報の収集を示唆していますが、出版社を後ろ盾に法的措置をちらつかせる人間が一個人を相手に言うのであれば、それはもはや圧力です。


◆まだまだ終われない日本国紀
法的措置をちらつかせるも結局検証内容は事実、しかもこっそり大幅修正……という、グダグダな状況となりつつある日本国紀。

突貫工事だったせいか、残念ながら第5刷での修正内容が間違っていた上、講談社学術文庫からの無断転載まで新たに発覚してしまったため、問題の解決はまだ先のことになりそうです。

『日本国紀』、第5刷で慌てて改竄するも資料を熟読しなかったため再修正が必要に。第6刷以降で再び改竄か?【フランシスコ・ザビエル】 | 論壇net

・関連記事
百田尚樹の新感覚ライト(right)ノベル「 #日本国紀 」の闇深い内幕が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】新潮45でLGBTを徹底的に叩いた文芸評論家・小川榮太郎氏、代表作のはずの「論文」が存在しなかった | BUZZAP!(バザップ!)

大内彰訓(腹BLACK)さん運営の「netgeek」集団訴訟へ、被害者の会が結成され会社情報公開も | BUZZAP!(バザップ!)

三浦瑠麗さんが「性暴力は親告罪」と間違った法律知識を堂々披露→誤りを指摘された際の言い訳も間違いで恥を上塗り | BUZZAP!(バザップ!)

ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加