【半年ぶり3度目】麻生財務相「自民党議員が野党議員を小突いたのは『はめられた』だけ、あんなの暴力じゃない」と無理筋すぎる擁護

このエントリーをはてなブックマークに追加



麻生財務相が自民党の大家敏志参議院議員が7日、野党議員を小突いたとして抗議を受けた事について、「はめられた話」との認識を示しました。詳細は以下から。

◆国会本会議場での暴力沙汰
事の発端は12月7日。参議院本会議で自民党の大家敏志議員が立憲民主党の白真勲議員を小突いたとして本会議が数時間空転し、結果的に出入国管理法改正案の採決が深夜過ぎまでずれ込みました。

さらに大家議員はものすごい形相で自らが所属する自民党の伊達忠一参議院議長を怒鳴りつける事態に。

すでに自民党は暴力沙汰を認めて謝罪しており、大家議員も議院運営委員会の理事を辞任しています。

◆麻生財務相「国会で議員を小突くのは暴力ではない」
そうした中で麻生財務相はあれで暴力と言われたら、とてもじゃない。(野党に)はめられた話で、いろいろ作られる話はしょっちゅうと述べ、立憲民主党の対応を批判。

さらに「『暴力はだめだが、少なくともそういう話ではない』と言って、大家氏を励ました」と述べています。

国会の本会議場は国権の最高機関の場。乱闘騒ぎが起きていた昔ならともかく、このご時世に暴力沙汰は許されるものではなく、自民党も暴力を振るった張本人も公式に謝罪して責任を取っていますが、副総理でもある麻生財務相がこの発言でちゃぶ台をひっくり返した事になります。

麻生財務相の発言はカメラにも記録された明確な暴力を「あれで暴力と言われたら、とてもじゃない」「暴力はだめだが、少なくともそういう話ではない」と無効化を図るものです。

◆半年ぶり3度目の「はめられた」発言
また、麻生財務相が「はめられた」という発言をするのは今回が初めてのことではありません。2018年4月24日にセクハラで辞任した福田淳一前財務事務次官の辞任に伴う記者会見で「はめられて訴えられたのではないか」などと被害者をセカンドレイプ

この事件に関してはその後も「セクハラ罪っていう罪はない」「(セクハラは)親告罪で訴えられなければ罪ではない。事実を申し上げている」などと暴言を連発、5月11日に再び「はめられた」との見方を「そういう可能性は否定はできない」と蒸し返し、共産党議員の追及で全撤回に追い込まれました。

今回の事件は大家議員が激昂して壇上に上がり、野党議員を小突いた上で所属政党の長老格である参議院議長を罵倒したというもの。いったい誰にどのように「はめられた」らこんな暴力沙汰になってしまうのでしょうか。

「自らの不祥事は全部相手のせい」とでも言わんばかりの麻生財務相。

大幹部がこのような態度であれば、「LGBTは性的嗜好で支援不要、生産性がない」寄稿文大炎上を「誤解」と言い切り、批判者に責任をなすり付けた杉田水脈議員の態度にもうなずけます。

ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
長谷部 恭男 石田 勇治
集英社 (2017-08-19)
売り上げランキング: 218,916

・関連記事
麻生財務相「人の税金使って学校行った」の東大卒市長批判が完全な的外れである理由 | BUZZAP!(バザップ!)

麻生財務相「経済成長感じない人はよほど運がない」→8割が景気回復を感じていませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

【17日ぶり2度目】麻生財務相「福田前事務次官は女性記者にはめられた可能性ある」→共産党議員に詰められ撤回 | BUZZAP!(バザップ!)

【実音声あり】福田財務省事務次官「胸触っていい?手縛っていい?」→麻生財務相「十分な反省があったと思うから処分しない」 | BUZZAP!(バザップ!)

麻生財務相「森友学園での公文書改ざんは単に(虚偽)答弁に合わせて300ヶ所以上書き換えただけ、悪質なものではない」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング