「2018年の実質賃金伸び率は大幅なマイナス」厚労省が認める

このエントリーをはてなブックマークに追加



多くの日本人の実感は間違っていませんでした。詳細は以下から。

厚労省の毎月勤労統計の統計不正を巡り、1月30日に行われた野党合同ヒアリングで、厚労省は2018年の1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの野党の試算について「同じような数字が出る」と認めました。

立憲民主党ら野党は実質賃金の伸び率の参考値を試算。その結果、実質賃金伸び率がプラスになったのは2018年1~11月のうち6月(0.6%)のみで、実質賃金伸び率がマイナス1%を超える月が複数あることが明らかに。空前の好景気とは……


なお、厚労省は2004年から始まる統計不正に加え、世の中の実態に合わせるとして、2018年1月に「毎月勤労統計」で大企業の比率を増やし、中小企業を減らす形のデータ補正を行っていました

日本で働く人々のうち、実に7割は中小企業勤め。そのため2018年9月の段階で統計委員会から「実態を表していない」と指摘されており、野党も伸び率が実態より高く出ていると批判。今回の試算は1年前に調査対象だった事業所と比べた参考値です。

厚労省はこれまで名目賃金の参考値は公表しましたが、実質賃金は検討中として明らかにしておらず、今回のヒアリングで初めて実態を認めたことになります。

景気は回復していないという多くの日本人の実感、やはり間違いではなかったようです。

アベノミクスによろしく (インターナショナル新書)
明石 順平
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 29,095

・関連記事
アベノミクス最重要統計の「賃金伸び率」水増しが統計委員会に指摘される | BUZZAP!(バザップ!)

麻生財務相「経済成長感じない人はよほど運がない」→8割が景気回復を感じていませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

「戦後最長の景気回復」政府の大本営発表をNHKが力強く報道 | BUZZAP!(バザップ!)

聞き取り調査も報告書たたき台も内部のお手盛り、厚労省の統計不正の調査が露骨すぎて大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

56の基幹統計の約半数に及ぶ27件で「手続き上のミスなど」が発覚 | BUZZAP!(バザップ!)

過小給付567.5億円への追加給付に掛かる総額が800億円に、厚労省の「毎月勤労統計調査」不正問題で | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】雇用・労災保険で数十億円規模の過小給付、厚労省の不適切な「毎月勤労統計調査」は2004年から続いていた | BUZZAP!(バザップ!)

【知ってた】日本の労働生産性、47年間連続となるG7最低を今年も記録 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に関連した楽天商品ランキング