【フェイク】フィフィ「蓮舫が児童虐待防止法改正に反対していた!」→議員になる前の法案でした

このエントリーをはてなブックマークに追加



タレントのフィフィさんが蓮舫議員に対してこれ以上ないフェイクニュースを発信してしまいました。詳細は以下から。

アラブの春の頃から政治的発言を行う事で知られたタレントのフィフィさん。千葉県野田市で小学4年生の女児が虐待死した事件に関し、2月17日にツイートしたのですが、その中で立憲民主党の蓮舫議員を激しく批判しました。

フィフィさんは「私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員が、今回の虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか、私はその真意を問いたい。あなたは本当に国民の側に向いているのですか?それ以前に同じ親の立場として問いたい、なぜあの時反対したのですか?」とツイートしています。


魚拓

ですが、2004年(平成16年)に4月7日に参議院で児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案が可決されたのですが、蓮舫議員が政治家として初当選したのは同年7月の第20回参議院議員選挙でのこと。


当然ながら議員になる前の法案に反対票を投じることはできませんので、フィフィさんの「批判」は根底から間違っていることになります。

なおこの改正案は参議院では与野党の投票総数が205票でしたが、全会一致で成立しており、反対した議員は民主党を含めて誰もいません。厚労省の「『児童福祉法の一部を改正する法律』の施行について」にも「先の通常国会において全会一致により成立」との文言を見ることができます。


一体全体、フィフィさんはどこからこうした情報を得たのでしょうか?

ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか (光文社新書)
藤代 裕之
光文社 (2017-01-17)
売り上げランキング: 50,197

・関連記事
フィフィの「蓮舫が児童虐待防止法改正に反対」フェイクをスポーツ報知が検証せずそのまま拡散、謝罪も本人の言い分を垂れ流すのみ | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】蓮舫議員「児童虐待は犯罪で警察と密な連携が必要」と初当選直後から政府に訴えていた | BUZZAP!(バザップ!)

あからさまな失言やデマを垂れ流す政治家はなぜ増えたのか、おぞましいカラクリが仕組まれた「日本型フェイクニュース」の闇 | BUZZAP!(バザップ!)

保守はリベラルの30倍以上ツイッターでデマを拡散していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【フェイク注意】民主党時代にも「文書書き換え」の前例!?→自民党時代の2007年に発生した事件でした | BUZZAP!(バザップ!)

世界を蝕む「フェイクニュース」、ロシアのサイバー工作に見るその目的と勝利条件 | BUZZAP!(バザップ!)

自民・和田議員を批判した途端に坂上忍が在日認定、Wikipediaが改ざんされフェイクニュース大手・アノニマスポストに拡散される | BUZZAP!(バザップ!)

フェイクニュースはツイッターで真実の1.7倍リツイートされ6倍の速さで拡散する、しかもbotではなく人力で | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加