蓮舫議員「児童虐待は犯罪で警察と密な連携が必要」と初当選直後から政府に訴えていた

このエントリーをはてなブックマークに追加



当選以来、自らも子を持つ母親として児童虐待問題に積極的に取り組んでいた議員でした。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが2004年11月12日(金)に行われた第161回国会本会議の議事録


7月に行われた参院選挙で当選したばかりの蓮舫議員が臨んだ初国会で、児童福祉法改正案について以下のような見解を述べています。

私は、幼い子供が虐待によって命を落とすことをどうして防ぐことができないのか、親の支援や愛情ではなく暴力を受ける子供がどうして増えていくのか、あるいは感情を言葉で表現できない乳児が虐待によって亡くなることをどうして防ぐことができないのか、深く心を痛めております。一日も早くすべての子供たちを守るための施策を講じることが、私は政治の責任だと考えております。

その上で党の考えとして、虐待の初動判断を誤らないための方策を提案。

そこで、我が党は、児童相談所の機能を市町村が行うようにするには、高い専門性を持つ人材の確保、資質の向上を義務付けることが必要と考えています。
 虐待を疑われる児童の通告があったとき、この子供は虐待を受けているのか、それは軽度なのか重度なのかの判断をいたします。その初動判断を誤りますと、本来救えるべきはずの子供を救えないということにもつながってまいります。通告を受けた市町村の窓口がこの初動判断を誤らないためにも、市町村には専門性の高い人材を配置すべきではないでしょうか。

虐待は犯罪と認識した上で、警察と密に連携が必要であることを訴えています。

この二年半、虐待によって亡くなった子供のうち、四割が零歳児、赤ちゃんです。虐待で亡くなった子供のうちの九割が六歳未満の子供です。
 虐待の通告は、児童相談所、市町村の窓口が開いている時間帯だけではなく、夜間でも休日でも二十四時間、三百六十五日対応するためにも、全国に配置されている警察との密な連携が求められるものではないでしょうか。虐待を犯罪と認識し、子供の命にかかわる緊急を要する事態には、警察が独自に動ける体制を積極的に取り組んでいかれるお気持ちがおありかどうかを是非伺わせていただきたい。子供の命を守るために警察の関与が必要かどうかを端的にお答えいただいた上で、どのような連携ができるのかをお答えください。


子どもを国の財産、一人の尊厳を持った存在ととらえた上で行われた前述の質問。初当選時から、児童虐待などの問題に積極的に取り組んでいたのが蓮舫議員です。

虐待対策、子供の命にかかわることを政治の責任ということで御質問させていただいております。
 最後になりました。虐待対策では、子供を国の財産ととらえ、一人の尊厳を持った存在ととらえ、その命、成長発達段階すべてを保障する制度の必要性を強く訴え、私からの御質問を終わらせていただきます。

しかしそんな蓮舫氏を襲ったのが「児童虐待防止法改正に反対していた」というあまりにもむごいデマ。なお法改正が行われたのは初当選より前の話で、全く関係はありません。


議員一年生の頃から児童虐待問題に取り組んできたにもかかわらず、事実無根の内容で否定され「あなたは本当に国民の側に向いているのですか?」とまで言われた蓮舫議員。

その無念さ、心中は察するに余りあります。

・関連記事
【フェイク】フィフィ「蓮舫が児童虐待防止法改正に反対していた!」→議員になる前の法案でした | BUZZAP!(バザップ!)

フィフィの「蓮舫が児童虐待防止法改正に反対」フェイクをスポーツ報知が検証せずそのまま拡散、謝罪も本人の言い分を垂れ流すのみ | BUZZAP!(バザップ!)

あからさまな失言やデマを垂れ流す政治家はなぜ増えたのか、おぞましいカラクリが仕組まれた「日本型フェイクニュース」の闇 | BUZZAP!(バザップ!)

保守はリベラルの30倍以上ツイッターでデマを拡散していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【フェイク注意】民主党時代にも「文書書き換え」の前例!?→自民党時代の2007年に発生した事件でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加