豚コレラの流行、とっくに民主党政権での口蹄疫を超えていました

このエントリーをはてなブックマークに追加



現在、岐阜県・愛知県・長野県・滋賀県・大阪府で発生が認められている豚コレラ。

治療法がなく、強い伝染力と高い致死率を誇ることから「家畜伝染病」に指定されていますが、同じ家畜伝染病が発生した過去のケースと比べても終息に時間がかかっていることが明らかになりました。詳細は以下から。

まずチェックしてもらいたいのが、岐阜県で豚コレラの発生が確認された時期。農水省は2018年9月9日に、最初の患畜が確認された旨を発表しています。

岐阜県における豚コレラの患畜の確認及び「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」の開催について:農林水産省


残念ながら167日が経過した今日もなお、終息宣言が出せる状況にはありません。


ちなみに民主党政権下での2010年に宮崎県で発生した同じ家畜伝染病の「口蹄疫」の場合、4月20日に発生が確認され、宮崎県知事が終息宣言を出したのは8月27日。129日で事態の収束をみています。


わかりやすく並べてみるとこんな感じ。

口蹄疫:129日
豚コレラ:167日(現在進行中)


豚コレラに感染したイノシシ発見エリア(2月19日時点)一覧。愛知~岐阜の広範な地域で発見されており、完全に封じ込めに失敗しているのが分かります。


当時から保守論壇を中心に、厳しく処断されていた民主党政権の口蹄疫への対応。

「 口蹄疫拡大は民主党政治の不策 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト


「悪夢のような民主党政権」を示す一例として直近でも話題を集めていましたが、すでに豚コレラの流行は口蹄疫を上回っているのが現状。つまり「悪夢のような自民党政権」の一例として語られてもおかしくないわけです。

民主党議員が「悪夢のような民主党政権?」との仰せなので、当時に起きた口蹄疫を簡単に振り返ってみた。 - Togetter


豚肉を輸出できる「豚コレラ清浄国」のお墨付きを捨てたくないがために、感染拡大を抑えるためのワクチン接種に踏み切れずにいると報じられている政府。

「日本から豚がいなくなる」も…なぜワクチン打たず? 豚コレラ拡大の悲痛の中で苦悩する政府 - FNN.jpプライムオンライン


すでに患畜が発生しており、感染が拡大している状況を鑑みれば、そのような態度でいることにどれだけの意味があるのか疑問ですが、いつまで民主党政権をあげつらいながら無策でいるつもりなのでしょうか。

・関連記事
議員不祥事「自民は党名抜き、立憲民主なら党名あり」、Yahoo!ニュース見出しの怪 | BUZZAP!(バザップ!)

痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……大手まとめサイトが森友学園問題を軒並みスルーで民進党全力叩きの怪 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……公文書改ざんで再燃の森友問題、大手まとめブログは全力で朝日新聞と野党を叩いていました | BUZZAP!(バザップ!)

蓮舫議員「児童虐待は犯罪で警察と密な連携が必要」と初当選直後から政府に訴えていた | BUZZAP!(バザップ!)

大手まとめサイトの「森友学園問題スルー&民進党全力叩き」に異変、痛いニュース・JIN完全沈黙、ハム速・はちま発狂 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング