維新の「大阪ダブル選」支持が3割を割り込む、「都構想」自体の支持も1/3弱に

このエントリーをはてなブックマークに追加



大バクチに打って出た維新の会ですが、大阪人の反応は鈍いものとなっています。詳細は以下から。

維新の会の松井府知事と吉村洋文大阪市長が共に辞職し、それぞれ大阪市長と府知事にクロス出馬するという奇策で臨む「大阪ダブル選」。大阪都構想の信を問うとして行われることになっていますが、当の大阪人の反応は冷ややかです。

産経新聞社とFNNが3月16日と17日に行った世論調査によると、この「大阪ダブル選」については「支持しない」が48.3%と半数近くに上り、「支持する」の27.0%を20ポイント以上も上回りました。

また、このダブル選で維新が争点に据える「大阪都構想」についても、「支持する」が31.8%だったのに対し、「支持しない」は39.9%となっています。前回の住民投票の結果が得票率で0.8%差だったことを考えると、反応が大きく冷え込んでいることが分かります。

大阪都構想はもともと2015年に橋下徹前大阪市長が「大阪府、大阪市、一つにまとめるラストチャンス。前に進めましょう」と推進しながらも住民投票で敗北、「受け入れられなかったことで、やっぱり間違っていたということになるんでしょうね」として大阪都構想をもう持ち出さないことも明言していました。


ですが同年9月には「『ラスト』とは、都構想以外では二重行政はなくならない、唯一という意味だ」「全部否定されたわけではない。『ラストチャンスと言ったんだから二度とやるな』と言うのは政治を知らない人の意見。ダブル選で有権者の意思が出ればバージョンアップをやるべきだ」などと発言。

その後松井府知事も都構想を諦めない発言を繰り返しており、今回の「大阪ダブル選」へと繋がっています。もはや賞味期限切れなのか、それともしつこ過ぎて嫌われたのか、果たして挽回する手立てはあるのでしょうか?

大阪のことを不思議に思っている人たちへ~箕面市長からみた「橋下徹」と「維新の会」の実像
倉田哲郎(大阪府箕面市長)
リベルタス・クレオ
売り上げランキング: 510,984

大阪市解体それでいいのですか?―大阪都構想 批判と対案―

自治体研究社
売り上げランキング: 1,265,270

・関連記事
【2年ぶり2度目】「自業自得の透析患者は殺せ」の長谷川豊を日本維新の会が今度は参院選の全国比例区で擁立へ | BUZZAP!(バザップ!)

大阪市で2018年になぜか「大阪都構想」と「総合区」の二択で再び住民投票、松井府知事が言及 | BUZZAP!(バザップ!)

橋下大阪市長の「大阪都構想再挑戦」への釈明、「ラストチャンス」の解釈が斜め上過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

「大阪都構想」への賛成投票を促す橋下市長の「肉声録音テープ」での無差別電話攻撃が大阪市民から大ブーイング | BUZZAP!(バザップ!)

維新・下地議員の「辺野古埋め立て反対は43万人、反対以外は71万人」という印象操作はいかに無理筋か | BUZZAP!(バザップ!)

働き方改革さらに改悪へ、維新が中小企業(全企業の99.7%)の残業時間上限規制を骨抜きにする「配慮」を求める | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加