コウノトリが電柱の上に営巣→地元民の要望で北陸電力が驚きの対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



優しい世界です。詳細は以下から。

北陸電力公式ツイッターによると、同社の電柱上にコウノトリが営巣したそうです。

停電のおそれがあるため、撤去されることもある電柱上の巣。地元民の要望を受け、北陸電力は停電およびコウノトリ感電を防ぐために配電系統の変更工事を実施したとのこと。

また、「ヒナの誕生を期待し、今後も見守り対応を継続します」とコメントしています。


ちなみに野生のコウノトリは一度日本で絶滅。人工繁殖を経て野外生息数が100羽ほどに回復したものの、今なお環境省のレッドリストに入っている絶滅危惧種です。

・関連記事
【かわいい】アメリカワシミミズクが車と衝突、エンジンルームに閉じこめられるも無事救出 | BUZZAP!(バザップ!)

思わず息を呑む美しさ、闇夜に星々が輝く「宇宙の瞳」を持つフクロウが保護される | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも華麗なバタフライで湖を「泳ぐ」フクロウが激写される | BUZZAP!(バザップ!)

巨大なのに愛らしいユーラシアワシミミズクに癒される、神戸初のフクロウカフェ「ビビ アンド ジョージ」に行ってみた【後編】 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加