景気動向指数が「悪化」に引き下げ、2013年1月以来6年2ヶ月ぶり

このエントリーをはてなブックマークに追加



アベノミクス始動から6年3ヶ月、景気が後退局面に差し掛かっていることが明らかになりました。詳細は以下から。

内閣府が5月13日、2019年3月の景気動向指数の速報値を発表しました。

これによると景気の現状を示す一致指数は99.6と前月より0.9ポイント下降。これによって基調判断が下方修正され、第二次安倍政権が発足し、アベノミクスがスタートした直後の2013年1月以来、6年2カ月ぶりに「悪化」となりました。

政府はこれまで「景気は緩やかに回復している」との公式見解を続けてきましたが、客観的な指標である景気動向指数が「景気が後退局面にある可能性が高い」ことを示している状況です。

5月下旬にまとめられる月例経済報告で、この「緩やかな回復」の見方を修正するかどうかが焦点となります。消費増税延期への布石との見方も出てきそうですが、どうなるのでしょうか。

・関連記事
増税延期どころか「消費税5%に減税」案が浮上、与野党ともに掲げる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

アベノミクス失敗確定へ、ついに根本厚労相が2018年の実質賃金マイナスを認めてしまう | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】新党「れいわ新撰組」を山本太郎議員が立ち上げ | BUZZAP!(バザップ!)

「消費増税の軽減税率は高所得者ほどお得!」総務省が認める | BUZZAP!(バザップ!)

2800億円を投入する消費増税ポイント還元制度に致命的な脆弱性、責任のたらい回し始まる | BUZZAP!(バザップ!)

「消費税は全額社会保障に使う」と前回選挙で公約した安倍首相、なぜか「10%引き上げの増収分を国の借金返済から社会保障の充実に振り向ける」事を訴える | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に関連した楽天商品ランキング