痴漢撲滅のためのプロダクトをシヤチハタが開発へ、ネット上で大きな支援と賛同の声が広がる

このエントリーをはてなブックマークに追加



あのシヤチハタが本気を出すことを公式ツイッターアカウントで宣言しています。詳細は以下から。

シャチハタ印というハンコで日本では知らない人のいない代表的なハンコ会社、シヤチハタ株式会社の公式アカウントが痴漢撲滅のための対策グッズを開発することをツイートしています。

現在ツイッター上などでは、痴漢への対抗策として痴漢行為をしている相手を安全ピンで刺すという対策が話題となっています。

痴漢という常習性が高く極めて卑劣な犯罪に対するささやかな抵抗ですが、女性らからは多くの賛同を得ている反面、「冤罪だったらどうする!」「傷害罪に当たる可能性がある!」など、この行為を封じ込めようとする意見も相次いでいました。

そこでツイッター上で行われた提案が「痴漢の手に証拠として『シャチハタ印』を押せば良いのではないか」というもの。確かにハンコであれば針を刺すという行為と違い、相手を傷つけることはありません。

こうした提案にシヤチハタ株式会社の公式ツイッターアカウントが5月22日に以下のようにツイート。


このツイートは既に3600回以上リツイートされ、いいね!も5400件を超えています。「証拠としてしっかり残るインクの使用」「常に付けていられる指輪型」などの具体的な要望もリプライで届けられています。

この反響を受けてシヤチハタ株式会社は5月27日、この大反響に触れて以下のようにツイート。


「最初にご提案できるのは従来のネーム印とほぼ変わりません。そして今後段階的に形にできればと考えております」とのことで、具体的な商品化に向けて動き出していることを公表しています。

こちらのツイートも半日余りで1500件のリツイートと1700件のいいね!がついており、期待度が非常に高くなっています。

当然ながらこのハンコを押されただけで痴漢だと確定できるわけではなく、明確な目撃者がいなければ微物検査やDNA検査による照合が必要となることは言うまでもありません。

しかしこれらのツイートに対しても「冤罪が心配だ」「虐めや犯罪の捏造に使われる」といった危惧を示すアカウントがありますが、それは「殺人に使われるから包丁を売るな」と同じレベルの難癖でしかありません。

私たち国民全員が考えるべき事は、シヤチハタ株式会社のツイッターの述べる「目指すべきはこの社会問題が根絶され、“護身用グッズが必要ない世の中”になる事」でしょう。そのためにはまず痴漢が犯行に及べない状況を作り上げることが第一です。

シヤチハタのみならず、満員電車への私服警官の乗り込みとアナウンス、監視カメラの全車両設置など、警察や鉄道会社などが行うべき対策もまだまだいくらでもあります。

痴漢撲滅は痴漢本人を除く全ての日本人の願いです。企業各社の得意分野を持ち寄り、官民協力した上での速やかな根絶が求められます。

SABRE 小型催涙スプレー キーリング付き
SEC
売り上げランキング: 4,168

・関連記事
ノコギリのような刃を持つ、独り歩きの女性のための護身用指輪「Go Guarded」 | BUZZAP!(バザップ!)

本人の意志でしか絶対脱げない、対レイプ用の最強女性用下着 | BUZZAP!(バザップ!)

デートレイプドラッグを検出すると色の変わるストローを3人の女子学生が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】強制わいせつ罪の成立に「性欲を満たす意図」は不要、最高裁が全員一致で47年ぶりに判例を変更 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪府警警官ら5人による「目隠しして手を縛っての集団強姦事件」の不起訴処分を不当として被害女性が検審申し立て | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加