部落差別発言の長谷川豊が参院比例出馬を辞退、「差別発言は反維新によるデマ」「謝罪文は場を収めるため維新・馬場幹事長が作成」などと説明

このエントリーをはてなブックマークに追加



部落差別発言を行った長谷川豊が参院比例代表への出馬を辞退しました。しかしこの問題に関する「説明」が二転三転し、極めて奇妙なことになっています。詳細は以下から。

◆長谷川豊が参院比例出馬を辞退
日本維新の会が6月10日、7月の参院選比例代表に擁立予定だった元フジテレビアナウンサーの長谷川豊が出馬を辞退した事を発表しました。

長谷川豊は自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」(現在は改題)と題したブログで一躍有名になった人物。

それ以降も8割がたの女ってのは、私はほとんど「ハエ」と変わらんと思っていますという発言や死刑に関して出来ればネットで生中継した方がいいとすら考えています。小学校時代からその死刑執行シーンはみんなに見せた方がいいと発言。

さらにはつまり60歳以上って、選挙権はく奪でいいんじゃないか?(中略)80過ぎたジイさんとバアさんが、落ち着いた、冷静な、的確な未来に向けての判断なんて出来ますかね?んな判断力、あるでしょうか?といった発言などが次々と炎上していました。

今年の5月になって長谷川豊は女が完全にとち狂って本能に支配され切って完全にクルクルパーにならないと子供産もうなんて思わない発言が大きく炎上、加えて決定打となるエタ・ヒニンは十何人で暴行する犯罪のプロというド直球の部落差別発言が大きな問題となり、これを受けて維新の会が公認取り消しに動いていた中での辞退となります。

◆二転三転する部落差別発言に対する「言い訳」
この発言は2019年5月15日にYouTubeにアップされた講演会の動画からのもの。「女は3歩下がって歩け!」という言葉の「真意」を説明する下りで部落差別発言を行っています。

先日BUZZAP!でこの問題を取り上げた際の、発言前後の文脈も併せた書き起こしを再掲します。動画は既に削除されましたが、この発言の部分において一切編集が行われていないことは明確に保証します。

日本には江戸時代にあまり良くない歴史がありました。士農工商の下にエタ・ヒニン、人間以下の存在がいると。でも人間以下と設定された人たちも性欲などがあります。当然、乱暴などもはたらきます。一族、夜盗郎党となって十何人で取り囲んで暴行しようとした時に、侍は大切な妻と子供を守るだけのためにどうしたのか。

侍はもう刀を抜くしかなかった。でも刀を抜いた時に。どうせ死ぬんです。相手はプロなんだから、犯罪の。もうブン回すしかないんですよ。ブンブンブンブン刀ブン回して時間稼ぎするしかないんです。どうせ死ぬんだから。

「もう自分はどうせ死んだとしても1秒でも長く時間を稼ぐから、大切な君だけはどうか生き残ってほしい。僕の命は君のものだから、僕の大切な君はかすり傷ひとつ付けない」といって振り回した時に一切のかすり傷がつかないのが二尺六寸の刀が届かない三尺です。「女は三尺下がって歩け」、愛の言葉です。

長谷川豊はツイッターで炎上した上記動画の短縮版を貼ったツイッターアカウントに対して5月20日時点で以下のように「警告」しています。


魚拓

ここでは自らの発言について「かつてこのような暗い歴史があったという史実を述べる事」と断言しており、これに言及することを「貴殿には差別発言ですか」と相手を詰問までしています。

つまり、この時点では完全に自分の発言内容を「史実」であると理解し、その上で差別発言ではないと認識していたことになります。当然ながら全国的に大きな批判の嵐が吹き荒れ、長谷川豊は5月22日に全面的に謝罪。

長谷川豊が上記動画で話した内容について、謝罪し撤回する旨を自らの公式コラム「本気論 本音論」のポスト現在、一部ネットで拡散されている動画について全面的に謝罪致します」(魚拓にて明らかにしました。


魚拓

長谷川豊は自らの動画での発言について、コラムの書き出しで以下のように弁解。

今、自分で読んでも訳が分かりません。まず身分制度の話と暴漢に襲われる話が全くリンクしていません。皆さんが読んでも意味が分からないと思いますが、僕が今読んでも意味が分かりません。ただ、とんでもない差別発言であることは、まぎれもない事実であることに気づきました。

現在、一部ネットで拡散されている動画について全面的に謝罪致します _ 長谷川豊 公式コラム 『本気論 本音論』より引用)

長谷川豊はつい前日まで自ら「暗い歴史があったという史実」について述べていると明言しながら、次の日には突然「僕が今読んでも意味が分かりません」と主張を急旋回させてしまったのです。

◆最新コラムで主張はさらに斜め上に
そして、その認識は出馬辞退を受けて6月10日に投稿された公式コラム記事全ての皆様に心からの感謝を」(魚拓においてさらに大きく変わります。


魚拓

そこで長谷川豊は

なんだか主語も述語もおかしなことになっていて、とてもじゃないですが、アナウンサーの喋りじゃあない。

切り取られて編集されている。

すぐに分かりました。

(「全ての皆様に心からの感謝を」(魚拓)より引用)

と主張。長谷川豊はコラムの中でさらに「相当にしっかりと攻撃態勢が組まれていると理解するしかなかった」「でも甘かった。相手だって必死なんだから」「これが反維新。デマでも編集でも何でもやってきます」「アンチも必死でしたしね」と、自分の発言が反維新のアンチによって「編集」されたデマだと繰り返します。

これでは、あの部落差別発言を「私自身の『潜在意識にある予断と偏見』『人権意識の欠如』『差別問題解決へ向けた自覚の欠如』に起因する、とんでもない発言」とした全面的謝罪と完全撤回とは何だったのか、という話になってしまいます。

そんな心配に応えるように、実は長谷川豊は全面謝罪と今回のコラムでの発言についても種明かしをしています。それが以下の部分。

すぐに馬場さんや馬場事務所と相談し、全面謝罪する文章をアップしました。
その上で、とにかく黙る。
全面的に黙る。すべてのSNSをストップ。そうすれば、きっと2・3日で収まるでしょう。

馬場さんの作って下さった謝罪文は完璧でした。事実、何とか2・3日である程度の場を収めることが出来ました。

(「全ての皆様に心からの感謝を」(魚拓)より引用)

つまり、自分の意志でも自分の言葉でもなく、維新の馬場幹事長の事務所が「場を収める」ために作った作文だったということになります。

いずれにせよ、公式コラムの記載によると長谷川豊の政治家への挑戦は今回で最後となり、今後出馬をすることはないと断言しています。

大阪のことを不思議に思っている人たちへ~箕面市長からみた「橋下徹」と「維新の会」の実像
倉田哲郎(大阪府箕面市長)
リベルタス・クレオ
売り上げランキング: 475,482

・関連記事
「エタ・ヒニンは十何人で暴行する犯罪のプロ」維新の長谷川豊参院選候補の発言が再び話題に→謝罪し撤回 | BUZZAP!(バザップ!)

「女が完全にとち狂って本能に支配され切って完全にクルクルパーにならないと子供産もうなんて思わない」維新の長谷川豊参院選候補の発言が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

長谷川豊「丸山議員の戦争発言はテレ朝がこっそり録音して切り取って晒した」→デマ確定も謝罪せず | BUZZAP!(バザップ!)

【2年ぶり2度目】「自業自得の透析患者は殺せ」の長谷川豊を日本維新の会が今度は参院選の全国比例区で擁立へ | BUZZAP!(バザップ!)

「自業自得の透析患者は殺せ」の長谷川豊を日本維新の会が次期衆院選で擁立へ、ブログでは南京大虐殺否定論も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に関連した楽天商品ランキング