講談社「Vivi」と自民党のコラボ企画、理由や意図を講談社に問い合わせてみた→「政治的な背景や意図はまったくない」

このエントリーをはてなブックマークに追加



ネット上では批判的な反応の多い講談社「Vivi」と自民党とのコラボ企画。いったいどのような意図や理由があったのか、講談社に問い合わせてみました。詳細は以下から。

1ヶ月後に参議院選挙という大きな国政選挙を控えた段階で行われた、講談社の女性ファッション誌「Vivi」と自民党のキャンペーン #自民党2019 のコラボ企画。

その内容は「みんなはどんな世の中にしたい?」という問いへの自分の想いを #自民党2019 と #メッセージTシャツプレゼント の2つのハッシュタグ2つをつけてツイートすると、当選者にメッセージTシャツが送られるというもの。

ネット上ではファッション誌が特定政党とコラボレーションすることに対して拒否感が強く、企画についての公式ツイートには多くの批判的なリプライが寄せられていました。

雑誌のイメージにも大きく影響する可能性もあるこの企画、いったいどのような理由や意図があったのか、講談社の広報室に問い合わせてみました。

BUZZAP!編集部:
ファッション誌のViviが特定政党を応援することは雑誌として妥当だと考えているのか。

講談社広報室:
特に問題はないと考えている。政治的な背景はない。

BUZZAP!編集部:
これは講談社として自民党を応援するという姿勢なのか、それとも単なる広告案件のひとつなのか。

講談社広報室:
あくまで広告のひとつでしかない。会社や雑誌として自民党を応援するというわけではない。

BUZZAP!編集部:
2014年には当時の松島みどり法相が 「うちわ」を配布した問題で法相を辞任しているが、ロゴ入りメッセージTシャツのプレゼントは公職選挙法的に問題ないと考えているか。

講談社広報室:
法的にクリアな状況である事を確認した上でキャンペーンを行っている。

ということで、講談社や「Vivi」として自民党を応援しているわけではなく、広告のひとつとして企画されたとのこと。また、Tシャツの配布については法的にクリアなものであると確認済みとの回答でした。

これに併せ、講談社広報室からは以下のコメントが送付されました。

このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若い女性が現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したいと考えました。政治的な背景や意図はまったくございません。読者の皆様から寄せられておりますご意見は、今後の編集活動に生かしてまいりたいと思います。             
講談社 広報室

広告のターゲットとしているのは「ViViの読者世代のような若い女性」で、目的としては「現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したい」としています。

自民党という政権与党による広告企画という形態をとっているものの、こちらでも「政治的な背景や意図はまったくございません」と明言しています。

政党とのタイアップ記事やコラボ企画、CMなどが当たり前のものになっていけば、資本をより多く投入できるところがより上質な広告を広く露出させ、結果的に「総取り」する社会になることは十分に考えられます。

その行き着く先ではどんな人がどんな理由で選ばれ、どんな会社が利益を得ることになるのか、今のうちに考えてみてもよいのではないでしょうか。

VIVIENNE WESTWOOD ヴィヴィアン・ウエストウッド自伝
ヴィヴィアン・ウエストウッド イアン・ケリー
DU BOOKS
売り上げランキング: 284,394

・関連記事
自民党「女性誌『ViVi』とタイアップして若年層取り込みや!」→結果 | BUZZAP!(バザップ!)

優勝賞品は「安倍総裁からのビデオレター」、参院選を前に自民党がニュースアプリ「グノシー」とコラボクイズ企画を実施 | BUZZAP!(バザップ!)

女性向けファッション誌ViViの提唱する「プロ彼女」が単なる「都合のいい女」でしかないと大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

今度は「LGBTばかりになったら国は潰れる」、杉田水脈の「生産性」から何も学ばなかった自民党の平沢勝栄が大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

震災時すらボイコット、審議拒否をあげつらう自民党の野党時代が酷すぎてブーメランの域を越える | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加