auの通信品質さらに向上へ、AIでネットワークを最適化するトラフィック対策



auが通信品質を向上させるため、AIを導入します。詳細は以下から。

KDDIおよびエリクソン・ジャパンのプレスリリースによると、両社はAIを活用したネットワーク最適化の手法を開発し、全国のau基地局の運用に導入するそうです。

これはエリア環境や利用形態により常に変動する通信品質を維持・向上するために、基地局のトラフィック(通信量)データの収集・分析を行い、周波数が効率的に活用できているかの確認、調整が不可欠であることを受けたもの。

新たに導入されるネットワーク最適化の手法では、各基地局から収集したデータを元にAIが自律的に最適なパラメーターを提案。

今まで膨大な時間と工数がかかっていたネットワーク全体のデータ収集・分析や各種パラメーターの策定が大幅に短縮される上、基地局ごとの個別調整も容易になるため、通信品質の向上を図ることができるとしています。

今回導入されるネットワーク最適化。つながりやすいプラチナバンド(800MHz帯)に通信が集中しないよう、他の周波数帯を上手く利用できるようになります。


動画配信サービスの普及などに伴い、人口が集中する都市部などの混雑対策がよりシビアになる昨今。

人口密集地では「基地局を増設しようにも用地が足りない」という問題もあるだけに、周波数の積極的な有効活用は非常に意味のあるアプローチです。

・関連記事
UQがWiMAX 2+に5G要素技術「Massive MIMO」導入済み、混雑時でも快適通信可能で大型スタジアム整備も | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局に全国20万基の信号機を開放へ、弱点の「カバーエリアの狭さ」克服なるか | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが他社と共同で5G整備を検討中、設備コスト引き下げで競争力を維持へ | BUZZAP!(バザップ!)

auの人気イベント「おもいでケータイ再起動」3年ぶりに新宿で開催、他社携帯も対象で出張企画も | BUZZAP!(バザップ!)

auが「おもしろいほうの未来へ。」、KDDIは発足以来初めて「Tomorrow, Together」へとブランドスローガン刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

使い放題の「auデータMAXプラン」などau新プランすべてでテザリング無料化、ソフトバンクのみ有料に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング